韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ71話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく71話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ71話

カヤの病気のためにボムを養子にした。

ホン・ジウォンの狙いを知ったヨリは興奮し、後先考えずにジウォンのところへ行こうとするが、マルリョンは「問い詰めたからといってホン・ジウォンが認めるわけはない、動かぬ証拠を見つけない限り、同じことを繰り返すだけだ」とヨリを思いとどまらせる。

マヤがク家に戻ってくると、ホン・ジウォンは頭のてっぺんから出るような裏返った声で彼女を歓迎し、今まで厳しくしたのは、理由があってのことだったと無茶な言い訳をする。

父の1度目の結婚は2年で破局を迎え、2度目の妻であるホン・ジウォンと結婚する前にヘジュは生まれている。

実母の存在に気付いたヘジュは、「こんな大事なことを私に黙っているなんて」とムヨルとケンカし、母がどうして隠していたのか、本人に確認しにいく。

実母の件がバレれば、ビルがもらえなくなる。

ムヨルはヘジュの車をおいかけ説得しようとするが、興奮した妻は手に負えず、ホン・ジウォンにバレてしまう。

大好きなママが他人だったと知ると、ヘジュは気が狂ったように暴れ、母乳を飲ませ30年間ヘジュを育ててきたジウォンは、あなたのことを他人だと思ったことは一度もないとヘジュに訴える。

ビルを譲るという件は白紙に戻り、ムヨルはジウォンに引っぱたかれ、役立たずだと罵られる。

カヤがよく鼻血を出し倒れる姿は亡くなったヘソンに似ている。

ヨリは、マヤも自分と同じように人質目的で養子にされたと気付き、ク家の主治医であるキム医師に話を聞こうとするが、彼は診療を終え、帰宅したあとだった。

翌朝、キム医師が出勤してくるのを待ち伏せたドチは、彼が兄に睡眠薬投与した証拠映像で脅し、マヤが養子になった経緯を聞き出す。

カヤの妹マヤが亡くなったとき、キム医師はホン・ジウォンが連れてきた子どもの骨髄検査をした。

子どもの骨髄はカヤと適合し、ホン・ジウォンは、その子を死んだマヤの代わりとして養子にした。

キム医師の証言を手に入れたヨリは、一刻も早くマヤを助けようと診察室を出ると、ちょうど廊下を歩いていたホン・ジウォンを発見する。

足早にク・ドヨンの病室に入っていった彼女は、ヘジュの件で夫ともめていた。

ヘジュに実母がいることを知られてしまったジウォンは、「あの子のためならなんだってしたのに」とカヤを助けるためにマヤを養子にしたと口走る。

扉が開き、ヨリに聞かれてしまったジウォンは、夫婦の問題だと言ってシラを切ろうとするが、ヨリは「証人までいる」と言ってキム医師の証言を会長の前で聞かせる。

マヤを連れ戻そうとヨリが飛び出していくと、ジウォンはムヨルに電話をかけ、マヤを絶対に奪われてはならないと彼を脅す。

スポンサーリンク

ヨリよりも先に学校に着いたムヨルは、ママは来られないと嘘をつきマヤを連れていこうとするが、ヨリカップルがおいつき、マヤを奪われてしまう。

子どもの前で争う姿を見せたくないヨリは、マヤをドチに預けてムヨルと二人だけで話をする。

マヤが養子にされた理由を知っておきながら、ホン・ジウォンに差し出したムヨル。

マヤにとっては優しい父親だからと大目にみていたヨリは、娘を生け贄にするなんて獣にも劣るとムヨルをひっぱたき、あなたには父親の資格はないとマヤを連れていく。

マヤの周りがこんな大変なことになっていると夢にも思わないヘジュは、無断欠勤したヨリに呆れ、「今後、連絡もなく仕事を休むような人間はやる気がないと見なす」と部下に言い渡す。

そこへ、学校の先生から電話があり、マヤの件ではなく、カヤが倒れたと言われ、仕事を投げ出し学校に向かう。

マヤを奪われ呆然と立ち尽くしていたムヨルは、カヤが倒れたと聞き保健室に急ぐ。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←70話     72話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ