韓国ドラマ ボーイフレンド あらすじ25話+26話 感想とネタバレ

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!

今回はボーイフレンドのあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 25話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 26話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク

それではさっそく25話のあらすじからお楽しみください!

ボーイフレンド あらすじ25話

チャイムが鳴りイ先生を出迎えにいったジニョクは、門の前に立っているスヒョンを見て熱い物がこみ上げる。

代表は来られないと聞いていた家族は、彼女が現われてびっくり。

動揺してしまったお母さんは、何をしていいか分からず、とりあえずご飯を取りにいく。

スヒョンに炭水化物は似合わないわ。食べてくれるかな。

イ先生が到着すると、緊張が和み、美味しい料理を前に箸が進む。

ムードメーカーのジンミョンが場を盛り上げ、スヒョンが遠慮なく美味しそうに食べてくれるので、お母さんもうれしくなってくるが、二人のペアリングを見たお母さんは、もうそんな関係なのかと不安のほうが大きくなる。

チャ・スヒョン代表の法事欠席は、取り囲む記者の前で告げられ、彼女が当然来るものだと期待していたウソクは、ショックが大きく、キム会長の怒りに火を付ける。

あれだけいじめておいて、スヒョンが来ると思い込むほうがどうかしてるわよ。

スポンサーリンク

温かい家庭に憧れていたスヒョンは、人生で初めて体験した幸福な余韻に包まれ、一人、家に帰っても、幸せな気持ちでベッドに入る。

スヒョンが法事を欠席したことで、テギョングループとチャ議員の縁が切れたと報道され、スヒョンのお母さんは、あれほど頼んだのにとチャ議員に八つ当たりする。

チャ議員を見限ったキム会長は、スヒョンを追い出し、トンファホテルを回収しようと静かに動き出す。

そういうことか。
スヒョンとの縁が続くという計算でトンファを与えてくれたのね。
慰謝料って、そういうもんじゃないわよ。

キューバでカメラを壊したときの弁賞品がようやく手元に届く。

30年以上も前の同年代同機種をチャン秘書が手を尽くし探してくれた。

写メをしてジニョクに送ると、すぐにでも見たいとせがまれ、まだ残業をしていた彼に会いにいき、二人で遅い夕飯を食べる。

スヒョンの顔が見たいと言っていたジニョクはカメラを手にすると夢中になり、会話もそっちのけ「私に会いたかったんじゃないの?」とスヒョンが珍しく焼きもちをやく。

付き合いが長いと、だんだん、こういうふうになっていきます。
今から慣れておきましょう。

雲隠れした社員キム・ジンテの通話記録を調べた結果、彼が脅迫メールを送る前後、広報チームのイ課長と頻繁に連絡をとっていたことが判明する。

報告を受けたスヒョンは、すぐには行動を起こさず慎重に対処しなければとジニョクに会いにいく。

個人名は出せないにしても、大きな罪を犯した人に苦しめられ、その犯人が分かったと漠然とジニョクに相談すると、彼は「その人が謝罪するなら僕なら許す。そのほうが、気が楽になり、相手は罪の意識に苦しむはずだ」と理想論を述べる。

寛大なジニョクにかかればなんでも許しちゃいそうだが、彼のストレートな回答にスヒョンの心は決まる。

イ課長はトカゲの尻尾。
問題は親玉なんだから、彼を処分するより、黒幕を見つけるのが重要。

軽トラックの一件からチャン秘書は、ツブ貝店に寄りつかなくなっていた。

辛抱できなくなったイ・デチャンが、トンファ本社まで会いにいく。

ウールのコートを着てパリッとしているイ・デチャンを見ると、お茶ぐらいなら飲んでもいいかと、チャン秘書はまた誘いにのってしまう。

黙っていたら、企業に勤めている社員かと思う。
イ・デチャン、見た目はいいからね。

スヒョンは、代表室ではなくカフェの個室でイ課長に会い、証拠を突きつける。

告訴もしないし解雇もしないと言われても、とうてい信じられないイ課長。

事件の全容を理事会で語れば、その後はキューバホテルへの異動を命じると言われ、警察に突き出さず、栄転とも言える海外勤務と聞き、代表の寛大さに驚く。

以前の氷姫なら、とっくに部下を切り捨てていたでしょうね。
ジニョクのおかげで寛大になれたことにより、もっと多くのことを手に入れることができる。
ジニョクは、やっぱり幸を運ぶ男。

広報チームでは、春のブライダルシーズンに向け、季刊誌、雑誌などに掲載するブライダルショットを準備していた。

ホテルの眺めのいいスポットでウエディングドレスを着たモデルがスタンバり、撮影準備ができたころ、カメラマンが腹痛で倒れ撮影できなくなる。

そこで、一眼レフを扱うことができるジニョクが抜擢され、新郎新婦の写真を撮影する。

ジニョクは小道具に使ったブーケをもらい、モデルよりもずっとスヒョンのほうが似合うと、彼女にプレゼントしにいく。

ブーケを手にしたスヒョンは、本当に美しく、ソファーに座る彼女にひざまずきプロポーズするが、スヒョンは優しく微笑むだけで、答えることができず「ブーケを花瓶に挿すわ」と返事をごまかす。

25話の感想

なんだ、その微笑みは。
一人の女性として好きな男性と結婚することなど、スヒョンには許されないってこと?
それともジニョクをドロドロの世界に引きずり込みたくないから?
難しく考えないでよね。

ボーイフレンド あらすじ26話

今日の理事会は任期満了にともなうチャ・スヒョン代表の再任投票がかかった大切な会議。

投票権のないスヒョンは、別室で待たされるのが恒例だったが、彼女は投票が始まる前に時間が欲しいと言ってイ・ジノ課長を部屋に入れ、話す機会を与える。

いよいよですね、チェ理事の驚く顔が見もの。

スポンサーリンク

イ課長は、まず謝罪を口にすると、キューバ事件の実行犯キム・ジンテに指示したのは自分だと白状する。

スヒョン側の理事から理由を問われた彼は、チェ理事の命令だったと明かし、チェ理事の関与が露呈する。

スヒョンは、謝罪するなら受け入れてあげると譲歩するが、チェ理事のほうは収まらず、自分は使用人にすぎないと黒幕の存在を口にする。

名前を出さなくても、トンファの母体テギョングループの関与は誰にでも想像がつく。

スヒョンは処分をチョン・ウソク代表に譲り、後のことは任せる。

母であるキム会長の関与が暴露されれば、大きな問題になってしまう。

ウソクは自分の就任前の事件だからと逃げ、チェ理事の処分を理事たちに任せる。

ウソクの、こういう弱腰なところをスヒョンは嫌いなのよ。
チェ理事もばかね、素直に謝罪しておけばよかったのに、小娘のスヒョンに頭を下げるのがそんなに嫌なのかな。

イ課長の罪は、どこからともなく漏れていたが、彼がキューバにチーム長として赴任することになり、チャ・スヒョン代表の寛大な処分に社員は感心する。

スヒョンは事件を解決してくれたナム室長、チャン秘書を家に招待し、手料理をご馳走する。

スヒョンの料理を食べたことがなかったチャン秘書は、おそるおそるスープを飲み、どこにこんな才能があったのかとびっくり。

下処理を手伝ったジニョクも、なんでも完璧にできてしまうスヒョンに惚れ直す。

結婚歴があるから、そうよ、お料理は財閥の嫁として、しごかれてるわね。

スポンサーリンク

ナム室長たちが帰った後は、ジニョクと二人で後片付け。

料理をほめられたスヒョンは「私はイタリア料理、日本料理、伝統料理、なんでも得意なのよ」と、チョン家で教わった苦い経験を思い出す。

こんな自分が真っ白なジニョクと結婚できるはずがないと我慢していたスヒョンは、プロポーズの返事ができない理由を明かす。

キューバで美しい女性に一目ぼれしたジニョクは、今もあの時も、まったく気持ちは変わらないと訴え、ただ、一緒にいたいだけだとスヒョンを説得する。

結婚は勢いが大事です。(あれ? デチャンのときと正反対?)

ジニョクの顔写真が出てしまうと、隣の奥さんが、うちの息子もホテルに就職させてほしいとたかってきた。

果物屋のジニョクがあんな一流ホテルに合格できたのは、そういうことだったのかと不正入社を疑い、ジニョクをばかにする。

呆れてものもいえず、お母さんは追い返すが、二人が結婚するとはとても考えられず、ジニョクが捨てられてばかをみるだけだと怖くなる。

カネ持ちの気まぐれみたいに思いますよね。
泊まったこともないような豪華なホテルの代表。
父親は大統領候補。
別世界すぎて、ジニョクのお母さんには、結婚なんて考えられないんでしょう。

代表に直接会う手立てがなかったお母さんは、イ・デチャンに頼み、チャン秘書を通してスヒョンを呼び出してもらう。

お母さんは、「ごめんなさい すいません ジニョクとどうか別れてください」とストーレートに思いを伝え、いつか捨てられるなら、今のうちに別れてほしいと何度も頭を下げる。

26話の感想

付き合い始めたばかりなのに、先のことを考えるのは早すぎますよ。
町内の人に嫌なことを言われたからって、ジニョクのピュアな思いを無視しないで。
おカネを持っているスヒョンが強いって、決めつけないでよ。

ボーイフレンド あらすじの続き 一覧

「ボーイフレンド」前後のお話はこちらから

←23~24話     27~28話→

「ボーイフレンド」各話の一覧はこちらから

【『ボーイフレンド』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ボーイフレンド」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

ボーイフレンド 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆