韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ66話

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ66話

嵐の女

今回の韓国ドラマはこちら!
嵐の女
さっそく66話をご覧ください
嵐の女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・嵐の女・あらすじ66話

ヘビンは今回の盗撮騒動もヒョンソンの仕業かと疑うが、母と利害関係の一致している彼から犯人はミョンエ館長を妬む人と言われ、ト・ジュンテの顔が頭に浮かぶ。

トラブルメーカーのミョンエがまたしても問題を起こし、おかんむりのジュンテは、醜態が外に漏れないよう参加者の口止めをチェ秘書に指示する。

罠にはめられたと言って弁解しようが、議員夫人の悪態をついたことには変わりなく、今まで懇意にしていた夫人たちは、すべてミョンエから離れていく。

出版記念会に来ていた記者の口止めは何とかできたものの、ギャラリーの大口取引先を失ったヒョンソンは、ヘビンと協力して議員夫人たちの説得にあたる。

保険をかけていたヒョンソンの立場まで危うくなってくると、このまま二人についていて大丈夫なのかとムヨンは不安になってくる。

人生をグレードアップさせるはずが、悪態をつく下品な本性を暴露されたミョンエは、「もう何もかも終わりよ」と弱気になりデスクに顔を伏せ泣いていた。ミヨンの様子を見た来たオクジャは不気味な泣き声にミョンエを心配するが、大恥をかいたとは知られたくないミョンエはオクジャにあたり彼女を追い返す。

ミョンエの尻ぬぐいに走るヒョンソンは、キム議員やオ議員に直接電話をかけ、不正取引の実態がバレないよう厳重に処理するからと必死に説得する。
告訴すると騒いでいた財閥のお歴々方を説得することはできても、皆今後の取引に関しては手を引いてしまい、この状況がジュンテにバレたらと心配するヒョンソン夫婦。

この機にミョンエを館長から引きずり下ろしたいジュンテだが、彼を犯人だと疑っているヒョンソンは、不祥事を起こした犯人を捜すのが先決だと異議を唱える。

2年前に館長が不正事件を起こした時、二度と問題を起こさないと約束したヒョンソン。
今さら責任逃れするのかとジュンテは怒り、ヒョンソンを責める。
ヒョンソンが追い詰められると、やはり夫婦は夫婦。ヘビンは彼をかばい、ヒョンソンは事態収拾する時間がほしいとジュンテに猶予をもらう。

ギャラリー醜態事件の犯人がバレることを恐れていたヒョヌだが、兄夫婦は黒幕をジュンテだと思い込んでおり、少しは安心する。
彼はジョンイムを手助けしたボンソンを呼び出し、こんなことでジョンイムが幸せになれるはずがないと復讐をやめるようボンソンに説得を頼む。

ミョンエを陥れた犯人がジョンイムと分かっているジュンテは、自分の疑いを晴らそうとせず、ゲームを楽しむ。

KPギャラリーから展示会の催促がくると、ジョンイムは、まずヘビンの謝罪が先だと難色を示す。

スポンサーリンク

偽装事故の謝罪もせずグレースを脅迫したヘビン。
KPギャラリーを守る唯一の目玉であるグレース・ハン展を何としても実現させたいヒョンソンは、グレース・ハンに謝罪するようヘビンを説得する。

グレースたちの身辺調査からは今のところ何も使えるネタはみつからず、謝罪しか方法がないヘビンは、ヒョンソンに何とかしてほしいと甘えるが、ミョンエ館長の座を守るにはこれしか方法はないと言われ、仕方なく謝罪の覚悟を決める。

スンマンの介護をほったらかしていたミョンエは、ジュンテの怒りを静めてもらうには彼女しかいないと久しぶりに介護に現れ、1000羽鶴の手伝いをする。

夫婦でグレース・ハンに会いにきたヘビンは、悪意があったわけではなく一緒に仕事がしたかった熱意の表れだと偽装事故を謝罪する。
しかし、人に頭を下げたことのないヘビンは、化粧室で演技を練習し「仕方ないから頭を下げてあげるわ!」と悪態をついていたところを個室にいたジョンイムに聞かれていた。
嘘の涙を流し、見え透いた演技で謝罪を口にするヘビン。
話の途中でスンマンから電話がかかってきたジョンイムは、何も言わず中座し、あとのことはピーターに任せる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「嵐の女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←65話     67話→

嵐の女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「嵐の女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ