韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ115話

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ115話

星になって輝く

今回の韓国ドラマはこちら!
星になって輝く
さっそく115話をご覧ください
星になって輝く あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ115話

10年以上も夫を騙し、殺人の罪を押しつけて来たエスク。
ドンピルにバレると今度は、あなたのためにとどめをさしてやったのよと開き直り、そのお陰でテヨンが手に入ったでしょと馬鹿げたこじつけをする。

エスクのせいで人殺しになってしまったドンピルは、積年の恨みを込め彼女の首を絞めるが、仲間割れしている場合ではないと怒って入ってきたモランは父を止め、殺人犯の娘にならないよう絶対に犯行が知られてはいけないと両親を怒鳴りつける。
二人のことが信じられないモランは、手紙を自分で処分するといってきかず、手紙を持ち出ていく。

キム・ウンヒはテヨンと広告契約を結び、両親が殺人犯と分かっても平気なモランは、最高の笑みを浮かべウンヒとの取引を進める。

GBではボンヒが出勤してこないので客も訪れず、何もすることがないミン室長は、店番なんて退屈だと時間をもてあましていると、目障りなヨングから裁断室のインテリアを変えてくれと言われ、最悪な気分。

ボンヒからコートの件を頼まれたジョンヒョンは彼女に代わってGBを訪れ、ボンソンの事故を伝える。

ボンヒの机にあるデザイン画をヨングに渡したジョンヒョンは、これでパターンを起こしてほしいと頼み、事情を知ったミン室長も最大限のサポートを約束する。

ジョンレは娘の側を片時もはなれず、あなたがいなければ生きていけないわと泣いてばかり。

病人の世話をするためには体力をつけなければとギョンジャに説得されたジョンレは、以前のように泣き暮らす弱い母になりたくないとボンヒに看病をまかせお弁当を食べにいく。
母が席を外しているときにボンソンの容態は悪化してしまい、今夜が峠だと医者は力なく伝える。

死にかけていたチョ・ジェギュンを殺し、今の裕福な生活を手に入れたエスクは、どうして私だけ責められるのかと腹を立てるが、手紙もなくなり、ボンソンももうすぐ死ぬのだから、これで悩みの種はきれいさっぱり消え去るんだと恐ろしいことは考えないようにする。

犯人の顔を知っているスンジンを連れて、男たちを見つけ出したソングクは、あっさりと二人を捕まえ警察に突き出す。
いちおうプロである警察が必死に動いても手がかりさえつかめなかったチェ刑事は、ソングクの手腕に驚く。
捕まった男たちはまったく抵抗せず、バッグを奪ったのはテヨン紡織夫人の指示だったと声をそろえて自供する。

今夜が峠と聞いたチュンジャは、清めたキムチ瓶の上に水を供えボンソンお姉さんを助けてくださいとお祈りし、仕事疲れで帰ってきたチョルボクも一生真面目に生きますからと、冷たい土の上に正座しボンソンの無事を祈る。

スポンサーリンク

夫を守るためと言っても殺人まで犯すエスクが恐ろしくてたまらないドンピルは離婚を切り出し、ドンピルを手に入れるためにすべてをかけてきたエスクは、私と別れる方法はただ一つ私を殺すことよと断固離婚に反対する。

男たちの自白でチェ刑事はエスクを逮捕し、ボンソンの殺人未遂容疑で逮捕された彼女はやっていないと必死で抵抗する。
モランは母が逮捕されても自首しようとせず、母がやった証拠があると言われると、ボンソンが意識を取り戻したのではと怖くなってくる。

冷たい土の上を歩き、何かに誘われるように闇に消えていくボンソン。
はだしの足を小さな手で洗ってくれる妹を思い出した彼女は歩みを止め、大きな目で見つめるボンヒに微笑みかける。
ボンヒに会いたくて会いたくて涙がこぼれるボンソン。

ベッドの上では、お姉ちゃんのむくんでしまった足をあたためマッサージしていたボンヒ。
大きくなった手でお姉ちゃんの足をさすり、「ステキなドレスを作ってあげるから戻ってきてよ」とボンヒはお姉ちゃんを見つめる。

大人になったボンヒに手を引かれ、家の中に入っていくボンソン。
お母さんの靴の横にはボンソン、ボンヒ、ボンヒョンの靴が並び、大好きな家族にもう一度会いたいボンソンは、意識を取り戻し、ボンヒを見つける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「星になって輝く」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←114話     116話→

星になって輝く あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「星になって輝く」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
星になって輝く KBS World

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ