韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ32話

チョンドジョン

今回の韓国ドラマはこちら!
チョンドジョン
さっそく32話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、チョンドジョン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・チョンドジョン・あらすじ32話

明に一緒に行こうと企てるイ・セクの誘いを、イ・ソンゲは反対する重臣のため考える時間がほしいと猶予を願い出る。

モンジュは陰謀と計略を非難し、公明正大な政治を訴えていた師イ・セクが、先頭きってイ・ソンゲに陰謀を図る姿を見て、幻滅する。
イ・セクは「何事も自然の成り行きに身を任せるべきだ。」と士大夫らしからぬ事を口走り「この難局を公明正大には解決できない。」と早くも士大夫の志を捨てる。

モンジュは民を救いたい一心で行動するイ・ソンゲを陥れようとする師のやり方が理解できず、イ・セクは自分にとって邪魔なイ将軍を「正しい政治をするには不要な人間だ。」と消し去ろうとする。
師の決断に不本意ながらもモンジュは従い、ドジョンから士大夫を説得してほしいとの頼みを断る。

チョン・ドジョンはイ・バンウォンに今回の打開策を提案させる。
バンウォンはイ・セクを排除するべきと考えるが、ドジョンは儒学者の信頼を得ているイ・セクを排斥しては民心が離れ、明のイ・ソンゲへの疑いも確信に変わってしまう、とバンウォンを諭す。

”大理城はどこだ
 三韓の地は遠のく
 江山に人の顔はやつれ
 風月に旅人の魂は消える”
ドジョンは、師兄だったキム・グヨンの絶命詩を読み使臣の命運とは皇帝の機嫌で決まると説明する。 「これが弱国の使臣の運命。」
皇帝の機嫌を損ねたら廊に入れられ、流刑になり、あげくは死刑もありえる。

チョン・ドジョンの考えを理解したバンウォンは、自分が父に代わって明への使臣になるとイ・ソンゲに伝える。
イ・ソンゲが明に行けば間違いなく殺される、しかし息子バンウォンが行けば朱元璋は敵にしてイ・ソンゲの恨みを買うか、歓迎して親明派にするか天秤にかけるというのだ。
 「バンウォンが行く方が生きて帰れる可能性があります。」ドジョンは将軍を説得し断固反対する彼に「将軍が斬られれば家族全員皆殺しになります。」と説き伏せる。

チョン・ドジョンはイ・セクに会い、イ・ソンゲの代わりにバンウォンを行かせる代科として軍事権と朝廷の要職3割をイ・セクに差し出す。
周到なイ・セクは田制改革の中止を要求し、ドジョンは京畿一帯で開始した量田の休止と政治利用した報復行為をしない、との約束をする。

南京に出立するバンウォンは父イ・ソンゲに挨拶し、継母のカン氏は息子の無事を祈り徹夜で刺繍した随筆袋を贈る。

都堂では、流罪されたチェ・ヨン将軍の処罰が生ぬるいとの上書が後をたたず、官吏たちは「明への使臣を守る為にも遼東征伐を計画したチェ・ヨンを死刑に処すべきだ。」との意見が大半を占める。

チェ・ヨンは流罪地から都城に押送され一旦、巡軍獄に入れられる。
イ・ソンゲとの面会を望んだチェ・ヨンは「私は死んだら亡霊となって高麗を守る。お前は、この世で高麗を守る番人となってくれるか。」と遺言する。

イ・ソンゲの事を息子のように思っていたというチェ・ヨンに、高麗を滅ぼすとは言えないイ・ソンゲであったが「必ず将軍に恥じることのない、いい世の中を作ります。」と恩人の遺言に応える。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

罪人チェ・ヨンは 外敵から国を守り手柄を立てたが、臣下の意見を無視し遼東征伐を主導して国を存亡の危機に追い込んだ。更に君主を侮り権力を欲した。として、死刑に処される。 民は涙し、イ・ソンゲも彼の最期を見届ける事ができなかった。

1389年 イ・セクの使臣団は明から無事 帰国した。
穏健派の士大夫と急進派の士大夫で田制改革を巡り都堂は荒れる。

イ・セクは対抗策として一田一主制を提案し、これなら民から不法に搾取する税を防ぐ事が出来ると主張する。
ユン・ソジョンはイ・セク派が「儒宗であるのに何も分かっていない。」と軽蔑し井田制を用いた周は800年も続いたが井田制を廃止した晋はたった15年で滅亡した、と「私田は国を滅ぼす元凶です。」と憤る。

下級官吏の間では一田一主制に賛成する声が多く、イ・セク派は多数決で強硬しようとする。更に、私田を廃止するには別の目的があるのではとチョン・ドジョンは疑われる。

多数決で負けそうなイ将軍の為、モンジュはイ・セク派に譲歩してはと勧めるが、イ・ソンゲは民のために性理学を学んでいるはずのイ・セクが必死で私田を守ろうとする事が理解できない、と悩む。
一田一主制が建前にすぎない、と怒るドジョンに、モンジュは「イ将軍を王にするため強引に田制改革を進めている。」とドジョンを疑う。
易姓改革がバレてしまっては元も子もないと、ドジョンは多数決に応じるようイ将軍に助言する。

都堂では、田制改革を多数決で決めてしまおうとイ・セクは進めるが、モンジュはこれがまかり通れば都堂では議論を怠り人数確保に躍起となってしまう、と疑問を投げかける。 しかし、イ・ソンゲが多数決に応じた事により、モンジュは棄権する。
そして、多数決で私田廃止は却下され、一田一主制が採択されることになる。

「イ・セク派がいては大業は遠のくばかり。」とイ・バンウォンはイ・セクの排除を求めるがチョン・ドジョンはモンジュに言われた「懸命だった時のお前に戻ってくれ。」との言葉を重く受け止めていた。
ドジョンはチョ・ジュンを呼び、司憲府を動かしてイ・セク派の内偵を指示する。

その頃、江華島の上王はチェ・ヨンの甥キム・ジョを呼びよせ復位を狙いイ・ソンゲの暗殺を命じる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「チョンドジョン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←31話     33話→

チョンドジョン・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ