韓国ドラマ・伝説の魔女・あらすじ36話

伝説の魔女

今回の韓国ドラマはこちら!
伝説の魔女
さっそく36話をご覧ください
伝説の魔女・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・伝説の魔女・あらすじ36話

スインが自分を拒否してるのは、彼女を刑務所送りにした家族のせいだと思ったドヒョンは、家族を捨てて二人だけで海外へ行こうと提案する。
しかし、もう、誰かの妻や嫁として生きたくないスインは、自分の力で夢を追い駆けたいと訴え、ドヒョンは、ナム・ウソクのせいだと決めつける。

エンランが株主総会の件でなかな折れないため、暮らしぶりが気になっと見えすいた嘘をついて彼女を訪ねるテサン。
「お前は、この先も長いのに残りの人生を私への復讐に費やす気か?」と気弱になったテサンは、同じ息子なのに、ドヒョンとドジンを差別して育ててしまったと後悔をみせる。

テサンがウソクの過去を隠し、痴呆のタンシムが異常にボンニョを恐れる姿を見て、ウォンジェは、義父がウソクの父親を本当に殺したのではないかと疑いはじめる。

夫にまだドジンの出生がバレていないと思ったエンランは、ドヒョンに経緯を確かめにいく。しかし、テサンは最初からドジンの出生を知っており、彼は贖罪のためにもドジンの出生を黙っていて欲しいとドヒョンに告げたのだった。

TVに自分の顔が映り、40億もの寄付をしたとニュースで知ったジュランは、聞き覚えのある額面にシークレットアセットの手違いではないかと焦る。

ヒョンジに騙されたと思ったジュランは、シークレットアセットに乗り込み、彼女の胸ぐらをつかんで罵倒する。
「うちの会員には大した額じゃないわ。次の機会に投資すれば今回も分も回収できるのに見苦しいわね。」40億ていどで喚き散らすジュランを見下したヒョンジは、「”いかなる責任も問わない”と契約書にサインしたほうが悪い。」と涼しい顔でバカにし、ヨンオクもあらん限りの罵声を浴びせる。

スインを家から出すわけにいかないウソクは、自分が部屋を借り別に住もうと考える。
30年ぶりに出会えた息子と別々に暮らすのは、寂しいボンニョだが、スインのためには仕方なく。

市庁の会合でスインのカエデパンを食べたフランス人コラムニストは取材を申し込みたいと魔法のベーカリーにやってくる。
幸いウソクがいたので、通訳を彼がかってくれることになり、スインは落ち着いて、カエデパン製法を説明する。

何とか自力で歩けるようになったドヒョンは、強引に退院をおしすすめ、迎えにきてほしいとスインに頼む。

スポンサーリンク

「行く所がある。」とスインを車に乗せたドヒョンは、100日記念でプロポーズした思い出の海岸に彼女を連れていく。
杖の力を借りず自力で立ってみせるドヒョンは、スインの手をとり新しい指輪をはめようとする。
しかし、もう彼の元に戻れないスインは、指輪を拒否し、ドヒョンとの仲は終わったのだと説明する。

ナム・ウソクにたぶらかされ、妻を取り戻せないと悲観したドヒョンは、命を断つ以外に方法はないと自殺しようとするが、懇願するスインを説き伏せ、プロポーズしたときのように、100日あればスインを取り戻すことが出来ると、彼女に100日のチャンスをもらう。

母を弁護した国選弁護人カン・チョロを見つけ出したウソクは、衰弱しきった母が裁判に出られず、不利な証言をしたマ・テサンとイム・ギョンネの証言が通り重罪判決がくだされたと知らされる。

ボンニョからウソクが当分の間、家を出ると聞き、他人の自分のために彼が母親と別れて暮らすことになり胸を痛めるスイン。
自分の感情を押し付けず、温かく見守ってくれる彼に、安らぐスイン。 ウソクは、ボロボロに疲れきったスインをそっと抱きしめる。

新婚旅行を終えたウォルハンの妹は、突然兄の家に泊めてほしいと夫婦同伴でおしかけることになり、困ったウォルハンはパク家を借りて夫婦の芝居。
行き場のない、イムン、ボンニョ、ヨンオク、ミオ、ビョル、クァンテンを離れに押し込んだ二人は、妹夫婦に彼らを気の毒な間借り人と紹介する。

臨時株主総会が開かれ、マ・テサン会長の解任案は棄権45%、反対42%、賛成13%と票が割れ解任案は流れてしまう。
それでも、自分の不祥事だと責任を口にするテサンは、前シンファグループ社長マ・ドヒョンを紹介し、彼の健康が回復すれば社長に推薦したいと宣言。
立ち向かうエンランは、生産総括本部長だったナム・ウソクを紹介し、彼を副社長に推薦する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「伝説の魔女」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←35話     37話→

伝説の魔女 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人