韓国ドラマ・弁護士の資格・あらすじ14話

弁護士の資格

今回の韓国ドラマはこちら!
弁護士の資格
さっそく14話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、弁護士の資格・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・弁護士の資格・あらすじ14話

ソクジュの父が、一人で事務所に向かってしまった。
心配するソクジュをうとましく思う父は、なんでも一人でできるもん状態。
薬の管理などをしなくてはいけないソクジュは、すぐさま後を追いかける。

相手はキムソクジュ。
念には念を入れて対策を考えるヨンウに対し、「そこまで必要ですか?」と投げかけるジウォン。
「このままでは血を見ることになる。」と、ソクジュの実力を知っているヨンウは、油断を許さない姿勢。

一日中連絡のつかない父を心配し、自宅で帰りを待つソクジュ。
被害に遭ったおじさんたちを心配し、事務所に行っていた父はやっと帰宅。
「どこに行ってたんですか!心配したじゃないですか!」
物凄いけんまくで怒り出す息子に圧倒され、「そんなに怒る事無いじゃないか。。」とタジタジの父。

「自分の息子でも、自分の生き方を押し付けるわけにはいかない」
今回の事件に巻き込まれたおじさんたちが心配の父は、首を突っ込むも体調がよくないため、思うような働きができない。
そんな父を見ていたソクジュは、「父さんが倒れるくらいなら、自分にやらせてくれ」とお願いする。

父を心配したソクジュは、自分が引き継ぎ受任する事をサンテに伝える。
「お前が受任すると知れば、うちの事務所は大騒ぎだな。」と呟くサンテですが、そうこう言いながらもソクジュの協力をしてあげる。

ジユンから返してもらった時計。
「ジユンに渡されたが、この時計は俺の物か?」とサンテに尋ねるソクジュ。
何故こんなものをジユンが持っていたのか不思議なソクジュは、裏に何が隠されているのかサンテに問いただす。
「婚約記念品が返ってきたんだな。」と冗談を言い、その場を去ろうとするサンテを引き留め、真実を聞き出そうとするも口を割らない。

この時計に隠されている事は何なのか、直接ジユンに尋ねることにしたソクジュ。
初めはごまかそうとするジユンですが、彼の真剣なまなざしに、これ以上ごまかす事は出来なかった。
「友人の結婚式で出会い、酒に酔って家に来た。たぶん私が強引に連れてきた。」と、正直に話すジユン。
酒に酔って覚えていない彼女に、記憶喪失のソクジュ。
二人とも「何もなかったよな・・・?」と自信がなくソワソワしてしまう。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

控訴審が開かれ、銀行側の金融商品及び、そのリスクの説明のために、ある大学の教授を招いたソクジュ。
予定通り証言は進んでいったものの、この教授はヨンウ側に買収されていた。
途中から相手側に有利な発言をする教授に、買収を確信したソクジュは失望してしまう。

チャ法律事務所にいながらも、ソクジュの勝利を願うサンテとジユン。
ソクジュを心配した二人は、彼に電話をかけるも繋がらない。
「事務所に残っているのが苦痛。でも今仕事を辞めるわけにはいかない。」と弱音を吐き、サンテに相談するジユン。
ソクジュについて行こうと考える彼女を「今のあいつには、君はお荷物になってしまうだけだ。」と引き留めるサンテ。

ヨンウ達の陰の操作で、事件から外されてしまったソニ。
大事なところなのに異動をかけられてしまい、事件に携わることができない。
モヤモヤを抱える彼女はソクジュの元に向かい、「証言してくれる有名な学者を探す。」と、彼の手伝いを始めた。

昼飯を持ってきたサンテ。
「犬猿の仲だったのに、仲良く仕事してるとは信じられないな。」と、ソニの顔を見て驚く。

海外から教授を招き、「銀行側にはリスクがなく、企業側にはリスクの高い不公平な商品だ」と説明してもらうソクジュ。
海外から証人を連れてきた事で、今度はヨンウ達の買収も手が回っていない。
おかげで証言はスムーズに進み、結局銀行側は7割の賠償を命じられ、ソクジュ達の勝利となった。

ソクジュの頑張りで、おじさん達の会社は存続の危機を脱した。
頑張ってくれたソクジュに感謝の気持ちを伝え、労をねぎらうおじさんたち。
その光景を見たソクジュ父も、嬉しそうな表情を見せる。

よりによってソクジュに負けてしまったヨンウ。
一旦負けてしまったものの、最高裁では絶対に負けないと決意を表すヨンウ。
ソクジュに負けたことが悔しいのはヨンウだけではなく、ジウォンもだった。
「覆してみせます」と、ヨンウに話すジウォン。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「弁護士の資格」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

弁護士の資格・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ