韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ11話+12話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 11話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 12話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく11話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ11話

ソンイルの顔を見るなり「ここに何しに来やがった!」とパンスは声を荒げる。

「この人が助けてくれた」とドルモクに言われても、過去の記憶と苛立ちは簡単に収まらず、「俺の家庭はバラバラになったんだぞ!」と怒りをぶちまける。

金庫を開けてくれと父に頼むが、それは絶対にダメだと断られるドルモク。

一方、ドルモクが復学しまたフェンシングができるようになるまで家には帰らないと父に宣言するソジュ。

「罪滅ぼしがしたくてここに来た」とソジュはパンスに謝罪し、「私の事が憎いですよね?」と尋ねる。

「憎いわけないじゃないか。こんなに優しい子を。」

昔の事件にソジュは無関係だとパンスは理解を示し、「家に帰りたくないならここにいなさい」と居候を許可する。

スポンサーリンク

その頃、ピザ屋のバイトに行ったドルモクは、配達先のバレエ教室でひときわ美しいファヨンを発見。

お会計をそっちのけで、レッスン中のファヨンに目を奪われる。

た坊助2

この時点では彼女がファヨンだと気づいていないようです。

帰宅したドルモクは、ソジュの髪をほどいて顔をまじまじと見つめる。

「いやぁ、やっぱり違うな。」

ファヨンとソジュを比べてため息をつくドルモク。笑

ソジュはドルモクに顔を近づけられ恥ずかしくて暑くなる。

た坊助2

ソジュも可愛いと思うんだけどな。
あえて言うなら、ファヨンは確かにおしとやかでお嬢様系。
ソジュは活発でちょっとイモくさい?笑
けど、それがソジュの魅力だと思うんだけど。
た坊助はソジュが好き(^^♪

「これを最後に二度とこんな真似するなよ。」

息子にクギを刺したパンスは、先日ドルモクが校長宅から盗んできた金庫を解錠する。

大金が入っているのかと期待して開けてみるが、中に入っていたのは封筒と紙きれのみ。

しかし、それをよく見て見ると、違法な物件売買契約書と、試合に勝たせたら謝礼をもらうという念書。

校長を手玉に取るには十分すぎる材料が整い、これをだしにつかってドルモクは復学ともう一度フェンシングができるようになる。

一方、もう一度娘の信頼を取り戻したいと語るソンイル。

「俺も刑事のはしくれだ。」

過去を謝罪し、あの時何があったのか話して欲しいとパンスにお願いする。

た坊助2

と言われても、パンスだって簡単にあんたの事信用できないよ。

ドルモクの家に居候しながら、ここから学校へ通うことにしたソジュ。

制服と着替えを取りに行きたいが、ミエに会いたくないから帰りたくない。

ファヨンにお願いして着替えを持ってきてもらったソジュ。

ドルモクとコンビニで仲良くしているところをファヨンが目撃し、”自分にないものを持っている”とファヨンは嫉妬に駆られる。

た坊助困

あぁ、ファヨン、嫌な奴だった。
ソジュの前では親友のふりしておいて、人気者で友達も多く、愛情も注目も浴びているソジュが気に入らないみたい。
ソジュの事を傷つけるために、わざと金集め事件の事を話したみたいです。

一方、首席で卒業するほどの実力を持ちながら、チョヌ会を断った事で妨害を受け、試験で落第点を付けられてしまったジュニ。

「後ろ盾がないのに歯向かうからだ」と先輩はジュニを見下し罵る。

「俺は後ろ盾がなくても1人でのし上がってやる。お前らと違って飼い犬なんかにならない。」

啖呵を切ったジュニだったが、このままでは最下位で卒業と言う事になってしまう。

ジュニは考えた結果「困ったことがあったら言いなさい」と言われていたジュンテの元に助けを求める。

た坊助2

ジュンテを信頼しすぎない方がいいぞ・・・。
たしかに、ジュンテはジュニの事を昔の自分と重ねて見ているようなので、下手なことはしないでしょうが。。。
信用しきれない!

久々に登校したソジュは、明るく元気に教室に入っていき、そんな彼女を友人たちが明るく出迎える。

た坊助2

あぁー、ファヨンが嫉妬してらぁ。苦笑

バレエ教室からのピザの注文が入り、ソジュとの約束をほっぽり出すドルモク。

ピザも持たず手ぶらでバレエ教室までやってきたドルモクは、「この前、目が合った時にときめいちゃったんだ。君もでしょ?」とファヨンに声をかけ、バイクでデートに行く。

その頃、誕生日を祝ってもらう約束だったソジュは、ドルモクに約束をほっぽり出され、パンスと二人っきりで祝う羽目に。笑

た坊助2

チーン。笑
なんかこの雰囲気、気まずい。笑

「本当にいいのか?息子の事が好きなんじゃないの?」

パンスに言われたソジュは、「ま、まさかそんなわけないじゃないですかぁ~」と否定するがバレバレ。笑

罪滅ぼしを兼ねてもう一度刑事の本分を全うしようと動き出したソンイル。

ジュンテの元にやってきた彼は、「8年前の約束はまだ有効か?」と尋ねる。

た坊助2

ホン会長をいずれ逮捕するが、まだ時期尚早だと言っていた件について確認し、まだ味方なのか判断したかったようです。

ドルモクとデート中のファヨンは、ソジュに電話をかけて嫌がらせ。

「ソウルにいるなら祝ってあげるわ。忘れられない誕生日にしてあげる」とソジュを呼び出し、彼女の目の前でわざとドルモクの注意を引き、いい感じの雰囲気を見せつける。

ファヨンに対してドルモクが好意を持っているのは目に見えて明らかで、目の当たりにしたソジュは声をかけることができず雨の中引き返していく。

ソジュがうなだれる様に引き返していったのを確認したファヨンは、自分の欲望を満たして大満足。

ドルモクに対して手のひらを返したように冷たく接し、「バイクなんかより車が楽なの。」と迎えをよこさせ帰っていく。

帰り際、やっと彼女があのファヨンだと気づいたドルモクは、「せっかくだから連絡先でも教えてくれよ」と食い下がるが、それを無視するようにファヨンは帰ってしまう。

11話の感想

た坊助た坊助

あー、ファヨンが嫌な奴だった。笑
ソジュが可哀想だな・・・。
そしてドルモクも女性を見る目がない!笑
こんな奴に騙されるな!

恋する泥棒 あらすじ12話

夜になってやっと家に帰ってきたドルモク。

帰ってきた時には既にソジュはおらず、「渡しておいてくれませんか」とソンイルに誕生日プレゼントと、「保管しておいてください。あと、できれば捕まえてください。」とユノの資料と違法不動産売買の資料を預ける。

娘を迎えに来て入れ違いになったソンイルは、ドルモクからのプレゼントと資料を預かり帰路につく。

その途中、怪しげな男につけられている気配を感じとる。

道端の陰に隠れて「どりゃ!」と男をどつくと、顔を見て見ればチェ・イムン。

た坊助2

最初のころから何回も出てきてるやつ。
取り調べの時に、ソジュと同じくらいの子供がいるって言ってたやつです。

本当につけてきていたのはチェ室長で、二人の様子を電柱に隠れながら遠巻きに見ていた。

スポンサーリンク

一方、ユノは大勢の男たちを連れてドルモクの元にやってきた。

資料を奪い返そうと刃物を突き付けて脅すが、偶然通りかかったおばちゃんに蹴散らされてしまう。笑

た坊助2

このおばちゃん、ソンイルの所に「ペクサン将軍の子孫を探して欲しい」って来ていた老婆の付き添いの人。
前も格闘シーンあったんですが、やたらと強い。笑
絶対何かの達人(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

パンスの事を探りに来たおばちゃんは、「キム・ヤンジンと言う人を知ってるか?」と尋ね、「知らない」と否定しつつも泳ぐ彼の目を見逃さなかった。

「縁があったらまた会うでしょう」と言い残して、連絡先も教えずにおばちゃんは帰っていく。

た坊助2

ヤンジンはチャンギの父です。
またペクサン将軍の件で嗅ぎまわっているのだとパンスは警戒し、知らないふりをしましたが、目が泳いでしまい、何かしらの情報を知っていると思われてしまいました。
それにしても、このおばちゃんたちは悪い人ではないと思うのですが。。

資料が奪われてからでは困ると「早めに告発できませんか?」とソンイルに電話をかけるドルモク。

「俺一人の力ではどうしようもない。協力者がいるからもう少し待ってくれ。」

ソンイルの言葉を信じてドルモクは悪が裁かれるのを待つ。

チュンチョンで父と暮らすことにしたソジュは、荷物をまとめにファヨン宅へやってきた。

いい顔するファヨンとシネは、「残念だわ。ずっとうちにいればいいのに」と偽善者ぶる。

ファヨンの住所を調べて家の前までやってきたドルモクは、「外で待ってるとファヨンに伝えてくれ」とソジュに頼むが、全くデリカシーがないったらありゃしない。

ソジュは素直に「ドルモクが外で待ってるわよ」とファヨンに伝えるが、「待たせておけばいいのよ。勝手に来たほうが悪いわ。」とお高くとまり、ファヨンは家から出ようとしない。

ソジュが荷物をまとめて家を出ると、ドルモクはまたまたデリカシーがなく、「どうしてお前ひとりなんだ?ちゃんと伝えてくれたのか?だったら連絡先を教えてくれ!」とソジュに迫る。

乙女心を傷つけられたソジュは、ドルモクを一本背負いして走り去る。

た坊助2

ソジュかわいそうに。
まったく、ドルモクったらデリカシーがないわ。
ソジュの気持ちに気づいてないからしょうがないかもしれませんが。。。

相当長らくドルモクを待たせ、夜になってやっと外に出てきたファヨン。

「えっ、ソジュから何にも聞いてないよ?もしかしてずっと待ってたの?」

平気な顔をしてドルモクに嘘をつくファヨン。

家庭教師としてやってきたジュニが玄関で鉢合わせ、ドルモクの気を引くようにわざとジュニの腕にピッタリくっつき嫉妬させるファヨン。

一方、娘と夕食を一緒に食べる約束をしていたソンイルは、仕事を終えてウキウキ気分で自宅に向かって運転中。

娘が料理を作ってくれているはずが、「えーっとね・・・とんかつ買ってきて?」と頼まれ、「作ってくれてるんじゃなかったの?笑」とボヤキながら、なじみの店に買いに行く。

スポンサーリンク

ソンイルを尾行していたチェ室長は、隙をついて車の中を調べるが、お目当ての資料が見つからない。

「人の車を漁るなんて、随分とホン会長も焦ってるんだな。」

ソンイルはチェ室長に拳銃を向け「チャンギを殺したのはお前だな?時効まであと一年ある。必ず捕まえてやる。」と宣言するが、降参したふりをして近づいてきたチェ室長に刺し殺されてしまう。

た坊助2

チェ室長は、違法な不動産売買契約書とフェンシングの試合に関する念書を探していたみたいです。
ソンイルは過去の話を持ち出して、あの日チャンギを殺したのはお前だな?と問い詰めていますが、この様子だと自殺ではなくチェ室長が殺したようですね。

「お父さん・・・?冗談よしてよ!寝たふりでしょ?」

父の遺体を前にソジュは泣き崩れる。

その頃、テレビではフェンシングの無効試合について、チョンムングループが関わっていると大々的に報道される。

学校では、ジョンボムお手製のビラを生徒たちに配りまくり、それを見た生徒たちは教室から続々と出てくる。

12話の感想

た坊助2

違法な不動産売買とフェンシングの不正についてニュースになっていましたが、これは誰が流したんでしょう?
ソンイルが殺される前にリークしていた?
自分の身に何かあったらこれを見てくれ、的な感じで信頼できる誰かに頼んでいたのか?
何にせよ、ソンイルが殺されてしまったのは残念です。

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←9~10話     13~14話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆