韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ23話

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ23話

いとしのクム・サウォル

今回の韓国ドラマはこちら!
いとしのクムサウォル
さっそく23話をご覧ください
いとしのクムサウォル あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ いとしのクムサウォル あらすじ23話

夫になんと言われようが、オ・ヘサンがあのクム・ヘサンだと思い込んだオウォルは、どうして園長先生を閉じ込め、サウォルから父親を奪ったのかとヘサンを責めるが、あくまでも養子じゃないと言い張るヘサンは、夫婦共々クビにしていいのかと脅し、オウォルを黙らせる。

ヘサンから提供された情報でサノ大学との契約額を知ったマヌは、千秘宮事務所より10億も安い額を提示し仕事を横取りする。

採算度外視でぎりぎりの額まで下げていたオ・ミノは10億も安い額では手抜き工事になってしまうと理事長に訴えるが、理事長は大きい会社は安く請け負えるだけのノウハウを持っているとポグムを褒め、ミノとの契約を解除する。

生活費を使い込み、娘の塾代も博打につぎ込んだシロは、それでもセフンに完敗してしまい、最後に残った愛車のバイクまで没収される。

仕事を取られたオ・ミノは、道理の通じないカン・マヌに、いずれ足をすくわれる時がくるぞと警告すると、怒ったマヌは、赤字が出ようがお構いなしに千秘宮事務所の仕事をすべて横取りしようとする。

サノ大学との契約撤回が他の仕事に響き、契約書の流出を噂で聞いたミノは、内容を知っているのは俺とヘサンだけなのにと首をかしげる。
犯行がバレそうになったヘサンは、身内を信用せず私たち社員のことも疑ってほしいと正直者を演じる。

偽マ・ボンニョに課題のお礼を伝えに来たサウォルは、どうしてマ・ボンニョ氏を知っていたのかと根掘り葉掘り質問攻め。
ヘザー・シンと名乗ったドゥゲは美術商を営んでいると教え、運転アルバイトをサウォルに提案する。
建築科への編入にお金が必要なサウォルは、バイト代の3カ月前借りをお願いし、気難しいヘザー・シンとの二人三脚が始まる。

チェヨンの紹介でJTグループ会長夫人に会ったヘザー・シン(ドゥゲ)は、値打ちある作品を見抜き、夫人に投資を勧めると、良識ある会長夫人は、シンを気に入り、業界を荒らすポグム建設には困っているんだと愚痴をこぼす。

17年前、シン・ジサンから奪った樹齢100年以上の松の原木を、密かに隠し持っていたカン・マヌは、悲願である千秘宮復元をお前に任せたいと息子のチャンビンに原木を見せる。

マヌはドゥゲのためにポグム福祉財団を立ち上げ、発足式には記者まで呼び大々的なイベントを開催する。
人目があるところでは、仕方なくキムチ作りを手伝っていたグクチャも、カメラが回っていないところではボランティアをいじめ、最高のシャッターチャンスを手に入れたドゥゲは、財団の資料だと言ってプリントした写真を渡す。

スポンサーリンク

事業所の社長としてオウォル捜しの広告を打ち出すと、金目当ての偽物オウォルが次々現れ、騙されていると分かっていても期待する父にセフンはいらだつ。

ガラクタを集めて古物商へ持ってきたウランは、おじいさんがいないので事務所の中に入り、テーブルに置いてあったペンダントを見つける。

ペンダントに入れてあった写真はオウォル母さんにそっくりで、二人が話しているところに帰ってきたギファンは、大切なペンダントを触られ、怒って子供たちを追い返してしまう。

サウォルのためにずっと祈りをこめて折ってきた折り鶴を、強欲なグォンスンに捨てられかけたオウォルは、箱いっぱいになった折り鶴を慰霊碑に供養する。

折り鶴に目を描くというオウォルの特徴的な折り鶴を見つけたサウォルは、オウォルが生きているに違いないと喜びヘサンに伝えるが、サウォルに知られるのも時間の問題となってきたヘサンは、がれきの下に埋まった人間が助かるはずがないとオウォルの生存を必死で否定する。

新しい生存者オウォルがドゥゲの娘かと疑うグクチャは、親子鑑定をしようとドゥゲの歯ブラシを持ち出し、通行人のふりをしてオウォルから強引に髪の毛を引っこ抜く。
姑の行動に気づいたドゥゲはセフンに電話をかけ、歯ブラシをすり替えてくれるよう頼む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「いとしのクムサウォル」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     24話→

いとしのクムサウォル あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「いとしのクム・サウォル」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
いとしのクム・サウォル DVD公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ