韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ最終回

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ最終回

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく最終回をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ最終回

病院に駆け込んだモランは、採れる限りの血を採ってほしいと頼み、パンや牛乳を飲めばもっと採ってくれるのかと看護士に頼む。

モランのおかげでボンヒは命を取り留め、元気な男の子が生まれる。
立つのもやっとのボンヒは、ふらふらになりながらもボンヒの出産を見守り、手術室の外まで響き渡る赤ん坊の声を聞くと、安心して去っていく。

モランに助けられたと知ったボンヒは、妹の居場所を尋ねるが、彼女との約束を守り、ソングクはボンヒ夫婦にも居場所を秘密にする。

モランの働いているクッパ店にやってきたソングクは、彼女が夜は酒場で働いていると聞き、一体何をやっているのかと心配する。

百日祝いが終わるとボンヒは待ち構えていたように仕事に復帰し、甘え上手の嫁にボクジュも嫌とは言えず、嬉しい孫の子守役。

新商品の出荷に追われたジョンヒョンは徹夜続きで、会社に泊まった夫をボンヒは起こしにくる。
ボンヒの望む服を作るためには、生地の開発も大変で柔らかいデニム生地を頼まれたジョンヒョンは、なかなか要望どおりの物が作れない。

酒場で働いていたモランは、ホステスではなく衣装担当をしていた。
要求の難しいホステスを相手に、意地悪されればオ・エスクの娘としてドスを利かせ、甘えん坊だったモランは、たった1年で見違えるように成長していた。

ホステスに引けを取らないぐらい我が儘な要求の新星シスターズは、ファッションセンスのないスンジン相手に毎日イライラが絶えない。

年を取るにつけますます色気づくギョンジャは、化粧も濃くなり唇ははみ出た口紅でギラギラ光っていた。

勇気を出してプロポーズしようとしたチュンシクは、横シワの入ったギョンジャの額に紳士的なキスをするが、「それでキスしたつもりなの」とギョンジャは怒り、ベトベトの唇でチュンシクを吸い尽くす。

お酒のおかわりを運んできたチュンジャは、醜い光景に絶句し、声もなく後ずさる。

部下たちをつれて帰ってきたソングクは、止めようとするチュンジャを押しのけ我が家に入ると、母がチュンシクを無理やり押さえつけており、「こんなことするのは犯罪だぞ」と盛りのついた母に説教する。

襲われたのではなく同時に襲ったんだというチュンシクのややこしい言い訳を聞いたソングクは、交際を許してほしいという二人に呆れ、チョルボクはソングクと本当の家族になれるんだと喜ぶ。

市場で買い物をしていたボンヒは、偶然モランと再会し、逃げようとする妹をつかまえテヨンブティックに連れてくる。

デザイナーとして一緒に働こうと言ってもモランは嫌がり、ホステスのお直しをしてるほうが性に合ってるとボンヒとの関わりを拒絶する。

アメリカ輸入のジーンズは生地が硬く、韓国人に合うような柔らかいデザインを作りたいボンヒは、遅れているデニム生地の開発に頭を悩ませる。

できない物はできるまで努力する。
頑張り屋の妻に発破を掛けられたジョンヒョンは、寝る間を惜しみとうとうボンヒの望むソフトデニムを完成させる。

テヨンブティックが扱う商品は、新星シスターズが広告塔となり、あっという間に巷に知れ渡る。
名実ともに力を付けたボンヒの作品は海外輸出されるまでになり、姉の偉業をニュースで確かめるモラン。

無期懲役となったエスクだが、模範囚となれば恩赦されることもあるかもしれないと彼女なりに努力をし、中卒認定試験の勉強や将来は製菓の資格を取ろうと頑張っていた。

渡米したと思っていたモランが面会に訪れ、最愛の娘に会えた彼女は、人殺しの娘だからと人生を諦めないでほしいと願い、いつの日にかモランを抱きしめることができるように自分も諦めないからと励ます。

スポンサーリンク

お母さんに説得されたモランは、ボンヒのところへ行き、もう一度デザイナーとしてやり直したいと正直な気持ちを伝える。

ボンヒは妹をデザイン室長として雇おうとするが、モランは一から勉強したいと望み、下っ端から出発する。
テヨン金庫の暗証番号が分からなかったボンヒは、ずっとブティックの部屋に置きっぱなしにしていたがモランなら開けられるのかと彼女に番号を聞いてみる。

心当たりの番号を幾つか試してみたモランは、ママの誕生日が暗証番号だと知り、複雑な気分で扉を開ける。

金庫の中には小さな宝箱が入っており、中には1歳記念の指輪とボンヒの髪飾りが入っていた。
赤ん坊を見殺しにされたと思っていたミスンの思いは誤解と分かり、夫に愛されていなかったというエスクの思いも独りよがりなものだったと姉妹はお父さんの本当の思いを知る。

チュンシクおじさんはギョンジャと式をあげ、モランも家族としてお祝いに参加する。
幸せ家族が家に戻ってくると、扉の前には大きな赤紙が貼られ、退去戒告書を見たチョルボクは、住む所がなくなってしまうと心配するが、ソングクは俺が建てた家に住めばいいと、新築マンションを家族に提供する。

ジョンレ母さんと初めて来たときには、あまりの貧しさに恐ろしかった解放村。
今は一つ一つの出来事が懐かしく、消えゆく村を寂しく眺めるボンヒ。

白紙のスケッチ帳に手をかざしたボンヒは、新しいデザインを考え、人々を包み込む温かな服を今日も作りつづける。

~ 完 ~

星になって輝くは、たぼ美が担当しました(=゚ω゚)ノ
感想等、コメント欄からお待ちしております(*´▽`*)

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ