韓国ドラマ・君を守る恋・あらすじ
7話

君を守る恋

今回の韓国ドラマはこちら!
君を守る恋
さっそく7話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから

【スポンサードリンク】

君を守る恋・前回の感想

少しずつ記憶が戻りそうな気配です。
死んでもシオンを守る幽霊。。泣ける。
けど・・・幽霊は怖い。笑
ゴヌも徐々にシオンを意識し始めましたね!これからの展開に注目です。

それでは、↓君を守る恋・あらすじです↓

韓国ドラマ・君を守る恋・あらすじ7話

2007年7月22日仁川港(インチョン)の事件ファイルを見たいと局長に頼むシオン。
だが監察局の許可がないと閲覧できない特別な資料の為、局長でも見る事が出来ない。
  
6年前の事件を調べる為、関係者を探すシオン。

干しダラ食堂のおじさんは以前、先輩カン刑事を探しに来て彼に会った事があるのだが
依然カン・ウチョルは行方不明と言う。
事件現場に一番最初にかけつけたカンに何としても会いたいシオン。

ヒビンのところへ現れた男の幽霊は、彼女とは会話する事が出来た。
研修所でシオンを襲った男の車両ナンバーを彼女に教え、シオンに伝えてほしいと言うのだ。
人間界と霊界が交わる事はダメだと言いながら、条件次第で考えてもいいと賄賂を匂わすヒビン。

シオンが帰ると、食堂に隠れていたカンが出てきた。病気を患い弱りきった姿。
必死で自分を探しに来るシオンを気の毒に思うが、隠れている理由さえ話せないと言う。

ヒビンが占い師とわかり、スッカリ気を落とすソンチャン。
ゴヌに「人は見かけで判断するな」と勇気をもらい、今までバカだと思っていた彼の印象が変わる。

シオンをカフェに呼び出し、幽霊男に頼まれた車両ナンバーの照会を、
口実をつけてシオンに頼み込むヒビン。ちゃっかりコーヒー代はシオンに払わせる。笑

研修所付近、洪川(ホンチョン)の道路カメラ映像を同僚に頼み入手するゴヌ。
一人、地道に事件の手がかりを見つけようと奔走していた。

干しダラ食堂にいるカンの病状は悪化、喀血する程になっていた。
シオンに会い心の重荷を下ろしたい彼は、箪笥の奥に隠していた鞄から
イ・ヒョンジュンの警察証を取り出す。

行方不明のカンから直接電話がかかり急いで署を出るシオン。
心配したゴヌが後を追い、彼の運転で待ち合わせ場所に向かう。
とうとう現れたカン・ウチョル。
青信号、カンが横断歩道を渡りシオンも近づく。
そこへ猛スピードで突っ込む車・・・ゴヌが体当たりでシオンを助け、カンはひき逃げされる。

さすがゴヌ。車両ナンバー 57夕8639をすぐに控えて、逃走車両捜索を要請する。

集中治療室、呼吸器に繋がれたカン・ウチョルは何とか一命はとりとめた。

一安心。シオンを送って来たゴヌの額から血がでていた。
必死でシオンを庇ったゴヌは自分が怪我している事も気づかなかった。
シオンに手当され気恥ずかしゴヌ、額に絆創膏を貼ろうと彼女の顔が近づき、
ゴヌの心臓は破裂しそうに・・・(^O^)笑

シオン達が帰った後、カン・ウチョルの病室に不審者が入る。
そして、呼吸器を外しカンの息の根を止める。
医者がすぐ駆けつけたが、カンは亡くなっていた。

自分が事件を蒸し返したせいでカン先輩が殺されたと、
今まで調べた資料を全て燃やし号泣するシオン。
そんな彼女の苦しみが、痛いほどわかるゴヌ。

シオンが机に置きっぱなしにしていたヒビンから頼まれた車両ナンバーが書かれたメモ。
それはカン先輩ひき逃げ車両の番号と同じ。
しかも研修所周辺の道路カメラに、その車両は映っていた!

どこであの番号を手に入れたのかヒビンに問いただすシオン。
幽霊に頼まれたとは言えず嘘を貫き通す。
その場にいた幽霊に怒るヒビン、シオンとの関係を聞かれ幽霊は「愛する人」と答える。

シオンが帰宅すると玄関の鍵があいていた。ほうきを片手に男に殴りかかる。
「待ってくれ~」ゴヌだった。
危ない危ない(^_^;)

何度も襲われているシオンを心配して、防犯カメラを設置しに来たゴヌ。
彼まで危険にさらしたくないシオンは、かかわらないでほしいとゴヌを追い返す。
ツンデレかって。笑

仁川港事件のファイルを見るウンシク。肝心なところで画像が乱れ、データが見れない。
幽霊がムンシクを見張っている。

無事車両ナンバーをシオンに届けたヒビンに、幽霊男は大サービス。
中年女が入ってきた。幽霊の力を借り占うヒビン。
100%占いが的中した女は気を良くし大金を払って帰る。

干しダラ食堂の店主から、シオンにカンの遺品が届いた。
イ・ヒョンジュン(幽霊?)の警察証。
番号からヒョンジュンを調べようとするが、データがブロックされており閲覧できない。

取り調べ官の言葉を思い出すシオン
「2007年7月22日 現場に男の刑事二人が乗り込み1人が変死体でみつかった」

『男の刑事・・・2人?』

事件の詳細を調べようと文書保管庫に来たシオン。
そこには既に資料を探すムンシクがいた。
ファイルから、張り込み記録を調べるムンシク。

7月22日、イ・ヒョンジュン、チェ・ムンシク。

ムンシクは自分の名前が書かれている資料をちぎり持ち出す。

シオンの前に幽霊男があらわれ、彼女の行く手を阻む。
通路の済に追いやられ、その間にムンシクは通り過ぎる。
彼はシオンの存在に気づいていない。
だが、何かの気配を感じたムンシクは保管庫の扉を「カチャ」とならし、また戻ってきた。
シオンにムンシクの足音が迫る。。

元彼ヒョンジュンが本格的に出始めましたね!
もちろん、記憶を失ったままのシオンは、幽霊(ヒョンジュン)が誰なのか気づいていません。
早く思い出してほしいような、そうでないような・・・

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「君を守る恋」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←6話     8話→

君を守る恋・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ