韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ9話

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ9話

私はチャンボリ

今回の韓国ドラマはこちら!
私はチャンボリ
さっそく9話をご覧ください
私はチャンボリ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ9話

市場の人たちにウンビを娘と紹介したヘオクは、ミンジョンの妹として彼女を育てることにし、麦飯を喜んで頬張る彼女に ボリ=麦 と名付ける。

夫を亡くしピスルチェにいたたまれなくなったオクスは婚家を出る覚悟を決め、スミは出て行く彼女を心の狭い女だと非難する。

スミは自分が競技会などを言い出した為に、息子と孫娘を失ってしまったと自分を責める。

ジェファに別れの挨拶をしにきたオクスを、ドンフ会長は、義妹の面倒を見るのは当然だと彼女の援助を言い出すが一刻も早くソウルを離れたいオクスは、義兄の気持ちに感謝しつつも逃げるようにタクシーに乗り込む。

ごたいそうに義妹の面倒までみようとするドンフに嫉妬したファヨンは、キムチごはんをやけ食いし陣痛がきてしまう。

夫のいないこの世で生きていたくないオクスは、崖から飛び降りようと自殺を試みるが最後の一歩がどうしても踏み出せず、その時吐き気をもよおした彼女は、あれほど夫が待ち望んでいた赤ちゃんがお腹の中に宿っていることに気づく。

ファヨンとは犬猿の仲のジョンランであったが、いざ姪っ子が生まれるとデレデレ。男勝りに不細工な赤ちゃんもお姫様に見える。

商売上手なボリはすっかりクッパ店の人気者。料理上手なヘオクとの二人三脚で店は商売繁盛。

店の手伝いの合間に絵を描くことが楽しみなボリは、学校にあったピスルチェ絵画大会の剥がれ落ちたポスターを持ち帰り、画用紙として使う。

絵を書く事が大好きなウンビを見つける為絵画大会を思いついたスボンは、全国から絵の好きな子供達をピスルチェの庭に集める。
絵画大会で優勝すれば大学までの学費を援助してもらえると知ったミンジョンは、ウンビから絵の描き方を教えてもらいボリの描いた絵とそっくりな絵を描いて優勝を果たす。

無理な生活がたたり臨月で下血してしまったオクスは、市場で倒れ偶然通りがかったヘオクに助けられるが赤ちゃんは流れてしまう。
夫を亡くし子供を失ったオクスにヘオクは自分と同じような境遇の人だと彼女に同情する。

絵画大会で優勝しミンジョンはイナ夫婦から食事をご馳走してもらい、自分は両親を亡くし酒場の手伝いをしていると言って二人の同情を買う。

スポンサーリンク

借金取りから上手く逃げおおせたと思っていたヘオクであったが、結局居場所が見つかってしまいクッパ店の売上を全部高利貸しピンハネされることになる。

ファヨンの長女はカウルと命名され、初めての姪っ子に首ったけのジョンランは、率先して子守りをする。
ドンフは新商品が大売れで工場稼働が追いつかないほどだと福の神カウルの誕生に大喜び。
この業績はアイデアを出したヒボンの物だと、ドンフは収益の半分をヒボンの分として処理すると宣言する。
オクスの連絡先が分からない場合は甥であるジェファに権利があると言われたファヨンは、先妻はジェファの我儘のせいで交通事故にあったと夫に吹き込む。

普段は厳しいドンフであっても母の死を自分のせいだと苦しみ続ける息子の気持ちを知り、「母さんの交通事故はお前のせいじゃないぞ。」と息子の背中を流し男らしく生きるようにと愛情深くジェファを励ます。

母が亡くなった現場に継母がいたとは夢にも思わないジェファは、秘密を絶対に守ると男の約束をした弟が父にバラしたと思い弟の間に溝が出来る。

ミンジョンが一人でソウルの絵画大会に行ったと知ったヘオクは、絵画大会に優勝し学費を援助してもらえることになったと聞いても娘が騙され、どこかに売り飛ばされるかもと心配する。

しかし、借金取りに追われる生活に耐えられないミンジョンは、どこかに売り飛ばされたとしても今の生活よりかはマシだと言い返し、「私の母親だと名乗らないで。」とヘオクと親子の縁を切る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「私はチャンボリ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←8話     10話→

私はチャンボリ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ