韓国ドラマ・結婚の女神・あらすじ
11~12話

結婚の女神

今回の韓国ドラマはこちら!
結婚の女神
さっそく11~12話をご覧ください!
概要はこちらから
それでは、結婚の女神・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・結婚の女神・あらすじ11話

結婚式を終えジソンたちが帰宅すると、マンションの前に警察が来て、
ウニとジソンは家族の見ている前で連行される。
駐車場の監視カメラから、二人がシンシアの車に細工したとの容疑をかけられるが、
ジソンは言葉巧みに否認、二人は証拠不十分で解放される。

ホテル経営に本腰を入れて取り組むヘジョンは、
まず今までの赤字体制を黙認してきた幹部に責任を問い、
ホテルの家具や調度品は赤字覚悟で最高級品を取り揃える。
カン会長は、ヘジョンの手腕に最高の嫁を得たと喜び、
嫁の文句ばかり言うジョンスを黙らせる。

ジヘにぞっこんのテウクは、やっと彼女を自分の物にでき幸せをかみしめ、
一生よそ見もせずジヘ一筋に生きる事を誓う。

旅行から帰り挨拶に訪れたテウク夫婦、新妻のくせに韓服も着ないで挨拶に来たジヘに
不満たらたらのジョンス。
だがカン会長は長男、次男と違い三男のテウクにだけは厳しく
教育して来たため、彼のあれほど幸せそうな明るい笑顔は見た事がなく、
嫁の教育は少しずつ教えていけばいい、と寛大。

ジョンスは自分の側近を勝手に解雇された腹いせに、
孫たちの家庭教師を辞めさせ、絵画教師にナム先生を雇い入れる。

自宅にいるナムを見つけた女好きテジンは喜び、
妻ヘジョンの見ている前でも彼女の手を握り下心見え見え。

ジソンはめでたく常務に昇進し、
スンスの母の誕生日に彼女の昇進もかねて親族一同集まる事になった。
シンシア宅に入り浸るスンスは、絶対浮気などしていないと言い張り、
シンシアが用意していたケーキとワインを母の誕生日に持参する。
シンシアのケーキは母の為ではなく、スンスとの出会い1周年記念日を祝う物で、
彼女のメッセージに浮気がバレ誕生日会は大荒れ。
スンスの母は、夫が浮気をするのは嫁の責任だとウニを責め、
彼女をかばうジソンの事も、生意気な嫁と言いがかりをつける。

ジヘが結婚して以来ヒョヌは酒に溺れ荒れた生活を送り、
気晴らしに後輩の結婚式に参加する。
そこで彼は、ずっと片想いしている後輩ハン・セギョンに抱きつかれる。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・結婚の女神・あらすじ12話

TV曲に忍び込んだウニは皆が帰り消灯になるのをトイレに隠れて待つ。
警備の隙を見て、局の至るところに夫とシンシアのメールやりとりを貼り出す。
しかしウニは警備員に見つかり、とがめられるが、
夫の浮気を辞めさせる為に貼り紙をした事を話し、
彼女に同情した警備員は見逃してくれる。

朝の5時30分、ジヘは兄嫁に電話で起こされ、
「結婚前にもっとちゃんと教えてあげれば良かった。」と嫌みを言われる。
朝食の席では、公然と姑が選挙は金がものを言うと、カン会長と口論を始め、
落ち着かないジヘ。

貼り出されたメール文に、局内はスンスたちの不倫が事実だったと大騒ぎ。
二人は社長に呼び出される。

結婚後ラジオ局に出社したジヘは、財閥に嫁いだシンデレラストーリーを
取材させてほしいと記者に囲まれ、逃れるのに一苦労。
だがインタビューの件は上司からも頼まれる。

ヘジョンはあまり評判の良くなかったレストランの味にもメスを入れ、
お客の要望に答えられるよう細かく指示をだす。
多忙な彼女は昼休みにジヘを呼び出し、ブティックを貸しきって
財閥家の嫁として相応の服装を購入する。
ジヘは自分の大切な約束を無理矢理キャンセルさせ、
義姉の都合で振り回される事に腹が立つ。
服装の次は外車まで与えられ、操作方法のわからないジヘは立ち往生し、
テウクに迎えを頼む。

ヒョヌを諦めきれないセギョンは建築事務所に押し掛け、彼をディナーに誘う。
泥酔した彼女は、ヒョヌに自分の気持ちをぶつける。

ラジオから流れてくるジヘの言葉を耳にし、ヒョヌは彼女を思い胸が痛い。

ナム先生が家庭教師しているとは知らずに、
バスローブのまま子供部屋に入ってきたテジンは慌て、
そこへ帰宅したヘジョンは、夫の浮気を心配し夜遅くまで邸宅にいないように注意するが、
姑に雇われているナム先生は、ヘジョンの思い通りにならない。

ウニのせいで不倫がバレたスンスは、妻のうつ病の診療証明を社長に見せ、
全て妻の妄想だと訴える。
更に怒りのおさまらないスンスは、ウニに離婚届をたたきつける。
子供を思い離婚できないウニは、自分一人家を出る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「結婚の女神」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←9~10話     13~14話→

結婚の女神・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ