不滅の恋人 - あらすじネタバレ17話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 不滅の恋人 >

不滅の恋人 - あらすじネタバレ17話と感想レビュー

不滅の恋人 - あらすじネタバレ17話と感想レビュー

sami
こんにちは!samiです♪
前回のお話では、ガンに毒を盛っていた犯人はヤンアン大君であることが判明しましたね。
ガンの側近として、ずっとそばで支えてきた伯父様の仕業だったとは・・・
ヤンアン大君にとっては上王の存在が、ガンの王位に悪影響をもたらすと考えたのでしょう。
またフィとジャヒョンらが身を隠しているお寺の存在が、ついにガンの手下にバレてしまいます。
17話ではどのようにお話が進んでいくのでしょうか?

不滅の恋人 17話あらすじ

お寺には、ジャヒョンの母親と兄のドゥクシク、クッタンが訪ねて来る。
母親はフィの顔を久しぶりに見て、苦労が尽きないと心配する。
フィは「苦労をした分、ジャヒョンへの想いや大切さが増した」と話す。
ジャヒョンも「今が十分幸せ」と母親に伝えるのであった。

クッタンとドゥクシクは、部屋の外で、フィとジャヒョンの関係について口論になっている。
クッタンはドゥクシクに「あなたは、命賭けの恋愛はできない」と断言すると、ドゥクシクは躍起になって、クッタンに自分の想いを伝えようとする。
しかしそこにルシゲが割り込んできて、結局クッタンに告白できないまま・・・
女真族が都に来ており、ガンがそのうちの1人を始末にしたせいで、宮殿は大騒ぎになっていると話すのであった。

宮殿では、女真族が使う使節団の部屋を捜索している。
書状がないか確かめているのだ。
ガンは大王大妃に呼ばれ、使節の1人をあやめたことを怒られている。
対するガンは、フィが捕虜として捕まったことの復讐だとして反省の色を見せない。
君主の自分を見下しているとも。
「心を静め、考え直しなさい」と説教されるガンなのであった。

ガンの手下は、女真族の部屋に密書は存在しなかったと報告。
よって、裏取引はなかったことにするというのだ。
そして女真族の攻撃に備えるよう、兵を配備するよう命令する。
その場にいたウルンは、ジャヒョンが山寺にいることも伝える。
ガンは自分がその寺に出向くつもりのようだ。

その頃、ジョングクは兵の格好をしたフィとルシゲを引き連れ、女真族の使節団を訪ねる。
フィは過去の捕虜時代のことは水に流し、我々と手を組む機会を与えると提案。
「領土を渡す代わりに、農業を教え、交易を再開し、交流を盛んにすることで共に生きる道を探そう」と。
女真族は判断を迫られている。
結果、彼らはフィに、ガンの罪を暴く密書を手渡すのであった。

ガン一行はジャヒョンが身を隠す山寺へと向かっている。
フィとルシゲは宮殿から戻る帰り道、偶然ガンの姿を目撃したのだ。
回り道をして急いでお寺へ戻り、ジャヒョンやキトゥクにガンが来ていることを伝える。
話し合いの結果、ジャヒョンとルシゲが寺へ残り、フィたちは逃げることに。
そこにガンがやって来た。
ジャヒョンはガンを部屋に通し、お茶を入れる。
「ガンの命を狙った罪人なのに、どうして私を殺さなかったのか」と尋ねる。
あの世でフィと一緒になり、自分だけ残されるからだと答えるガン。
そしてジャヒョンは何を考えたか、自分を王妃にして欲しいと頼む。
王妃にできないのであれば、私を諦めて欲しいとも・・・
ガンは動揺を隠せない様子。

フィ一行は寺から逃げるために、山を下っていたがフィだけはジャヒョンを心配し、お寺に戻る。
キトゥクや上王は妓楼へ到着。
ヨギョンが協力してくれるのであった。

ジャヒョンはというと、ガンの計らいで自宅へ戻れることに。
ガンはジャヒョンの「王妃になりたい」という言葉に疑問を感じているが、嬉しくもあるようだ。
ナギョムがガンの帰りを待っているところに、ちょうどガンは帰宅した。
話があるというナギョムであったが、実は懐妊したという。
しかしその話も実は嘘。
ナギョムの策略だったのだ・・・

フィは見張りの隙をついて、ジャヒョンの部屋に潜入する。
フィはジャヒョンが心配でならなかったのだ。
ジャヒョンは「全てが変わってしまったが、フィへの想いは変わらない」と伝える。
対するフィは「ジャヒョンと夫婦になり、その日が来ればずっと一緒にいられる」と話す。
その頃ナギョムは、大王大妃のところへ懐妊したと報告へ来ている。

フィは妓楼へ行き、キトゥクや臣下たちと合流。
女真族から預かった密書をどうするのか話し合っているのだ。
密書を武器にして、ガンの取り巻きを潰す作戦に出るのだ。

ヨギョンは宮殿に呼ばれ、ガンの手下(ナギョムの兄)と話している。
どうやら都を離れることを決意したようだ。
妓楼も売りに出したとのこと。
そしてヤンアン大君の家には幼い子どもがいると手下に教える。

その手下はジョングクにも噂の真相を確かめる。
もしかしたら上王をかくまっているのかもしれないと、手下に吹き込むジョングク。
上王を見つけて、王様に報告すれば役職を手に入れられると伝え、うまく抱き込むのであった。
ヨギョンとジョングクは、見事に引っかかったとフィへ報告する。

早速、ジョングクとナギョムの兄はヤンアン大君の屋敷を訪ねる。
男の子がいると通報があり、屋敷を調べるというのだ。
「いた!」という声を頼りに屋敷を走り回るナギョムの兄。
そこにはフィに連れられた上王の姿があったが、すぐに逃げてしまう。
結局上王を捕まえられずにいるのだ。
ヤンアン大君は、ジョングクを不審に思っている。
誰の命令で動いているのかと・・・
するとジョングクは、「この国の忠実な臣下として務めを果たしているだけ」と答えるのであった。
そこにナギョムの兄がやって来る。
そしてジョングクが、書状を手に持ち、部屋から出てくるのであった。
その書状とは、女真族との密書・・・

ナギョムの兄は、上王をかくまっていたこと、裏取引の密書の存在をガンへ報告。
上王を育てて、復位させる気であったと。
ガンは早速、ヤンアン大君を宮殿へ呼び、事情聴取。
大君は一連の出来事を否定し、自分を踏みにじるのかと言って反論する。
しかしガンは、「伯父様は無用」と言ってウルンに連れ去るよう命令する。

連れ去った先には、ジョングクとフィが待っていた。
ヤンアン大君はフィの顔を見て、驚いている。
「生きていたとは」と・・・
ジョングクは、「ガンが手配した毒薬で死ぬか、ト・ヨンスの息子に斬られて死ぬか」と大君に尋ねる。
そして、ジョングクに斬られ命を落とすのであった。

不滅の恋人 17話感想

sami
ついにフィの作戦が開始されましたね!
まずは打倒ヤンアン大君でしたが、巧妙な作戦を練っており、フィの頭の良さを実感する回となりました。
ヤンアン大君にとっては、「何の話だ」と思うことばかりだったと思いますが、その分フィに対しても散々な仕打ちをしてきましからね・・・
「ガンの犬どもを始末する」とフィは意気込んでいましたから、これから逆襲が始まっていくのでしょうね!

ジャヒョンもこれまでとは違い、辛い経験を乗り越え、一段と強くなりました。
今ではフィの想い人であり、立派な同志ですよね!

フィの仕返しが少しずつ始まり、ちょっとだけスッキリしているsamiなのでした!笑
次回のあらすじ更新もお楽しみに〜♪

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

不滅の恋人画像は公式サイトより引用しております

「不滅の恋人」公式サイト

-不滅の恋人
-, , , , , ,

© 2021 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5