韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ62話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく62話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ62話

意識を取り戻した義父にあいさつにいったムヨルは、ヘジュの実母がジウォンでないと知り、他に母親がいるのかと驚く。

電話の相手が故意に切ったのか、その後まったく通じなくなり、何度も無駄な努力をするマルリョンに、「番号が分かれば住所は見つけられるよ」と元刑事のギドンが教える。

生き別れた家族の再会みたいに抱き合って喜ぶヨリ、マヤを見て、エノクは心臓がはち切れそうになり、ムヨルが帰ってくる前に出ていったほうがいいとヨリを急かせる。

しかし、店の留守番を頼んでいるオリバーから、商店街の水漏れ工事に店主の印鑑が必要だと言われ、どうしても店に行かなければならなくなったエノクは、術後のマヤを連れ出すわけにもいかず、仕方なくヨリに預ける。

ヨリが実家に来てると聞いたムヨルは、急いで実家に戻り、マヤに気づかれないようヨリを追い返す。

養子だと知ったマヤから悩みを打ち明けられたヨリは、子どもなりにマヤは苦しんでいるのだとムヨルに伝えるが、おどおどしっぱなしの彼は「俺の娘の傷は俺が癒やす。俺のマヤに構わないでくれ」と取り付く島もなくヨリを追い返す。

ドチが家に帰ると、ジウォンは明かりの消えた部屋で兄の傍らに立っていた。

彼女がまた危害を加えるのではと心配したドチは、ドヨンが寝ている書斎に警備を立ててジウォンを監視しようとする。

翌朝にはク・ドヨンはベッドにおらず夫婦の寝室にいた。

唯一記憶のあるホン秘書の言葉を信じたドヨンは、彼女の言いなりになり、「ヨリは復讐しにきた女 ドチはあなたの座を狙っているのよ」と言われ、ホン秘書の言葉を鵜呑みにする。

人の手配が間に合わず、わずかな時間でもホン・ジウォンに兄を預けておくのは危険だと感じたドチは、義父ギドンに兄を見てほしいと留守番を頼む。

口の堅い家政婦を呼び戻したジウォンは、夫に誰も近づけてはいけないと念を押し出勤しようとするが、ちょうど開いていた扉から入ってきたマルリョン夫婦は、娘婿に頼まれたと言ってドヨンの保護にやってきた。

出勤前の慌ただしいときに、二人に構っていられないジウォンは仕方なく二人を置いて出勤する。

ヘジュの母親がジウォンでなければ、いったい誰なのか。

ムヨルは、内密にク・ドヨンの婚姻関係を調べる。

友達のパク刑事に電話番号を調べてもらうと、昨日子どもからかかってきた電話は、ソウルの木洞だと住所が判明する。

ヨリが仕事中で電話がつながらず、ギドンは一刻も早く知らせたいとク・ドチに木洞の住所を送る。

ク・ドヨン会長の最初の妻は、長官の娘チェ・ミヒだった。

ジウォンと会長の婚姻届は、ヘジュの誕生から1年後に出されており、ムヨルはジウォンの秘密を握る。

心が決まったムヨルは、ホン・ジウォンを利用して社長の座に就こうと計画を立て、実母でないことをヘジュにバラしてもいいのかと脅し、ジウォンの持ち株20%を要求する。

トレンドに着目してデザインを考えるべきというヨリと、ウィドファッションは独自路線で突き進むべきだというヘジュ。

スポンサーリンク

上司であるヘジュは、ヨリの意見など握り潰すが、彼女のデザインが内部審査で1位を取ってしまい、完全無視というわけにもいかない。

会議が終わり、やっと電話に出られたヨリは、本部長室に行き、ドチに少女の住所を聞く。

“ソウル木洞 樹木マンション 306棟 1002号室”

ここは間違いなく、昨夜マヤに言われて行ったムヨルの家。

あの家にマヤ以外にも女の子がいるのかとヨルメに確認するが、誰も家に入れたことはないという。

ク家の養子であるマヤがボムなのか。

ヨリは、自分の目で確かめようと木洞に急ぐ。

ヨリが真っ青な顔をして木洞の住所を確認したと聞き、ムヨルはマヤのことがバレたのではと思い、仕事をほって実家に急ぐ。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←61話     63話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー