mine - あらすじネタバレ4話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. mine >

mine - あらすじネタバレ4話と感想レビュー

mine - あらすじネタバレ4話と感想レビュー

sami
こんにちは!samiです♪
ヒスがハジュンの実母ではないことが一部の生徒に知られ、いじめの対象となってしまったハジュン。
そのことが原因で?ヒスに冷たい態度をとるようになったハジュンは、ジャギョンとの信頼関係を深めていくのだった。
ヒスは母親の真似事をするジャギョンをよく思っていない様子。
一方、ジニは自身のパワハラ騒動が公となり、マスコミに追われてしまう・・・
そして代表取締役には、長男のジンホが任命されることに!
それでは4話のあらすじ、スタートです!!

mine 4話あらすじ

雨の中、自ら車を走らせてヒスが向かった先は、いじめっ子・ジウォンの母親のもと。
「歯が痛いんです。神経が傷ついたかも」と診断書を渡されるのだ。
「あなたの一家は何でも暴力で解決するのね」と言われたヒスは、「誰も指図してません。家庭教師の忠誠心が強いんです・・・」と答えるしかなかった。
子供たちを守るため、何をすれば良いのかヒスが尋ねると、相手の母親から「あの女には土下座して謝ってもらうわ。そして同じように仕返しする。どうしても理解できないのよ、たかが家庭教師がなぜあんなに怒るのよ。まるで母親みたいだった」と聞かされる。

その頃、ミンス執事を部屋に呼んだソヒョンは、「息子さんと弟さんもヒョウォングループで働いてるわね。ぜひ家族で長く働いて。あなたが噂の火元だと疑われでもしたら、全員が苦労する・・・明日ユヨンをクビに。口止めを忘れないで」と脅しともとれる命令を下すのだった。

帰宅したヒスは、「同じように仕返しして土下座させる」と母親から言われたことをジャギョンに伝えると、「土下座して謝ります」と答える。
それを聞いて「うちで働いてくれてる人に土下座はさせられない」とヒスが話すと、ジャギョンは「自力で何とかするので、お気になさらず」と冷静に受け答えする。

その後、ジャギョンとジヨンが庭で2人きりで会っているところを、男執事のソンテに目撃されてしまうのだ。

翌日、「スヒョクの部屋で寝たのか?」とスンへに問いただされたユヨンは、事実を認めると殴られてしまい、間一髪のところでヒスが止めに入る。
「お互いの部屋ではよく眠れるから、ダメだと知りながら交換しました」と正直に打ち明けるユヨンに、「その意味が分かる」と優しく寄り添うヒス。
しかしユヨンはメイドをクビになってしまうのだ。

ジャギョンはその頃、ジウォンの家を尋ねるが土下座を強要される。
しかし「結婚前はフローリストでしたね。過去を隠したいなら徹底的にやりなさいよ。名前を変えれば安心?あんたの息子は母親の過去を知ってる?バラそうか!」と相手の弱みにつけ込んで、脅し返すのだった。
家からの帰り道、「私の子ハジュンを抱き締めさせて、それだけでいい・・・」と誰かに話したことを思い出すジャギョン。

その夜、ミンス執事からユヨンが追い出されたことを知らされたスヒョクは、急いでユヨンを探しにシスターエマのところを訪ねる。
「彼女を連れて帰りたいんです」とスヒョクに言われ、ユヨンを呼びに行くが、すでにその場にユヨンの姿はなかった・・・
エマはその事実と共に、「捜さないほうがいい。あなたのためにも、ユヨンのためにも」とスヒョクに忠告した。

スヒョクは自宅に戻るとすぐに、ソヒョンのところに駆けつけ「僕がユヨンさんを連れ戻します」と告げるが、「アリムと婚約させる。あなたも結局この一家の男なのね。愛人が欲しい?」と反論するソヒョン。
しかし「とにかく僕は彼女を連れ戻す」と意思が固いスヒョクであった。
外の風に当たり、ユヨンとの思い出に浸っているスヒョクのところに、ソンテ執事がやって来て、ユヨンは父親の借金取りに追われていて、ここの給料で返済していたことを知らされる。

翌日、スンへが自宅の部屋を移動中、ソヒョンに呼び出されて来ていたジャギョンと目が合ってしまう。
スンへはあからさまに気まずい様子。
そのおかしな姿を後ろにいたメイドが変に感じるのだ。
すぐにそのメイドは状況をソヒョンに報告し、「庭ではジヨンとジャギョンが一緒にいるのを別のメイドが見た」と証言。
実際に2人を見たメイドを呼びつけるソヒョン。

その頃、ジンホからベーカリーの社長を解任されたことに腹を立てたジニは、ヒスの家を訪れ、大声を荒げてヒスを責め立てる。
すると「呆れた。真似をしましょうか?」とひどい言葉を並べ、ジニと同じように声を荒げるヒス。
続けて「久々の演技は疲れる・・・どうでした?」と笑顔でジニを制するのだった。
車で移動中にはチェ弁護士から、ジャギョンの調査結果の報告を受ける。
「彼女は家庭教師として、愛着と責任感は格別」と言われたヒスは、ジャギョンを警戒し、運転手に「私の行動について聞かれたらまず報告を!」と依頼する。
「住所を教えたでしょ?」とヒスは運転手に尋ねるが、教えてないと言うのだ。
ジャギョンは「ジウォンの家の住所は運転手に聞いた」と言っていたのに・・・

一方のスヒョクはユヨンの家を探し訪れるが、弟に「姉はいない」と言われてしまう。
そんな中、ヒスが企画した展示会が開かれ、シスターエマやハジュン、ジヨンも訪れる。
展示会の場には当たり前のようにジャギョンの姿も。
偶然、ジヨンとジャギョンが2人でいるところを会場にやって来たソヒョンに見られてしまう。
ヒスが挨拶回りをしている間、抜け出したジヨンとジャギョンは人目につかない場所でキスを交わす。
”狭き門”という題名の絵を見たヒスは、スヒョクに電話をかけ、シスターエマに聞いたユヨンの居場所を教える。
「心のままに動いて」とアドバイスもするのだ。

展示会から帰宅したシスターエマは、ジャギョンがどうしても引っかかる様子。
富裕層が立ち上げたタウム財団を後援する12人の集まりがイルシン会と呼ばれ、その会員の名簿にはイ・ヘジンという名前が・・・
ジャギョンの正体はイ・ヘジンであると見抜くのだった。

その夜、スヒョクはユヨンが働くファーストフード店を訪れるが、ユヨンは相手にしない。
閉店まで待っていたスヒョクは、いつの間にか席で眠ってしまう。
店内の掃除をしていたユヨンは、隣の座席に座り「私にもプライドがあるし、不愉快にもなる。私たちにも感情はあるの。稼げる職場だったのに諦めきれない」とつい本音で呟いてしまう。
すると「だから戻ろう。邪魔しないから戻って来て。君を連れ戻すと母に言ってある。戻ってくれないならここに居座る」と強気な姿勢のスヒョク。
実は寝たふりをしていただけだったのだ。

そんな中、ジヨンとハジュンはプールで遊んでおり、その様子を微笑ましく見つめているジャギョン。
ヒスは遊びをやめさせて、ジャギョンを呼び出す。
「ここを離れて。あなたが辞めるのがお互いのためだわ」と話すヒスに対して、「感情的なのが理由で?」とジャギョンが言い返すと、「不安になるの。気に障る」と正直に答えるヒス。
ジャギョンは仕方なく受け入れることに・・・

その後寝室で、ジヨンにハジュンの生みの親について尋ねるヒスは、「乗馬の先生だった」と聞かされる。
するとヒスは「カン先生と何を話したのか?」とジヨンに聞かれると、「彼女は度を越してる、非常識な時がある。ハジュンとの仲を裂かれた気分だから辞めてと頼んだ」と話すが、不服そうなジヨンは寝室から出て行ってしまう。

時を同じくして、説得されたユヨンはスヒョクと共にヒョウォン家に戻ることに。
翌朝、「仕事には戻るけど、私には関わらないでください。私たちは住む世界が違うんです」とスヒョクに約束させるユヨン。
スヒョクは自宅に戻るとすぐに、「彼女には手を出さないであげて。無視するなら僕は婚約しない。それからここで働く人を2度と殴らないで」とスンへに頼み込む。

その頃ヒスは、ハジュンにジャギョンを追い出した件について責められてしまう。
「先生は僕のせいで怪我をした。馬から落ちた僕を守ってくれた。そんな先生を何で懲らしめるの?」と。
乗馬場の防犯カメラを確認すると、確かに上手に馬を乗りこなすジャギョンの姿が映っていた。
過去のジャギョンの言動から何かしら勘付いたヒスは、部屋で出ていく準備をしていたジャギョンに「行かないで」と言いながら肩を揺さぶって止める。
ソヒョンはというと、「ジャギョンさんとは顔見知りで?」と直球の質問をスンへにぶつけるのだった。

mine 4話感想

sami
今回で、ジャギョンがやはりハジュンの実母であることが判明しました・・・
想像通りの展開でしたが、ジヨンと熱いキスを交わしていたのは衝撃的でしたね。笑
疑問が残るとすれば、”ハジュンに会いたい、そばにいたい”という親心は理解できるものの、なぜ偶然にもヒョウォン家に潜入することができたのかということ。
ジャギョンを採用したのは、ソヒョンでしたが、ソヒョンにも何らかの策略があるのでしょうか?
また、スヒョクはユヨンを連れ戻すために奔走していました。
最初はユヨンへの気持ちを封じ込めていましたが、好きになってしまったのでしょう。
2人が恋人同士になるのかも気になるところです!

徐々にそれぞれの家庭が崩壊してきました・・・。
今後物語はどのような展開になっていくのでしょうか?
次回のあらすじ更新もお楽しみに〜♪

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

mine画像は公式サイトより引用しております

TVING

-mine
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5