韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ102話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく102話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ102話

事の重大さを分かっていなかったミンジュは、母の逮捕に驚きファン家に助けを求める。

嫁の母親が不同意堕胎罪で拘束など恥ずかしいとホン女史は嘆き、当然の成り行きに「ろくでもない相手ばかり選ぶからこんなことになるのよ。」と投げやりな女史。

体面を気にする女史は、家族に頼んで記事にならないよう検察に手を回そうとするが、テジャは「罪を犯した人をかばうべきじゃない。」と反対する。
会社のイメージを守るためだと訴える母に「手を打ったことが知れたら余計ダメージを受ける。」とテジャは冷静な判断を下し、会長もホン女史を引き止める。

「あんたの母親のせいでとんだ災難だわ。」ホン女史は落ち込むミンジュに追い打ちをかけ「記事になったらどうするの。」と彼女を追い詰める。

弁護士の言う事を聞かずキム・サンベに罪をなすりつけたチェ教授は悪質と捉えられ、逮捕が早まった。
自分の事しか考えないミンジュは、「結婚式が近づいてるのにどうしてくれるのよ。」とミンチョルにあたる。
記事になったら困るからとミンジュは母の面会に行かず、TV出演している兄にも世間に顔が知られているからと用心するよう警告する。

「今夜は、あの日よ。」奥様から誘いのメールを受けたチャンスは、一瞬何のことやら。
芸能界デビューするスンワンから飲み会に誘われたチャンスは、友達を優先する。

追い掛け回しても気持ちが通じないポンシェフは、とうとう疲れ果ててしまい、成るように成れ状態。
投げやりになっているシェフにチャンミはアラさんが迷っている事を伝え、「シェフに気がある証拠ですよ。」と彼を元気づける。

チャンミに勇気を貰ったポンシェフは、コイン手品を見せると言ってアラさんの気を引き、魔法のように指輪を取り出す。
返事は後でいいからとアラさんの指に強引に指輪をはめるシェフ。ちょっと小さめに誂えた指輪は一度はめたらはずれない。

兄から母を助けるにはチャンミに謝罪するしかないと言われたミンジュは、腹たち紛れにチャンミに責任転嫁。
罪もない我が子を殺されたチャンミは、何と言われようが罪を償うべきだと怒り、「減刑を求める陳述書も書きません。」とミンジュの頼みを拒否する。
チャンミが自分の思い通りにならないと分かると今度はテジャとの結婚を阻止するために嫌がらせしてると因縁をつけるミンジュ。
店にやってきたジュニョクは、「どこまで非常識な家族なんだ!」と彼女を追い返す。

小さな頃からミンジュを知ってるジュニョクは、彼女の隠された一面に驚き、お人好しチャンミがミンジュに同情を抱くのも「そんな必要はないよ。」と彼女を説得する。

恋人同士が友達に戻っただけなのに、ヨンジュを見ると気まずいビョンムン。
二人はわざと話を反らそうと子供たちの幸せを期待する。

拘置所にいるガンヒの事を思うと食事も喉を通らないミンチョル父息子。
「離婚するなら母さんが立ち直ってからしてほしい。」とミンチョルは両親の心の傷を心配する。
我がままミンジュは帰るなりチャンミが言う事を聞かなかったと罵倒し、凝りもせずチャンミを苦しめた娘にカン先生は恫喝!

拘置所仲間に袋叩きにされたチェ教授は痛みで眠れず、苦しんでいると「うるさくて眠れない!」と脅される。

スポンサーリンク

月に一度の大切な日に午前様で帰ってきた夫に冷たいチャンディ。
年をとってる上に子供が出来にくいと言われた彼女には数少ないチャンスを棒にふられたのがどうしても許せない。
計画的に子作りを強要されてもその気になれないチャンスは「自然に任せたいんだ。」と言い返す。
ビョンムンと上手くいかずイライラの募るヨンジュは、嫁を泣かせる息子に腹がたちチャンスを叩く手にも力がこもる。

記事を差し止めるまでもなくイ社長にはチェ教授の事が耳に入り、テジャの結婚相手が動画流出の相手ではなく別の女性だという事も彼の信頼度を失墜させる結果に。
ジュニョクにスパイを頼んでいた社長は、こんな大事件を黙っていた彼に「誰の味方につくかよく考えろ。」と警告する。

ガンヒに面会に来たカン先生は、拘置所内で暴力を受けていると聞き、心配でたまらない。

「一日も早く私をここから出して。」と、妻から泣きつかれたカン先生は、どうしていいか分からず、ミンチョルは、法曹界に人脈のあるホン女史に助けてもらうべきだとミンジュを責める。

母を心配したミンチョルが面会に行こうとすると、「母さんの動脈硬化が悪化したらどうしよう。」と泣きべそかいてたミンジュは「記者に見られたら大変よ。」と兄を引き止める。母が大変なときにSLの体裁を気にする妹にキレるミンチョル。
「テジャが動かないのはお前に愛情がないからだ。好きな女の母親だったら黙っていない。」

何も悪くないチャンミがミンジュに責められ落ち込む姿にジュニョクは気分転換させようとバトミントンに誘う。
いつもはスパルタ式のジュニョクだが、今日はチャンミに手加減しゆるい羽を飛ばすが、それでも集中できないチャンミは、滑ってこけてしまい駆け寄ったジュニョクと頭がぶつかる。
倒れこんだチャンミのつぶらな瞳に引き寄せられるジュニョクは、彼女の唇に・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←101話     103話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃