韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ124話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ124話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく124話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ124話

車にひかれ血まみれになったドンピルを見て、ボンヒは「お父さんを助けて」と叫び、かすかな意識でボンヒを見つめたドンピルは気を失い病院運ばれる。

夫をはねてしまったエスクは人だかりで近寄ることができず、ここで何してるのかとジョンヒョンに咎められると、逃げだしモランの所へ戻る。

臨津江で釣りをしていた男性は派手な服装のエスクをよく覚えており、川岸で見たのはこの女性に間違いないと証言する。
初孫が生まれ嫁のために鯉釣りに行った男性は、はっきりと日付まで覚えており、ソングクはチャンソクが消えた日にオ・エスクが臨津江にいたという確かな証拠を見つける。

いくら憎い父親でも、このままドンピルが死んでしまうのかと思うとボンヒは怖くてたまらず、「ソ社長は強い人だからきっと大丈夫だよ」とジョンヒョンはボンヒの手を握り慰める。

危篤と言われたモランは嘘のように元気になり、命が助かったモランは「復讐が台無しになってしまったじゃない」と母を責める。

ドンピルが罪を償い時間がたてば彼とのわだかまりも薄れるだろうと考えていたボンヒは、今にも息を引き取ってしまいそうなドンピルに「このまま逝ってしまったら許さないから」と彼の無事を祈る。

殺人犯の娘なんて幸せになれるはずがないと自暴自棄になっているモランにさらに罪を重ねたエスクは、見舞いに来られない夫のことを説明しようがなく、モランに必死で隠す。

夫の無事を確かめたエスクは、一刻も早く逃亡しようと船の用意を男に頼み手持ちのお金がない彼女は、船が見つかれば家を買えるほどの謝礼をはずむからと約束する。

モランに渡したおカネがドンピルの元に返ってしまい、おカネの在りかが分からないエスクは、ドンピルの意識が早く戻るようにと願う。

意識を取り戻したドンピルは、軽いケガだけですんだボンヒを見て安心し、娘の手を握る。
「助けてくれてありがとう」とボンヒから初めて優しい言葉をかけられ彼は「父親が娘を助けるのは当然のことだ」とボンヒを優しい目で包み込む。
ドンピルは退院すれば自首すると約束し、エスクの罪までかぶってはダメだとボンヒはお願いする。

事故の知らせを聞いたジョンレは病院に駆けつけ、ボンヒを助けてくれてたドンピルに頭を下げる。
いつか彼が罪を償い帰ってきたときには、ドンピルにおいしい料理を作りたいと約束するジョンレ。

ボンヒのことを気遣ったドンピルは、それよりもボンヒに食事をさせてやってほしいと、片時も病室から離れようとしない娘に体を休めるようジョンレに頼む。

ドンピルの病室に誰もいなくなると、様子をうかがっていたエスクは部屋に入り、苦しみもだえる夫を見て、どうせ仮病だろうと相手にせずカネの在りかを問い詰める。

モランのためにも自首してほしいと頼んでもエスクはまったく聞く耳もたず、お金はどこにあるのと夫を責めるばかり。
ソングクから臨津江での目撃証人を教えてもらったチェ刑事は、エスクが出てくるのを待ち構えチョ・ボンヒ殺人未遂とソ・ドンピル過失傷害で彼女を逮捕する。

お母さんが逮捕されてしまい、お父さんが瀕死の状態でベッドに横たわっていると、いったい何があったのかとモランはわけがわからず、真実を隠そうとするドンピルの前でボンヒは、オ・エスクに殺されかけたんだと教える。

スポンサーリンク

赤ん坊を見殺しにしたソ・ドンピルをずっと恨んできたミスンは、命をかけてボンヒを守ろうとしてくれた彼に感謝し、自分の思いは誤解だったと気付く。

死期を悟ったドンピルは、エスクが刑務所に入ればモランが一人になってしまうと心配し、娘を助けてほしいとミスンに託す。

優しいパパと一緒に腕を組んで歩いていると、彼を迎えにきた車はドンピル一人だけ車に乗せ、「お前は後からこい」とドンピルは扉を閉めてしまう。
お父さんがどこへ行くかも分からず追いかけても追いかけても追いつけないモラン。
怖くなって目を覚ました彼女は、パパの病室に行く。

ベッドに起き上がれるようになった父がお腹がすいたというので、ボンヒはドンピルにもらった肉まんを冷たくなってしまったけどと父に渡す。

好物の肉まんを一口食べただけでドンピルは苦しみはじめ、ボンヒは彼のために水を取りに行く。

償いをしないままあの世に逝ってしまえば、ボンヒを傷つけてしまうと苦しむドンピル。
しかし、無性にジェギュンに会いたくなった彼は、あの世に逝ってから罪を償いたいとこの世への未練を捨てる。

お父さんに水を飲ませようとしたボンヒだが、すでに何も飲むことができないドンピルは「お前を傷つけてしまって ごめんな」とボンヒの頬をさすりあの世へ旅立つ。
お父さんとお別れすることさえできなかったモランは、何も話すことができない父の体をゆさぶり号泣する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←123話     125話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ