韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ43話+44話+45話

明日も晴れ 韓国ドラマ

今回の韓国ドラマはこちら!
明日も晴れ
さっそく43~45話をご覧ください
明日も晴れ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ43話

カン・ハニが無実だということを最近知ったジニは、彼女に謝罪をしようかと歩み寄るが、土下座の件でジニを恨んでいるハニは、自分にも非があったと謝罪を断り、業界人としてユン・ジニに勝ちたいと挑戦状をたたきつける。

舞台袖の薄暗いところでは、ハンナが熱い抱擁を交していた。

びっくりしたソニは、あまりにも非常識すぎるとハンナを責めるが、「ハンナは俺の女だ。彼女を責めるやつは許さん」と時代劇口調でレオが怒り、あっけにとられているソニに、ハンナは結婚したこと、両親と同居していることを明かす。

スポンサーリンク

ソヒョンと親友だと思っていたソニは、いったいいくつ隠し事があるのかと呆れる。

愛し合ってる者同士が抱き合っていてどこが悪いの?
ソニ古い。((((((=^-^)(^^*))))))

ハンナの新婚旅行も含め、家族全員で海外旅行に行きたいと言い出したソヒョン。

夫が休暇を取れるかと心配しているが、まさか永遠に休暇になるとは、想像もしていなかった。

花束を持ったハンナがレオと仲良く帰ってくると、卒婚問題を引きずっているサンフンは、新婚さんは仲直りが早いなとうらやましがる。

お父さんがショーを見にいかなかったのは、何か失敗したからなのかと心配していたドギョン。

「お父さん一人ぐらい養っていけるよ」と励ますと、いつもの元気なジングクに戻り、落ち込み原因は、どうも仕事のことではないらしい。

息子もお父さんも恋の悩み。
こういうとき、母と娘なら口に出して相談するかな?
いや、しないかな。

編入試験で悩んでいたジフは、お父さんにそれとなく相談してみる。

「チャンスを逃すな。やりたいことがあれば挑戦しろ」と心強いアドバイスに、絵を描きたいという気持ちを隠していたジフは、胸のつかえが取れる。

ハニとユン・ジニ伯母さんが話しているところを見たジウンは、二人がなぜ知り合いなのかと硬直したが、ハニが商品横流し事件の店員だったと分かり、 伯母が嫌っていることを都合よく利用する。

スジョンブティックからコラボ依頼が来ると、ジウンが社長の姪だと知らないチーム長は、お手柄だと拍手する。

ジウンは、伯母に言われてもいないのに、カン・ハニと同じ番組に商品提供したくないという条件を勝手につくり、カン・ハニが横流し事件の共犯者だと説明する。

嘘ではないが、確かに、言葉がちょっと足りないだけ。

チーム長は、会社のイメージが悪くなるかもしれないと、すぐにでもハニ・アパレルを切ろうとするが、クールなハンギョルがジウンの言葉を鵜呑みにせず、「カン・ハニに確かめてみる」と答える。

焦ったジウンは、ハニとランチの約束をしているから、その時に聞いてみるとごまかし、ハンギョルを直接ハニに会わせないようにする。

ジウンからスジョンブティックとの因縁を聞かれると、ハニは事件を認めるしかなく、担当のイ・ハンギョルに迷惑がかかると言われても、打ち切られるのは困ると必死になる。

ジウンは、別の放送局に移ったらどうかと仲介業者の紹介を約束し、ハニを諦めさせようとする。

どこに行っても横流しの件が知られたら同じこと。
ここは、直球勝負しかないね。
頑張れ(o^-^)尸~”☆

慈善イベントは大成功し、ジニの衣装は完売、ジングクの革製品も完売で、あれはいったいどこのブランドかと問い合わせが殺到する。

喜びの報告をしたくても、ジングクはまだ電話に出てくれず、メールも無視。

ジニは直接工房に足を運ぶが、彼はタイミング悪く店に鍵をかけトイレに行っていた。

いつもならウネに店番頼んでいるのに、今日に限って鍵をかけるなんて。
あっちゃー。

ドンソクの就職を聞いて母が田舎から出てきた。

バスターミナルから電話をもらったソニは、ターミナルまで迎えにいき、義母を家に案内するが、母がおやつをボリボリこぼしながら食べていると居間に複数本の足を持つ虫が現われ、ドンソクがいつものように義母に使われ、這いつくばって退治していた。

ゴキブリのようなスピード感で複数足。
なんの虫?

ドギョンが思い詰めていることに気付かず、「彼は失恋したみたいだよ」とレオに言われ一代発起したハニ。

彼を元気付けようと思い告白してみたが、断られるのが嫌で、返事は言わないでほしいと保険をかける。

43話の感想

失恋した人に、なんでまた、こんなにすぐ告白するのだ?
静かに側で見守ってあげたらいいのに。
・_・)┘ 早すぎるっちゃ。

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ44話

ハニが告白しているところへ、イ・ハンギョルが横流し事件のことを確かめにやってきた。

ドギョンは「ちょうど帰るところだ」と言って慌てて出ていき、ハニとは目も合わせずに帰る。

ユン家に居候していようが、ドンソクは婿養子ではなくファン家の立派な当主。

スポンサーリンク

母としては、息子をないがしろにされるのは許せず、ジフはファン家の跡取り、ソニ母のことを外祖母だと区別する。

ドンソクがようやく就職できると、嫁に対する態度もキツクなり、仕事なんかせずに夫を支えるのが妻の役目だと嫁いびりする。

息子の稼ぎがなくて居候しているのに、どうしてそんな大きい態度に出られるんだ?
×( ̄^  ̄ ダメダメ

ジウンが言ったようにハニは、間違いなく横流しの事件に関与していた。

「知らなかっただけなの、誤解しないで」といつもの言い訳が始まり、ハンギョルは販売の件を保留にする。

ハニはまた今回のことでユン・ジニを恨むのかなあ。

ハンギョルが家に帰ると、レオからサンプル品の出来がかなりいいと自慢される。

ハニと一緒に働いているレオなら、彼女のことをよく知っているかと聞いてみると、「ハニは裏表がない。思ったことがすぐに顔に出るよ」と言われ、確かに、子どもみたいになんの計算もない性格だと納得する。

ジウンのことで悩んでいるところにハニにまで告白されたドギョンは、頭の整理がつかず、トイレに行こうとして、夜遅くボーっと座っている父をみかける。

声を掛けてもすぐには気付いてもらえず、水を飲みにきたというお父さんの手には何もなし。

話を聞こうとすると、「なんでもない」と言って、ジングクは自分の部屋に入ってしまう。

父子で恋煩い。

オ・チーム長から直接キム社長にハニ・アパレル取りやめをにおわせる電話が入る。

ハニは、別の放送局に移ったほうがいいかもしれないと弱気になるが、K1用に作ったブラウスはもう完成間近。

経費がすべて無駄になってしまう。

ちゃんと契約を交わしてるんだから、一方的に契約破棄なんて、できないはずでしょ?

サンフンは早期退職を決断し、親友が一緒に事業をやらないかと、車のキーや高級腕時計を見せ、羽振りのよさをアピールする。

「お前の老後は、俺が責任持ってやるぞ」

なんだか怪しいなあ。
詐欺の匂いがプンプンよ。(¬o¬)-

ハニはスジョンブティックに乗り込み、アポなしでユン・ジニに会ってもらう。

ハニ・アパレルのせいでK1との契約を渋っている理由を聞かれたジニは、いったいなんの話かと答えられず、せっかちなハニは「私が嫌いだからですか、そんなに気に障ることでしたか?」とまくしたて「一度だけ許してもらえませんか」といつものお願いモードに入る。

ハニの話を黙って聞いていたジニは、子どもじみた彼女に注意し、ここに来るのは筋違い。

話すべき相手はK1であって、努力すべきは商品をよくすることだと教える。

「K1の担当者もプロなら、よい商品を作る会社を手放さないはずよ」

ここまで言われてもハニは引き下がらず、よほど社長を怒らせたのかと必死でお願いし、「K1のイ・ハンギョルさんに迷惑をかけたくないんです」と、彼の名前を出す。

ハンギョルのためと言っているけど、これは、ハンギョルに迷惑かけたくないからお願い聞いて、ってことになる。
甘ちゃん。

ユン・ジニは、ジウンから事情を聞き、カン・ハニが商品売りつけのために近づいてきたと聞きジウンが利用されたと思い込む。

ソニとソヒョンはとっても仲が良く、お互いの子どもたちが気に入った二人は、ハンギョルとジウンをくっつけようかと意気投合する。

ドンソクの母親は、数日ユン家に居座り、お手伝いさんの仕事に、あれこれ難癖つける。

ジニ母も相当なものだが、ドンソクの母親はもっと上を行く。

1から10まで注意されたお手伝いさんはやる気をなくし、「辞めさせてもらいます」とエプロン丸めて出ていく。

誰が給料払ってるのよ、他人の家で迷惑かけるんじゃないの!
しかし、いつも意地悪言っているジニのお母さん、こういうときは言い返せないのね。

料理を作る人がいなくなったのでドンソクのお母さんが夕飯を作ってくれるが、彼女のオススメ料理はかなり臭う清麹醤。

ジフにとっては、なんともないがジニ母は臭くてたまらず、「塩気も多くて好きじゃないんです」と遠慮する。

おばあちゃん二人に囲まれたジフは、ご機嫌取るのも大変。

二人の顔色見て清麹醤を食べる。

清麹醤って臭いのか、臭くないのか、どっち?

伯母を丸め込んだジウンは、これでハンギョルが切り捨てるだろうと思っていたが、彼は最近ハニに関心を持っており、「ひたむきな彼女を応援したくなってきた」と、嫌なことを口にする。

44話の感想

クールなハンギョルが熱くなれば、もう止められません。

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ45話

ハニの好きな相手がドギョンだと分かっていてもカッコイイ、ハンギョルに好かれたらハニの気持ちも変わるんじゃないかと不安なジウン。

ずっと彼のことが好きだとハニに教え、変な気を起こさないように、今のうちに芽を摘む。

“家にいても邪魔者扱いされるだけだろ?俺を信じてみろ”と親友の心強い言葉にサンフンの気持ちは固まる。

スポンサーリンク

ソヒョンは見合いを用意し、これが絶対に絶対の最後だからとお母さんに頼み込まれたハンギョルは、仕方なく週末予定を空ける。

サプライズで子どもたちを見合いさせようとしていたソニは、相手を言わないとジウンが行こうとしないので、見合い相手はイ・ハンギョルだと教える。

「私が自分で振り向かせるから、余計なことしないで」な~んてことは言わないのね。
ずっと好きだとも言えず、思い続けた人だからか。
壁]・.・)チラッ

ハンギョルから呼び出されても、ハニはサンプル品を持っていかず、今回の件は辞退させてほしいと自分から引き下がる。

外野の騒動を気にせず自分の勘を信じることにしたハンギョルは、「僕のことが信じられないんですか」と途中で投げ出すハニを怒る。

彼が契約続行を決めた本当の理由は、ユン・ジニとハニとの話を聞いてしまったからだった。

あの日、ユン・ジニ社長に事情を確かめようといったとき、横流しの件は無実だと分かり、ハニにプロとしての心得を語っているジニ社長に感化されたからだった。

ハンギョルって、結構盗み聞きが多い。
偶然だけどね。

無実と分かれば、引き下がる必要はない。

ハンギョルはユン・ジニ社長を説得してでもハニ・アパレルとの仕事を続行すると決め、びっくりしたジウンは、間に入り社長を説得してみると請け負い、二人を会わせないようにする。

まさか、ハンギョルがこんなに強引になるなんて予想外?
小細工すると、あとで大変だよ、ジウン。

ユン・ジニが革工房にやってくると、運悪くウネに見つかり、足マットのほこりを払っていたウネは、ジニめがけてバタバタとほこりを立てる。

かなり日がたっていても、まだ根に持っているウネは、嫌味の乱射。

ジニに気付いたジングクが割って入り、「うちのお客さまにケンカを売らないでくれ」とジニを助ける。

ウネが恨む相手は、ハニを騙して雇った主犯のはず。
被害者であるスジョンブティックを恨むのは、お門違いというもの。

ユン・ジニがつらい思いをすると見ていられないくせに、ジニが親しく話しかけようとすると、「もうイベントは終わり、関係ない」とジングクは冷たく追い返す。

ドンソク母は、息子のために牛骨スープを煮ていたが、居眠りして焦がしてしまいボヤをおこす。

お金持ちなのに、どうして一口コンロ?

火を消そうとしてタライの水を勢いよくかけると、ジニ母に浴びせてしまいびしょ濡れ。

ボヤをおこしたと電話をもらったドンソクは、警備員の制服のまま家に帰る。

大口たたいて偉そうにしていたのに、事務職ではなくビルの警備員。

ジニ母は騙されたと怒り、息子自慢していたドンソクのお母さんは小さくなる。

ボヤをおこしたことよりも、ドンソクが警備員だったことのほうがジニ母にとっては大事件。

ドンソクに騙されたと大騒ぎし、「あんたたち夫婦はこの家の汚点よ」とソニを責める。

意地悪ばあちゃんのほうが汚点よ。

ドンソク母は、警備員のことを黙っていてくれたソニに感謝し、一人で苦労しているソニに謝る。

少しでもとジフの学費におカネを包み、精いっぱいの気持ちを伝える。

翌朝にはお義母さんをもてなしたいと、苦手な料理を頑張ろうとしたソニ。

早起きしたのに義母の姿はなく、“皆さんで食べてください”とたくさんの料理が用意してあった。

ハニと気まずくなるのが嫌だったドギョンは、今までどおりに振る舞い、彼女の告白などなかったかのように普通に接する。

それはそれで傷つくような・・・。
結局完全にハニは眼中にないってこと?

知名度は低くてもデザインがよく価格も手ごろで勝算がある。

ハンギョルは、ハニ・アパレルのブラウス販売を決定し、はしゃぐハニを見て、ハンギョルがめずらしく笑う。

「あ、笑った」

彼の笑顔を見たことがなかったハニはつい口に出してしまい、ハニに交際相手がいないか確認したハンギョルは、彼女になってほしいと告白する。

45話の感想

公私混同。
今は、お仕事の時間ですよ~(# ̄  ̄)σ

明日も晴れ あらすじの続き 一覧

「明日も晴れ」前後のお話はこちらから

←40~42話     46~48話→

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「明日も晴れ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

明日も晴れ 海外ドラマの動画・DVD – TSUTAYA/ツタヤ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 今日、妻やめます