韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ52話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく52話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ52話

「金庫の中を見せてちょうだい」という妻の脅迫に観念するマンジョン。
しかし、パンシルの金庫の中には、わずかばかりの宝石と義母が嫁ぐときに持ってきた空っぽの尿瓶しか入っていなかった。
納得いかないグムジャは金庫の中身を移し替えたに違いないと義母のタンスを漁り、往生際の悪い妻をマンジョンがつまみ出す。

妻が寝静ったのを見計らい母の部屋にやってきたマンジョンは、機転の利く母が金庫の中身を布団の下に隠したと聞き感謝する。

ヨンファの赤ちゃんを預けたコン社長は10年前にアメリカ移住しており、もし名前を変えていれば捜索が困難だという探偵。

母が入院している病院で花束を持ったヨングク会長に会ったセラは、彼が母の見舞いに来たと思い込み、ヒビが入った関係は直せても傷ついた心は癒やせないとヨングクを責める。

他の女を思いながら元サヤに戻られても何も有り難くないヨンファは見舞いに来たヨングクに冷たく、娘の頑なな態度にヨングクの不倫がまだ続いていると知らされる。

パク・セラの話からシネの入院を知ったヨングクは彼女の病室を探し、エレベーター前で偶然見つけた彼女に「きつい仕事をせず、これを受け取れ」と店の契約書を押しつける。
差し出された封筒を遠慮しヨングクと押し問答していると、傷が痛みかがみこむシネ。彼女を介抱しているところをちょうどカフェに行こうとしていたヨンファ母娘が目撃する。

シネが病室に戻ると彼女を待ちかまえていたヨンファ母娘は、シネから封筒を奪いヨングクが与えた店舗契約書を確認する。
ヨンファは契約書を破き、ピルスンは「この泥棒猫め」と怪我をしているシネに暴力をふるう。見舞いにきたチャドルは騒動に驚きピルスンを止め、反動でヨンファがよろけると、ろくでなし、年寄りを押しのけるのかとピルスンはチャドルを叩きのめす。

ヨングクに直接会って書類を返せば、また誤解を受けると思ったシネは、会長に書類を返してほしいとチャドルに頼む。

戸籍制度のないアメリカでは人捜しも簡単にいかず、ヨンファの捜索人が実の息子と知った探偵は、遺伝子情報を警察に登録すれば見つかる可能性が高いとヨンファに教える。

チャドルから破れた契約書を渡されたヨングクは、これほどまでにシネが怒っているのかと誤解し、チャドルは契約書を破いたのでは母ではないとヨンファ母娘の騒動を伝える。

ペク・マンジョンが選挙に出馬するとなると袖の下もおおっぴらになり、今日はジュース箱に詰められた札束を持ち帰るマンジョン。

スポンサーリンク

健診のため病院にやってきたパンシルは、待合室でボロボロ涙を流すピルスンを見かける。破談になった家と関わりたくないマンジョンは見過ごそうとするが、「温かい言葉をかけるのが人の道理」とパンシルはわだかまりを捨てピルスンに声をかける。

重病ではないといいながらも娘を思い号泣するピルスン。
話を聞いたパンシルは、「程度の低い女と浮気されれば病気にもなるだろう」と不倫騒動を蒸し返す。
母が健診に入り、妻がシネの見舞いに行くと、自由の身になったマンジョンは美しい奥様ヨンファの病室を探す。

細く開いた扉の隙間から見えた美しいヨンファの憂いのある姿にわしづかみされるマンジョンの心。
のぞき見に気付いた看護師がピシャッと扉を閉め、天女のように美しいヨンファを妻に迎えておきながら浮気するヨングクの気が知れないマンジョン。

チャドルの仕事が長引き幼稚園バスのお迎えに来たジャンミは、トイレに行きたいというチョロンと一緒に彼の家に入る。
チョロンに案内されチャドルの部屋に入ったジャンミは、彼が戻ってくるまでチョロンと一緒に・・・。

許可のおりたシネは急遽退院が決まり見舞いにきたガンテ夫婦と一緒に家に戻る。

仕事に打ち込むセラは、ジェドンに冷たく彼女に無視されるジェドンは全く理解できない。
既婚者の義兄が元サヤに修まれば健全とセラとの愛を育めるというのがジェドン的理論だが、母を傷つけておいてヨングクがハッピーエンドではセラとしては腹が立つ。
「口が軽いだけじゃなく頭も悪いんですね。」女心の分からないジェドンにキレるセラ。
お坊ちゃんジェドンは「頭が悪い」と言われぶり切れる。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←51話     53話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ