韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ47話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく47話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ47話

ジャンミがスニーカー販売に貢献してくれたと知り、彼女にお礼を言おうと駐車場に来たチャドルは、車に気付かず轢かれそうなジャンミを助ける。
「今も昔も世話が焼けるな 車に気をつけろよ!」 命がけでジャンミを助けたチャドルは、幸せだったあの頃の思い出がフラッシュバックする。

人間の出来ているシェユン会長に、今のうちにジャンミの過去を伝えようと考えたマンジョン一家は、彼を食事に招きジャンミに子供がいることを打ち明ける。

ジャンミに好意を持っている会長は、既にジャンミの過去を承知で、自分もバツイチだからジャンミの気持ちが分かる、と正直に話してくれたマンジョンに感謝する。

ジャンミが今でも子供の父親に会っているのではと心配するシェユンに、マンジョンは、ジャンミが男に捨てられ子供も取り上げられたと嘘をつく。

宣伝してくれたジャンミにチャドルが手ぶらで言葉だけのお礼を伝えたと知り「靴下でも持って行けよ」とヒョンギに怒られたチャドルは、真っ赤な手袋を買いジャンミに贈ろうとするが、家の中からジャンミと一緒にシェユンが出てくると、チャドルは、引き下がりせっかく買った手袋をゴミ箱へ捨てる。

心の奥底に閉じ込めていたジャンミへの思いが溶け始めていたチャドルは、また彼女に傷つけられ何もかも吹っ切ろうとお酒を無茶飲みする。

立派なスーツを着た男性が果物籠を持ち自宅の前で立っていると、セラは彼がガンホグループ会長だと兄に紹介し復職のお礼を言う。
家族を苦しめたヨングクが許せないガンテは、長男としてガツンと断ろうと彼を屋台に誘う。

母と12歳のときからの幼なじみで、気心の知れた者同士自然と惹かれていったと説明する会長。
母のことが好きだと真っ直ぐな思いをぶつけられ、心揺れるガンテだったが、母さんのことは長男の俺が守る。
既婚者の彼に言い寄られても母が世間から後ろ指をさされるだけ。家族を守るガンテは、「もう2度会わないでください」とヨングクを拒絶する。
しかし、焼酎の瓶が増えるにつれ話し上戸になるガンテは、すっかりヨングクと意気投合してしまい、「愛する人を思う気持ちは誰にも止められません」と彼に同情する。

スポンサーリンク

ヨングクからの果物籠が届き、本人はガンテに連れていかれたと聞き、驚くシネ。
そこへ、ヨレヨレに酔ったガンテがヨングクと一緒に帰ってきた。
夫の失態にバツが悪いスリョンはとっとと部屋に引っ込んでしまい、シネの家で酔いつぶれたヨングクは居間でガンテとご就寝。

路上販売は、いいときもあれば全く売れないときもある。
寒空の下、かじかむ手を真っ白な息で温めているチャドルたち。彼を車の中から見守っていたジャンミはストーブを差し入れる。

シェユン会長と付き合っておきながら思わせぶりなジャンミに腹が立つチャドルは、届けられたストーブを拒否し、売り場から走り去る。
チャドルの後を追いかけたジャンミは、「あなたが心配で会いたかったの」と苦しい思いを投げかける。
「他の人に会ってもあなたを忘れられない。心配で何も手につかないし 一日中会いたくて頭から離れないの」
ジャンミの本心を知ったチャドルは、彼女を強く抱きしめ唇を重ねる。

ジャンミが本気でやり直そうとしていると知り、チャドルはチョロンを二人で守っていこうと彼女を受け入れる。
離れていたときが嘘のようにチャドルとジャンミは、ラブラブモードに戻り、チョロンの寝顔写真を送り、幸せに浸って眠りにつく。

この家を出ていくときは私が死ぬとき。夫に愛想つかされようが妻の座を死守するヨンファは、邸宅に居座り、帰らぬヨングクを待つ。

一方、ジャンミと結婚を考えるシェユンは、彼女に内緒で指輪を用意しようと、グムジャたちと一緒に指輪を買いに行く。

念願の幼稚園お迎えを経験し、チャドルと三人でうどんを食べるジャンミ。
パパとジャンミの様子がどことなく違うのはチョロンにも分かり、二人が隠れて手をつないでいるとチョロンは「私も一緒につなぎたい」と拗ねたふり。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←46話     48話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ