韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ73話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ73話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく73話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ73話

女などいくらでもいるのに、これならソ・モランのほうがまだマシだと怒るユン会長。
父の傲慢さに耐えきれなくなったジョンヒョンは、彼の息子でいたくないと訴えこんな息子捨ててくれと頼む。

ジョンヒョンがどんなに頭を下げてもジョンレの怒りは収まらず、丹精込めて作った甘酒を彼に浴びせ、「あなたの家族を思い出すと虫唾が走るわ」とジョンヒョンを罵る。

お母さんを傷つけてしまったボンヒは、ジョンヒョンとの交際は悪いことなんだと落ち込み、このまま付き合っていく自信がなくなる。

サラ・パクの名声や財産、そしてジョンヒョンも、ボンヒが持っているものすべてを奪いたいモランは、「私が彼女の娘になればお父さんだって欲しいものはすべて手に入るじゃない」と開き直り、彼女に未練がある父を揺さぶる。

ユン会長に会ってまでジョンヒョンたちを別れさせようとしたモラン。
自分の娘ながらどんどん危険な道を走るモランを心配するエスクだが、「こんなの、まだまだ序の口よ」とモランは母をバカにし、目的に突き進む。

家に帰ると気丈な母が涙にむせび苦しんでいた。
ジョンヒョンとの交際に浮かれていたボンヒは、ユン会長を恨む母に必死で会長はお父さんを殺してないとかばうが、彼が事件に関与していると確信しているジョンレは、「私の気持ちを思えば彼とは付き合えないはずよ」と怒り部屋を出ていく。

ジョンヒョンが相談できるのは、やっぱりソングクだけ。
ボンヒ親子を傷つけてしまった彼はダイヤモンドに行き、ソングクに話を聞いてもらう。

昨夜から様子のおかしいボンヒを心配していたボンソンは、早くにでかけようとするボンヒを引き留め、「あなたがみすぼらしい格好をしていると責任を感じるのよ」と遠慮するボンヒに化粧をしてあげる。

髪をとかし、明るい色の服を着たボンヒは、清楚で美しく、彼女が落ち込んでいるかと心配していたソングクは、まぶしいボンヒに見とれる。

彼女を黙って見送るしかないソングクを哀れむボンソンは、「他人の物だから苛つくのよ」とソングクを刺激し、「ボンヒを奪い取りたかったらいつでも協力するわ」と弟と一緒に応援する。

ユン・ギルチェを見ると、血まみれになって亡くなった夫の死に顔が脳裏から離れないジョンレ。
いくらボンヒが好きな相手だと言っても、彼だけは認められないと堅く心を閉ざす。

スポンサーリンク

副大臣の約束は取り付けても、肝心の資金がないドンピルは、工場建設ができず行き詰まっていた。

ミスンを丸め込み彼女から資金を調達しようとしたが、ボンソンにあげた指輪のことでミスンからクズ扱いされ、期待した関係は壊れてしまう。

ミン室長の補助として冬物の準備を手伝うように言われたモランは、コンペに専念したいからと断り、ボンヒは勉強になるから手伝いたいと志願する。

父の横柄な態度を謝罪し、どうしてもジョンレに許してもらいたいジョンヒョンだが、ユン会長と関わると思うだけでゾッとするジョンレは、ジョンヒョンがどんなにいい青年であっても許すことなどできなかった。

目星をつけていた土地が何者かに買われてしまい、九老に工場を建てたいユン会長は、土地を買った人物から買い取るようにキム秘書に命じる。

腐るほどの金儲けをしたいと決心したソングクは、高利貸しではなく土地転がしを選び、工場建設に最適な九老の土地をユン会長とソ社長のどちらが先に欲しがるか楽しみに待っていた。

平和市場で盗品の生地を扱っている店をスンジンが見つけソングクに報告を入れる。
その頃、ボンヒにも紳士服店のキム社長から電話が入り、盗まれた生地が売りに出ていると聞いたボンヒは、「泥棒さえ捕まえれば盗んだ方法や黒幕の名前も分かるはずですよ」とモランを意識してミスンに報告する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←72話     74話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ