韓国ドラマ・キレイな男・あらすじ14話

キレイな男

今回の韓国ドラマはこちら!
キレイな男
さっそく14話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、キレイな男・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・キレイな男・あらすじ14話

自分のことを我が子と言ったホンナンの口から、信じられない冷淡な言葉が。
未練も後悔もない、謝る気もなければ今までの態度を改める気もない、
実母の自分に何も期待するな、ユラがいくら画策しようが私そのものがMG、
何をされてもびくともしない。

マテの実父は彼同様、魅力的な顔立ちに天使の笑顔、
財閥の娘と知って近づき、ホンナンの人生をボロボロにして去っていった。
ホンナンはマテに2つの選択肢を与える。
生活は保障するから国外に行くか、地獄で苦しむより永遠に消えろ。

マテを見張る女がいた。店から出てきた、ふらふらのマテを見かね、運転を変わる。
放心状態のマテは彼女の問いかけに何も答えない。

ユラに会って、事実を突き付けたマテ、キソクの息子でないと判明し、
今度は自分を攻撃するのか。
悪びれもなくユラは自分の目標どうり計画を進めると言う。

女はホンナンとマテの会話を盗聴、隠し撮りしていたが、
ホンナン自身、秘密を打ち明けたのでこのデータが利用価値がないとぼやく。
だが妙に、捨てられた息子マテのことが気になる。

ホンナンは懐中時計を手に取り、じっと見つめ・・・ゴミ箱に投げ入れた。
妻の様子を見ていたキソクは、彼女がマテに会ったと気づく。
自分達夫婦が背負うべき運命を今収拾しようと言うキソク、
だがホンナンに彼の気持ちは伝わらない。
我が子を自分の女、ミスクに育てさせたキソクが憎い。

母の遺影に語りかけるマテ、涙を浮かべ苦しみをこらえて、
ミスクが母ではなく、ホンナン副会長が自分を産んだとボトンに打ち明ける。

ユラはムンスにホンナンの息子、トッコ・マテの存在を明かし、
チェ・ジュナをこちらの味方に率いれるべきだと強要する。

ムンスに呼び出されるジュナ。
一緒に父さんを守ろうと言われるが、MGとかかわりあいたくないジュナは、
株でもなんでも譲ると言う。
MGの特権を手に入れるべきだと言われても
「個人的感情で仕事をするようなMGに行きたくない、
成長途中の会社だが普通社の方がよっぽど健全だ」と、言い返す。

ホンナンは箱を開ける、中にはマテからの懐中時計と答えを書いた紙。
「何日間も悩んだが提案は2つとも受け入れられない、
罪もないのに追い出される理由はない。提案2は聞かなかったことに、
自分の存在が疎ましいと解釈し懐中時計はお返しします。
育ての母、ミスクの形見だが、それよりもあなたとの縁を着る方が重要。」
ホンナンは鋭い目に涙をこらえ、手紙を引きちぎる。

ダビデはマテの指示を意欲的にこなし、着々とブランド戦略は進む。
ミョミにかわるモデルが必要な今、マテ自身がモデルになることを提案。
並みの芸能人より知名度が高く、ミョミ、グィジを虜にした男、
コンセプト”青春”のイメージにぴったりだと言うのだ。
息のあった二人、いまさらのようにダビデの入社動機を聞くと、
「それは 社長が気に入ったから。」ダビデとマテの信頼は深まっていく。

SSホームショッピング取締役会。
あいかわらず敵視されている役員を前に、
「1年契約の社長 成果をだせなければ辞任します。」と切れ込むマテ。

SSの今年度、事業計画。
他社との差別化はブランド通販、契約は締結済み、国内展開は当社初、
MGに勝つ為には戦略差別化が重要、今後1年間は私のやり方に従ってもらいます。
と強気なマテに役員も彼を見直す。

ボトンはダビデがちゃんと家の中に住んでいるか確認しにきた。
壁にはボトンの巨大写真。ちょっと恥ずかしい。
ダビデの気持ちは嬉しいけれど、マテを追いかける気持ちは止められない、
このまま前に進み続けるとダビデに宣言。
諦めきれないダビデは、
「愛すべき時に愛すべき人に出会えるのは、”まれ”なこと」そして不可能
ではなく”まれ” だから奇跡を信じてボトンを待つ。

キソクはマテを食事に誘う。
彼はホンナンを愛し彼女を守る為、自分を一途に思ってくれたミスクにマテを託した。
未婚のミスクに子供を預けた事を後悔し、他の人に託そうとしたが、
ミスクのマテを思う深い愛情に負け、そのまま育ててもらう。
「合言葉はマテの幸せの為に必要なもの。」
合言葉の意味はわからないが、今諦めてはミスクの思いが報われない。
「合言葉を必ず見つけて欲しい。」と頼むキソク。

ムンスはアウトドアの立ち退きを白紙に戻した。
MGはホンナンの実家、ナ家の会社である。
代表といえど我が物顔するなと怒るホンナンに「ビジネスは仕返しの場ではない。」
と、母に初めて意見を言うムンス。
ムンスは義母が実子まで捨てたと聞き、母に好かれない気弱な息子から脱着、
自信を持って仕事に取り組む。

ボトンはマテを元気づけようとスケートに連れてきた。
まったく滑れないボトンにマテは手をさしのべ、両手でその手を捕まえるボトン。
「今は氷の上だから滑るし寒いけど立ち尽くしてちゃダメ。
通りすぎなきゃ。靴だところんじゃうから、スケートで滑りましょ?
私がスケート靴になってあげる」と、いつも自分を心配し心に響く言葉を言ってくれるボトン。

スケートに誘っておきながら自分はヨチヨチ滑り、
それでも必死にマテに近づくその姿を見て、マテは自分の気持ちにやっと気がつく。
「愛は、笑顔にさせる、お前を見ると笑顔になる。これが愛か」
「そこでまってろ」と言ってボトンに近づき、彼女を抱き寄せる。

ユラはジュナを味方につけようと必死。
今は愛にかまう時ではなく、MGの経営を担う時。
だがユラの言う事など聞くジュナではない、ユラを無視し帰ろうとすると
「あなたの愛は絶対に成就しない、なぜならマテを愛するボトンがマテの合言葉だから。」
と言い放つ。。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「キレイな男」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←13話     15話→

キレイな男・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ