ストーブリーグ - あらすじネタバレ13話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. ストーブリーグ >

ストーブリーグ - あらすじネタバレ13話と感想レビュー

ストーブリーグ - あらすじネタバレ13話と感想レビュー

maruo
こんにちは、maruoです!
前回、誰の同意もなしに本社からの監査チームが、チフンが起こしたとされる不正行為についての調査を始めました。これには、普段あまり感情を表に出さないスンスも持っていたカバンを投げ捨てて、社長室に向かっていました。そこにいたのは、ガンソンではなくギョンミンだったことも納得いっていないようなスンスでしたが、今回も解決に導けるのでしょうか。
それでは「ストーブリーグ」13話のあらすじを紹介します。

ストーブリーグ 13話あらすじ

心当たりのないことで、別室で監査チームの調査を受けることになったチフン。調査員に不正な記事を欠かせないように接待をしたことはないかと聞かれると、俯いてしまうチフン。

社長室では、ギョンミンに、就任初日から監査を行うのは卑劣な社長だと言葉を浴びせるスンス。いくらギョンミンから理由や意見を言われても納得のできないスンスに、内部調査に切り替えてもいいとギョンミン。そうして欲しいと言うスンスに、ギョンミンはお願いしろ、頭を下げろと高圧的な態度をとる。

ギョンミンとの話し合いを終えたスンスは、チフンを調査員のもとから連れ出す。その頃、ギョンミンはフロントスタッフのところへと向かい話をし始めた。

突然、ウソクを社長特別補佐に任命すると宣言。自分はお飾りの社長ではなく、積極的に動く社長になると言う。さらには、ウソクがいたスカウトチームの欠員は、ジェヒを異動させることによって補うという。この人事異動に不服を唱えるジェヒは、スンスのもとに。

スンスがギョンミンと2人で話をしていたとき、本社からの調査を内部調査に切り替えるが、条件としてジェヒをクビにしろとギョンミンに言われていた。しかし、ジェヒはチンソン社会長の孫であり、ジェソングループの役員にも交流がある人がいるのではとスンス。ジェヒの立場を知ったギョンミンは、スカウトチームに異動させろと命令する。

一方、クラブの個室ではある野球選手が、薬物の売人からクスリの説明を受けていた。それは、アナボリックステロイドというスポーツ界で禁止薬物になっているクスリ。売人は、自分達の言う通りに使用すれば検査に引っかからないという。売人は続けて、イム・ドンギュという選手は薬漬けになっていると話す。さらには、カン・トゥギの名前も。すると、突然個室のドアが開かれ警察が飛び込んできた。

ギョンミンは、薬物使用の取り締まり強化という記事を読んでいた。そこにウソクが現れ、何か自分が興味を持ちそうな噂はないかと尋ねると、トゥギが疑われているとウソク。バイキングスに移籍してから急激に成績を上げたのが噂の発端だという。

すると、ギョンミンは誰かに、警察が薬物使用を疑っている選手のリストを手に入れるように指示を出す。スンスを呼び出すと、現在調査中だと話すスンスに嫌みを言うギョンミン。

トレーニングをしていたドンギュは、過去のことを思い出していた。夜、1人でジョギングをしていると、ファンだという男に話しかけられた。その男は、詳しい話をしないまま黒いケースをドンギュに渡す。自室に戻ったドンギュがそのケースを開けてみると、注射器と薬物が入っていたのだ。ドンギュが、入っていた注射器を手にしたその瞬間をトゥギに見られてしまう。

後日、野球協会による薬物使用調査の結果が記者会見で発表された。球団ごとに人数だけが発表されていく。結果は、バイキングスは最多の5名、ドリームズは唯一使用者がいなかった。この結果が出たにもかかわらず、トゥギを疑うギョンミン。

社長室を訪れ、トゥギについてギョンミンに説明するスンス。バイキングスに移籍したことで、投げられる球種が増えたことが、成績が上がった理由だと。噂が囁かれていたドンギュもまた潔白だったのだ。

野球協会による発表があった日の夜、トゥギはドンギュをご飯に誘った。ドンギュに堂々と生きろとトゥギ。2人で食事をした後日、ドンギュはジョンムに土下座をし、野球協会に出向いていた。協会に自ら違法賭博したことを話すと、シーズン中72試合の出場停止という処分を受けることになったドンギュ。

ドリームズでは、スンスがセヨンらを集め、話し合いを行っていた。話し合い後、セヨンはトゥギのもとへ、スンスはドンギュのもとへ向かった。ドンギュと合流したスンスは、彼に対し、ドリームズで引退したいかという質問をする。

ストーブリーグ 13話感想

maruo
ギョンミンは、吹っ切れていい人になるのかと思いきや、人を不愉快にさせる人間のままで発言する度にムカムカしてきますね。仕事ができる人や、一生懸命物事に打ち込む人のことが嫌いなのがよく伝わります。今回も、自分に従いそうもない態度のジェヒを運営チームからスカウトチームに異動させるという自分勝手な行動をしていました。
薬物使用でバタバタしていた球界でしたが、ドリームズから薬物使用者がでなくてホッとしました。そして、最後にまさかの展開で、スンスがドンギュにドリームズで引退したいかと聞いたのは驚きました。セヨンがトゥギに話をしに言っていたので、何を話したのか気になります。

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじや感想、ストーリーまとめ

ストーブリーグ画像は下記より引用しております

MY J:COMサイト

-ストーブリーグ
-, , , , , , , , ,

© 2021 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5