韓国ドラマ・ワンダフルラブ・あらすじ17話

韓国ドラマ・ワンダフルラブ・あらすじ17話

ワンダフルラブ

今回の韓国ドラマはこちら!
ワンダフルラブ
さっそく17話をご覧ください
ワンダフルラブ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ワンダフルラブ・あらすじ17話

一度は諦め帰ろうとしたボクヒであったが、バッグを忘れたことに気付き、マンションへ戻ると、彼女のメモをみたボムソが扉を開け、ボクヒに気か付いてくる。

36年経った今でも昔の面影が残るボムソ。ボクヒを自宅に招き入れた彼は、「すごく会いたかった」と彼女の手を握る。
ボクヒを捨て別の女性と結婚した彼は、どんなに会いたくても合わせる顔がないと彼女との再会をためらっていた。
ボクヒにどうしても会いたかった彼は、夢の中でなら会えると、眠ってばかりいたと説明し「謝りたかったんだ」と彼女を見つめる。

同情であれ後悔であれ、涙ぐまれてもミンスとの生活を取り戻せないボクヒは、「あなたにそんな資格はない」と腹を立てる。
「あなたがまいた種よ、今さら許してほしいなんて虫がよすぎるわ」

ボムソの謝罪よりもミンスの居場所が知りたいボクヒは、息子がどこにいるのか教えてほしいと懇願し、ミンスは裕福な家庭に貰われ、アメリカに住んでいると聞かされる。

ホン先生を息子のように可愛いがっているウノクは、夫への未練を打ち明け、離婚の原因は夫が誤解してしまったことだと相談する。
三角関係の真相を知らないホン先生は、二人の子供たちのためにも勇気を出して、よりを戻すべきだとウノクを元気づける。

ウノク理事から「36年前に許されない罪を犯した」と告白されたホン先生は、患者のボクヒが探していた息子に関係があるのではと気にかかる。

ヨンチェが、拒絶するフンナムにすがりつき、いつまでたっても諦めないでいると、迷惑なヨンイは、「忙しい相手のことも考えず、わがままを押しつける人は社会生活を送れない」とヨンチェを残し、フンナムを連れていってしまう。

デザイン競争で負ければ仕事もフンナムも諦めるというヨンチェの提案は、一度に全ての悩みを解決できるため了承したスジンは、セアとヨンチェのデザイン競争をフンナムに勧める。

わがまま娘の好き勝手にしては、「自分を変えたい、何事にも責任を取れるまじめな人間になりたい」というヨンチェの訴えは切実に響き、もう一度彼女を信用してみる気になるフンナム。

デザイン室で徹夜するヨンチェは、「昼も夜も食べてない」「お腹がすいて何も手に付かない」と相変わらず、ぼやきモードで、彼女にチャンスを与えようと考えたフンナムは、嫌がるヨンチェを引きずり出し食事のできるカフェへ連れていく。

これが ”最後の晩餐”と思ったヨンチェは、食事に手をつけず、金持ち令嬢が鍋の食べ方も知らないのかとフンナムは、肉の食べ方からヨンチェに教える。

お腹いっぱいに鍋料理を堪能したヨンチェは、これでフンナムとも最後のお別れだと歩く速度も遅く、「ゴウンさんがあなたのことを志を曲げない人”初志傍観・・・”と言ってたわ」と知りもしない四字熟語を使ってみる。(初志貫徹です!)

スポンサーリンク

しんみりモードでもしっかり笑わせてくれるヨンチェに、フンナムは「ポリシーを曲げてみる」と約束し、飛び上がって喜ぶヨンチェは「デパートでスーツでも買ってあげたい気分よ」と成金流の喜びよう。
はしゃぎ回るヨンチェは、足をひねらせ後ろに転びかけると、重たい彼女をしっかと支えるフンナム。

口実をつけ兄弟アパレルに来ていたスジンは、仲の良さそうな二人を見て、嫉妬の炎がメラメラ。

一方、不倫の動かぬ証拠をつかみたいダジョンは、夫の書斎に入りパソコンメールをチェックするが、彼女に見つけ出せるような物は何もなく、旦那宛に届いた財産管理通知書で、昨年、夫がマンション購入していることが分かる。

もともと社長の器でないジャンホは、スピーチさえまともにできず、室長ナンヒの操り人形のような生活を送っていた。
彼女がいなくては何もできないジャンホは、「最後の最後にいいことは、やってくるもんだ」とナンヒに期待をもたせ、「バカな女と結婚して人生台なしだよ」と愚痴をこぼす。

ヨンスと一緒に夫名義のマンショんにやってきたダジョンは、郵便物から、部屋の主がキム・ナンヒであると確認する。
夫から、「今日は仕事で帰れない」とメールをもらったダジョンは、マンションで待ち伏せし二人が現れたところをおさえようとする。

携帯のボイスレコーダーをオンにして立ち向かっていくダジョンだったが、旦那の車を運転していたナンヒしか乗っておらずジャンホがどこへ隠れたか分からない。
それでも愛人である証拠をおさえたダジョンはマンション名義を持ち出し、ナンヒをバッグで叩きのめすが、あくどく賢いナンヒは、ダジョンの脅しなどにひるまず、彼女の立場をも奪ってやろうと怒りを堪える。

アメリカに戻るボムスは、百貨店で買い物をしてるからとボクヒを呼び出し、彼女に似合う洋服を見立てる。

ボクヒが試着している間に店の中で待っていたボムスは、20年ぶりに成長したスジンを見かけ、娘に声をかけるが、ちょうど試着の終わったボクヒは丈の短いスカートを履き「ボムスさん、似合うかしら」と親しげに声をかける。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ワンダフルラブ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←16話     18話→

ワンダフルラブ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ