韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ89話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく89話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ89話

ドチ夫婦はジウォンが言い逃れできないようにコピー業者のチェを証人として連れてきた。

彼は会ったこともないホン・ジウォンを指さし、彼女の指示だと偽証する。

ジウォンに流出を指示したヘジュは、母を守ろうとせず、デザイン流出がドチの落ち度でないと分かると、ク会長はドチ夫婦の処分をいったん保留する。

ホン・ジウォンは、個人財産で会社の損害金を賠償するとまで食い下がるが、会長は、人を陥れることしか能のない妻にほとほと呆れ、家から出ていけと怒鳴る。

ジウォンが会社にいる間にチェ・ミヒを自宅に向かわせたヘジュは、母の荷物を放り出すよう彼女に指示していた。

ヨリ夫婦は、今回の事件がホン・ジウォン一人ではできないことだと考え、デザイン流出経路を調査する。

ホン・ジウォンが帰宅したときには、チェ・ミヒが屋敷に上がり込んでおり、自分の荷物は梱包され、放り出される寸前だった。

「誰の許可を得て他人の家に上がり込んだのよ!」とジウォンがわめくと、実母の味方になったヘジュは「私の家に私の本当の母を連れてきただけよ」とジウォンをバカにする。

会長夫人が追い出されそうになると、家政婦のほうが驚き、ク・ドチに助けを求める。

もっと早くに実母に会っていればカヤを救うことができた。

ヘジュは、子どもを失った苦しみが分かるなら家を出ていってとジウォンに迫り、カヤが原因だと言われるとジウォンもおとなしく従い、しばらくは身を潜めていると約束する。

ヘジュのことを他人だと思ったことは一度もないと情に訴えると、写真立ての後ろに隠してあった赤ちゃんの写真を見つけたミヒは、「ジウォンは、我が子の代わりにヘジュを育てただけだ」とヘジュの怒りをあおり二人の仲を裂く。

実子が見つかればジウォンに捨てられると言われたヘジュは、心を鬼にして母を屋敷から追い出す。

ヘジュを捨てたまま見向きもしなかったチェ・ミヒが、30年たった今なぜ戻ってきたのか。

ホン・ジウォンは、彼女の弱点を突こうと身辺調査し、チェ・ミヒの婚約破談話が判明する。

家政婦に呼ばれたドチが家に戻ると、玄関前でヘジュとジウォン、そしてアンジェラ・チェが争っていた。

ホン・ジウォンを追い出したアンジェラ・チェは、ヘジュの肩を抱き「目的のためには痛手はつきものよ」慰め、家の中に入っていった。

スポンサーリンク

車の中から一部始終を見ていたドチ夫婦は、アンジェラ・チェがヘジュの実母と知り、すべてはヘジュが仕組んだことだったのかと呆れる。

ソン・ジュホの記憶は完全には戻ってはいなかったが、ジウォンが子どもを捨てた場所とジュホがヨリを拾った場所は同じだと思い出す。

やけどを負わせ凍死させてしまったというホン・ジウォンの娘のように、ヨリの肩にも大きなヤケドの痕があり、否定しようとすれはするほど嫌な考えが頭に浮かんでくる。

ムヨルが帰宅したころには書斎は空となり、ホン・ジウォンは本当に追い出されていた。

カヤを死なせた恨みがあるとしても、あれほど仲が良く30年も育ててくれた母親をどうして追い出すのか。

ムヨルは、ヘジュが内密に雇っていた男に会い、彼女が指示したことを聞き出すと、ソン・ヨリとホン・ジウォンが親子だと確信する。

ドチチームのコラボ商品が販売されないことになり、ヘジュの商品は好調に売り上げを伸ばす。

おかげでウィドファッションの株価も上昇し、イメージ回復に大きな貢献をする。

後継者を決めてほしいと催促されたク会長は、ドチ夫婦を呼びヘジュを後継者にすると宣言するが、デザイン流出の経路をつかんだヨリは、ヘジュがアンジェラ・チェとホン・ジウォンを使って流出させたと訴え、実行犯のヨルメを会長室に入れる。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←88話     90話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ