韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ48話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく48話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ48話

偶然、路上でスニーカー販売しているチャドルを見かけたマンジョンは、大学を出てもまともな職に就けないチャドルと娘が別れて正解だったと胸をなで下ろす。

シェユン会長と指輪を買いにいった妻たちからの何の連絡もなく落ち着かないマンジョンは、仕事を早々に切り上げ帰宅していた。
会長に食事をごちそうになりデザートまで堪能したパンシル姑嫁は、寒い気温の中、頬を紅潮させご機嫌でお帰り。
肝心の指輪は、韓国一かもという大きさに話を聞いているだけでも興奮が抑えられないマンジョン。

「処方薬を飲み、一日も早く抗がん剤治療をするべきです」ヨンファが席を外したときに偶然娘の携帯に出たピルスンは、チャン医師からかかってきた電話の内容に驚きヨンファの病気が仮病ではなく、すい臓がん末期で手の施しようがないと知る。

職場恋愛は楽しい。振り向けばいつもジェドンと目が合い、甘いマスクでウインクされれば仕事どころではないセラ。
周りに気づかれぬように非常階段に抜け出してきた二人は熱い思いを堪えきれずラブシーンといきたいところがユン代理の邪魔が入る。

間近で見ればやつれたような顔のセラが昨夜はある男性の来訪で眠れなかったとこぼし、原因が義兄のヨングクと知ると、あのクールな義兄がセラ母を思い泥酔して床で寝たなんてと開いた口がふさがらない。

義兄の心が完全に離れ切ってしまっているのに、これ以上実力行使しても無駄だと考えたジェドンは、屋敷から出ていこうと母にヨングクの外泊先を話してしまう。

シネが開き直りヨングクとの生活を始めたと誤解したピルスンは、彼女の家を調べシネの髪をわしづかみにし、泥棒猫のせいで娘が苦しんでいるとシネを侮辱する。
母を傷つけられたセラは、ぺらぺらと口の軽いジェドンを見損ない「二度と私には関わらないでください」と電話を切る。

今夜も家を出ていこうとするヨングクに、また、あの女の所に行くのかと罵るピルスン。彼女はシネを懲らしめた事を話し、浮気を辞めないのなら家ごと燃やしてやると騒ぎ立てる。

ヨンファと法的にケリをつけるまで大切なシネを守れないヨングクは、「全てを整理しやましいところのない人間になる」とシネに約束する。
「二度と君を悲しませない。待っててくれ」

スポンサーリンク

ヨンファの症状は悪化し、痛みに苦しむ娘に何もできないピルスン。
ヨングクからは宅配便で離婚訴状が届き、娘の幸せを守りたいピルスンは、「3カ月だけでいいからヨンファにチャンスをほしい」と娘がすい臓がんの末期であることをヨングクに告げる。

仮病だと思っていた妻があと3カ月の命と知り、死を前に苦しむ妻を追い詰めたヨングクは、苦悩にうちひしがれる。

シェユン会長から食事に誘われたジャンミは、彼から大粒ダイヤの指輪を贈られ困惑する。
「君のおばあさまやお母さんと本当の家族になりたいと思い、結婚を決めたんだ」
受け取れないと指輪を拒否しても諦めようとしない会長に、ジャンミは、チャドルとヨリを戻したことを伝える。
「彼を愛していることに気づいたんです」

ジャンミが結婚をOKすると思っているマンジョン一家では、シェユンがどんなプロポーズをするのかとあれこれ空想を。

会長と分かれたジャンミはチャドルの事務所へ向かい、仕事に疲れ居眠りしている彼を起こさないように近づき、ジャンミの白いふわふわのコートを彼にかける。
チャドルの寝顔を数年ぶりに見たジャンミは、鼻筋の通った優しいチャドルに見とれそのまま彼の横で寝てしまう。
事務所で夜を明かしたチャドルは、横に眠るジャンミに驚き、彼女がかけてくれたコートでジャンミを温める。

朝になってもジャンミの姿はなく、「会長が、そういう男だと思ってなかったのに」と焦るグムジャ。
パンシル母息子は、これで、もう会長は逃げられないと大物を捕らえ大満足。

チャドルは事務所にあったラーメンで朝食を作り、懐かしい味に、昔、卵料理ばかりで文句を言ったジャンミは、自分が幼すぎたと謝る。

家に戻ってきたヨングクは、秘密を知ったことを隠しヨンファに朝食を用意してほしいと頼む。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←47話     49話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ