韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ11話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく11話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ11話

チャドルからもらう一日たったの2万ウォンだけでは友達とお茶も気軽にできないジャンミは、自宅に置いてきたブランドバッグを換金しようと家族の留守を狙い家に入り込む。

バッグだけのつもりが、金のネックレスやお金になりそうな物を物色していると、あっという間に時間は経ってしまい、買い物から戻ってきた母に見つかってしまうジャンミ。

妊娠した身体で苦労する娘を見ていられないグムジャは、家に戻ってくるようジャンミを説得するが、チャドルを受け入れてくれないのならとジャンミは拒絶し、母は仕方なくへそくりのお金を持たせようとする。

夫に見つかる前に、ジャンミを帰そうとするグムジャだったが、以外に早く帰宅したマンジョンに見つかり、結局ジャンミは何も持たず家を追い出される。

グムジャは、自分がジャンミを家に呼んだと娘をかばい、妻が命令に背き娘を助けていたと思ったマンジョンは、「命令に従わない妻など要らない。」と離婚を迫る。
横暴な夫に今まで大人しく従っていたグムジャだが、お腹を痛めて生んだ娘を見捨てられるはずがない、とマンジョンに初めて反抗する。

苦労している妹を思い母から預かったお金をジャンミに届けようとする姉のスリョンは、方々手を尽くしやっと妹の住むアパートを見つける。

家の前でチャドルに会ったスリョンは、ジャンミに渡してほしいと大金の入った封筒を渡すが、ジャンミがコソ泥のようなマネをして家に戻ったと聞き、プライドの傷ついたチャドルは、グムジャのお金を拒否する。

妻子を養おうと一日中バイトするチャドルは、実家に助けを求めるジャンミに腹が立ち、ジャンミは姉がくれたお金を勝手に断るチャドルに怒りをぶつける。

お金がなく貧しい生活に耐えられないジャンミ。
ある日、臨月になるジャンミたちを心配したシネは、おかずを作り、生活の足しにしなさいと300万のお金を持ってくる。

着の身着のまま実家を飛び出してきたジャンミは、まともな下着さえも持っておらず、シネにもらったお金で下着に靴、電子レンジにテレビと彼女なりに必要最低限の物をセールで買い二人の部屋を暮らしやすく整える。

スポンサーリンク

学校とバイト、寝る間を惜しんで頑張るチャドルには、無計画に大金を使うジャンミが理解できず、彼女が買いそろえた物全て返品してしまう。

シネに援助されればされるほど、実の息子でないチャドルは重荷に感じ、彼女にお金を返しにいく。
母のお金を当てにしていたセラは、血のつながらないチャドルに大金を渡していたと知り激怒。
実の娘を援助せず、なぜ他人の子にお金をあげるんだとケンカになる。
肩身の狭いチャドルも親切にされれば借りが増えるだけだと他人行儀に話し、母を悲しませる。

チャドルが家に戻ると、ジャンミの荷物は消え、彼女はいなくなっていた。
臨月の苦しい身体を抱え、生活に疲れたジャンミは、懐かしい我が家へ帰ろうと門の前まで行くが、帰ってきた父の姿に飛びつきたくなる気持ちを必死で押さえ、車の陰に隠れ涙を流す。

実家に戻れなかったジャンミは仕方なくチャドルの元へ戻り、いなくなったジャンミを探し駆けずり回っていたチャドルは、養母のお金をもらうわけにいかなかったんだとジャンミに謝る。

バイトと学業を両立させていたチャドルは自分の甘さを実感し、大学に休学届を出す。

一方、マンジョンに美容院を取り上げられたシネは仕事を辞めてしまい、お金の必要なパク家ではガンテが長男の役目を果たそうと、レストランウエイターの話に飛びつく。

ペク家では見合いして以来ずっとコ・ジェドンから連絡が来ないと聞き、スリョンにもっと積極的になるように背中を押す祖母。
そこへ、タイミング良くジェドンから電話が入り、父たちに勧められたスリョンは誘いを受け入れ、待ち合わせのレストランに行く。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←10話     12話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ