韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ66話

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ66話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく66話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ66話

「待令熟手と社長は男しかなれない。
ファンソの定款を知っているハナが何をしに来た。見苦しい。」と、声を荒げるラゴン。
しかし今回例外措置が出来、売却主幹事の管理下にある間は、
必要であれば定款に違反する原則も適用される。
つまり女にも資格があるというのだ。
ハナが立候補出来ると知り、ラゴンは焦る。

ハナたちは万全を期し、商品の販売を強化しJH食品の提供力を大きくする。

社長に応募した1000人のうち書類選考で21人まで絞られた。
審査にはチャン会長も加わる。
そこでおじいさまは「会社を取り戻す為ラゴンに頑張って欲しい。」と言うが、
ハナの申請に焦るラゴンはそれどころではない。
おじいさまも、女のハナが申請出来たと聞き、飽きれ果てる。

ドウンはハミョンの面接資料から、彼女がハナの姉と知り喜ぶ。
だがハミョンはドウンが悪徳ソル会長の家族と知り、
「こんな会社では働けないと。」と怒って面接を投げ出そうとする、しかし夢の就職。
ハミョンは気を取り直し、スパイになってSSの情報を聞き出す為にと就職を決める。

ヒョソンは長女の就職に、ことのほか喜び、
ハナもSSで実力をつければ、もっといい会社に移れると姉を祝福する。

ハナはドウンにお礼の電話を入れ、
ドウンもハミョンのような才能ある人と働けるのは大歓迎、
「二人で大成功する!」と嬉しい事を言ってくれる。
ハナのお姉さんとお近づきになれば、ドヒョンとハナをくっつける近道となる、
と俄然希望を取り戻すドウン!

何日も泣きはらすラヒ、チョンラン親子も見ていられない。
ラヒの離婚にラゴンの解任。チャン家滅亡の前触れと二人はどんどん落ち込んでいく。

ハミョンの初出勤の日。
自分が本社に出勤すればドヒョンに会うかも、
そこでハナが彼をどう思っているのか気になるハミョンに、
1年前からハナの心は凍りついたまま、感情がない。
今はもう過去のことは考えず前だけを見て進んで行きたい。と語る。

スポンサーリンク

ハナはユンチャンのデスクから書類を探そうとして、家族の夢リストを見つける。
母の夢が叶ったのはユンチャンのお陰と知り、彼の心がはかりかねるハナ。

ドヒョンは今までの事を考え悩み、やはり自分には彼女しかいない。
もう二度とハナを失いたくない。と思う。

ハナはユンチャンの行為を「味のない親切なら負担だ。」と言い、
ユンチャンは罪滅ぼしだと答える。
1年前ハナを陥れた事への謝罪の気持ち。
ハナにはもうユンチャンへの猜疑心はなく、二人は本物のパートナーとなる。

ハナが許してくれたとユンチャンはウキウキ。ハン代表の以外な素顔にウン室長は驚く。

兄が戻ると聞きドウンは最高の気分。いよいよベストカップル誕生まで秒読み!

ハナが恋しく家の前をうろつくドヒョン。
帰ろうとするユンチャンと言い争いになる。
そこでドヒョンはハナを検察から守る為に結婚したと言い訳、
ハナの保護者づらするユンチャンこそファンソを潰した張本人と罵る。
ユンチャンはそこで初めて自分の方が先にハナを愛したと本心を明かす。

ジンモクはドヒョンを呼び、会社が危機に瀕する今、持ち株会社への転換を急ぐ。
経営基盤を強化し事業拡大する為に、ハン・ユンチャンの力を必要とし、
彼を養子に迎え入れたと白状する。

自分の結婚も養子縁組も父の一存で決めたと怒るドヒョンに
「二人は同等ではなく、相続も贈与も優先順位はお前が上だ」と説明するジンモク。
だがユンチャンを毛嫌いするドヒョンは、どうしても承諾できない。

ハミョンの初出社に部長は雑用を言いつけようとするが、ドウンが許さない。
「彼女はここで最も特別なお方になられます。」と特別待遇。

ユンチャンの養子縁組を息子が反対し、ジンモクは頭が痛い。
ドヒョンと話しがしたいユンチャンは、ソル家に食事に招かれる。

ソル家を訪れたユンチャン。出迎えたドヒョンは口も聞かずジンモクは歓待する。

そこへユンチャンは、自分の相続人としてハナを紹介するのだった。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←65話     67話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ