韓国ドラマ 甘くない女たち あらすじ14話

甘くない女たち

今回の韓国ドラマはこちら!
甘くない女たち
さっそく14話をご覧ください
甘くない女たち あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 甘くない女たち あらすじ14話

ビョンス一家を相手にしてもお金をもらえなかったスギョムの実母は、雑誌に載っていたゴナグループ社長ジョンヘの姉に目を付け、継母と婚外子の噂話をネタにお金をせしめる。

グループを守るためにジョンヘの尻拭いをしたキム・ジョンユンは、婚外子同士で慰め合ってるのかと異母妹ジョンヘを皮肉り、婚外子に意思はない、グループの役に立つ行動ができないのかと軽蔑する。

ホン・サンマン校長は全面的にジョンウク親子の肩を持ち、体育教師の暴行事件としてテレビニュースでも取り上げられる。

訴訟問題ともなれば、判決が出るまで教員試験を受けることができなくなり、ヒギョンはこれで教師の道を諦めなければならないと落ち込む。

妻の非協力的な態度にヨンピョはキレ、いまだに施設のことが乗り越えられないのかとミスクを責めるが、息子の死さえも隠し教育長なんかになろうとする夫にはついていけず、ミスクは反発する。

母が我慢していたときも今も夫婦ゲンカには変わりなく、苦しみを表現できないソヨンは、爆音ミュージックで両親のケンカを紛らせる。

復者クラブのメンバーは、それぞれ抱えきれない悩みに苦しみ今までのように絶望感を味わっていたが、ジョンヘはホンドに教えてもらったサウナで心を癒やし、気づくと他の3人もいつの間にかサウナに集まっていた。

“独りで、退屈、孤独、寂しい”というジョンヘのメールを見た3人は、自分のことよりもジョンヘが心配になり、深夜にもかかわらず全員集合。

ホン校長はジョンウク母から多額の賄賂を受け取り、ヒギョンは今週中にも懲戒委員会にかけられることになる。

“真実は必ず明らかにされる”

ジョンウクと親しいソヨンに目を付けたスギョムは、今後つきまとわないことを条件に一芝居うってもらう。

大好きなソヨンが見舞いにくると、ジョンウクはうれしくてぺらぺらとしゃべってしまい、仮病のことや叔父の病院で診断書なんてどうにでもなること、そしてお母さんが校長に賄賂を送ったことまでソヨンにしゃべる。

ヒギョンが蹴りを入れた動画は賄賂を受け取った校長が学校の防犯カメラ画像を貸してくれたと、そこまで詳細に語り、彼女の背後に隠れていたスギョムは、病室の開いた扉からジョンウクの証言画像をしっかりとスマホに収める。

女性3人は、悪質書き込みを1件ずつ通報し地道な作業をやっていたが、スギョムの手柄に努力も報われ、何よりソヨンが協力してくれたということで、ミスクは喉につかえていたものがとれる。

苦い思い出のある付岩洞コーヒーにジョンウク母を呼びつけたホンドは、ジョンウクが詳細に語った動画を母親に見せ、恐喝、脅迫、虚偽告訴罪、さらに賄賂罪も追加し、名誉毀損も成立、仮病で入院させたので医師も罪を問われると言ってジョンウク母を脅す。

スポンサーリンク

ジョンウクの父であるファン部長は誠実で評判のいい男。

夫に今回のことが知られたら大変だとジョンウク母はホンドに二度もひざまずき、どんなことでもするから許してほしいと示談をお願いする。

スギョムの誕生日を知らなかったジョンヘは、「今さら祝う歳でもないよ」という彼のために何かプレゼントを買おうとデパートに行く。

そこには、先日小銭をせしめたスギョムの実母がブランド品を物色していた。

彼女は息子の誕生日も覚えておらず、ジョンヘは、実母が買おうとするバッグを棚ごと買い占め、「客を選びなさい」と店員に注意する。

家族インタビューの時に記者の前で何も話せなかったミスクは、すべてを打ち明けようと自分から記者に連絡を取り、単独インタビューに応じる。

心につかえていたものをすべて吐き出したミスクは、内容が公表されてもいいと承諾し、選挙前の爆弾発言に記者は感謝する。

記事の公表は早く、ミスクが夫に打ち明ける前にペク・ヨンピョ候補の息子2年前に自殺、という記事がネットを賑わす。

夫はいつもと変わらず、妻の暴露記事に驚いたふうでもなく「どうせいつかは通る道だった」と淡々と振る舞い、母の行動に驚いたソヨンは、「頑張ったね。やるじゃない」と言葉少なくも、母の勇気を褒める。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「甘くない女たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

甘くない女たち あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「甘くない女たち~付岩洞<プアムドン>の復讐者~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

甘くない女たち~付岩洞<プアムドン>の復讐者~ BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー