韓国ドラマ 甘くない女たち あらすじ13話

甘くない女たち

今回の韓国ドラマはこちら!
甘くない女たち
さっそく13話をご覧ください
甘くない女たち あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 甘くない女たち あらすじ13話

食中毒の疑いは晴れても、営業停止になった店だと評判がたち、魚はまったく売れなくなる。

ジョンヘがその場で商品をすべて買い取ると言っても、それではホンドが怒る。

ミスクと力を合わせ慣れない呼び込みで声を枯らすが、そんな程度では客は来ない。

いったん家に帰ったと見せかけサクラを雇ったジョンヘは、ホンド鮮魚店で買ってきた商品をクチコミ条件で買い取り自分の車に積み込む。

事情を知らないホンドは、完売したお祝いに二人を誘いチキンの屋台で酒盛り。

いろんな食べ物に挑戦してきたジョンヘだが、生々しく残る鶏の足に、さすがに食欲は失せる。

くっきりと分かれた3本指の足をホンドは美味しそうに口に運び、お上品なミスクでさえ、むしゃむしゃとグロテスクな物に食らいついていた。

両手にビニール手袋をはめ、恐る恐る鶏足をつまんだジョンヘは、そっと口の中に入れ美味なる甘辛味に世界が変わる。

山盛りあった鶏足は、ほとんどジョンヘが平らげ、最後の1本も彼女が奪い取る。

買い取った魚はジョンヘ宅の巨大冷蔵庫に入り、お手伝いさんにもおすそ分け。

営業停止という危機にみまわれても完売復活させたホンドは、心地よい疲労感で亡き夫に話しかける。

翌日も、いつものように店を開くと、昨日貝を買ってくれた客が、今日は2度も顔を見せ、しかもお釣りも受け取らずにそそくさと行ってしまう。

お客を追いかけたホンドは、サクラに報酬を払っているジョンヘたちを見つけショックを受ける。

お金持ちのジョンヘだけならまだしも、庶民の気持ちが理解できるミスクまで一緒になってこんなことをしていたなんてと、ホンドは二人を説教するが、学校から子どもたちが暴行を働いたと連絡が入り、二人のことは後回し。

いつものようにジョンウクがヒスをからかっていたが、母の土下座映像まで見せられるとヒスは我慢できなくなり、かっとなって手をあげようとする。

ちょうどその場に居合せたヒギョンは、弟を守ろうと足蹴り寸止めをし、驚いたジョンウクは派手に倒れ、暴行教師だと因縁を付ける。

保護者会の代表であるジョンウク母の話に、最初は穏便に済ませようとしていたホン校長だったが、ヒギョンの母親が下剤事件のホンドだと知ると、これは仕返しのチャンス。

ジョンウク母の味方をし、ホンドを追い詰めようとする。

スポンサーリンク

子どもたちの無実を信じているホンドは、弁明なんてする必要はない「どうぞ告訴してください」と大きな態度に出て、「虚偽告訴は重罪ですよ」と啖呵を切って帰っていく。

ホンド姉さんのことが心配だけど、怒られた手前、今日は連絡をしにくいジョンヘは、姉さんからの知らせを待ってみるが、子どもたちに食事をさせ、ホンドが一段落ついたのは、もうジョンヘたちが眠っているころ。

二人が寝ている時間だろうと、彼女はメールを遠慮する。

気分転換にコンビニでビールを買い一人で飲んでいたホンド。

二人の妹たちがいないと、今夜はやけに疲れがどっと押し寄せる。

先日助けてくれた木工房の男性が声をかけてくれるが、か弱い女性として扱ってくれる彼の前ではなんだか気まずく、酔いが回らないうちにホンドは退散する。

ジョンウクはヒギョンが蹴りを入れた動画を拡散し、生徒たちは暴力教師だと思い込みヒギョンの授業をボイコットする。

校門前にはすでに記者たちが押しかけ、テコンドー有段者の教師が生徒に暴力働いたのかと質問攻めになるが、騒動に気づいたスギョムが、告訴すると言っている生徒は以前にも骨折偽装してギプスしていた子だと説明しヒギョンを助ける。

一方、家族インタビューを受けることになったヨンピョは、ソヨンを説得できず夫婦二人で車に乗る。

行き先を教えてもらえず不安な気持ちでいたミスクは、二度と来たくなかったソマン児童養護施設に案内され血の気が引く。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「甘くない女たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←12話     14話→

甘くない女たち あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「甘くない女たち~付岩洞<プアムドン>の復讐者~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

甘くない女たち~付岩洞<プアムドン>の復讐者~ BS11

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー