韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ60話

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ60話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく60話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ60話

「ソル・ドヒョン副会長。ハナ代表の事はあんたに関係ない、分別をわきまえてください。」
妻の居る前でも、ハナの怪我を気遣うドヒョンにユンチャンは冷たく言い放つ。

ヒョソンは怪我をして帰ったハナに驚き、ユンチャンに誰の仕業か尋ねる。
そして彼の娘に対する正直な思いを感じ、二人を会わせる。

ハナはユンチャンがラゴンにどう仕返しするのか、まるで他人ごとのように余裕で笑う。
利益だけで動くと思っていたユンチャンが
「発酵場を荒らされたからラゴンに仕返しするのではなく、
ハナに危害を加えたから懲らしめる。今後ハナは俺が守る。」
と、以前のような優しい兄に戻る。

ラヒは夫が発酵場に行った口実をあれこれ探すが、ドヒョンはもう自分の心を隠せない。
「ラゴンがハナに危害を加えると思い心配で駆けつけた、
自分でもダメだとわかっているのに、ハナが現れてからは自分を抑えられない。」
ドヒョンは苦しんでいる妻に、嘘をつきたくないからと残酷な本心を打ち明ける。

毎日毎日、兄達は夫婦げんかでドウンは気になって眠れない。
「絶対に結婚なんてするもんじゃない、結婚は人生の墓場」
あれほど結婚に夢を抱いていたドウンは幻滅する。

ジンモクはハナを助けに行ったドヒョンを叱る。
父がいくら怒鳴ろうが、どんな策略を使おうが、ドヒョンの気持ちは抑えられない。
結婚し仕事に没頭し、忘れようと耳の目も塞ぎ必死で耐えてきたが、
それでもダメだった。「心が壊れた、ブレーキがきかないんだ。」息子は泣きながら、
どうすれば理性を取り戻せるのかと父に問う。

ユンチャンはラゴンを待ち伏せし、発酵場の件で彼の首を絞めると、
ラゴンはあっさりソル会長の指示でやったと言い逃れ。

ラゴンの軽率な行動にソル会長は怒り、ユンチャンとの関係も更にこじれる。

ラゴンは会長に命令され渋々JHに謝罪をしに来た。
必死でこらえハナに謝罪をするが、彼女は
「汚い手を使って得た社長の座だから、ソル会長の使いっ走りで屈辱を味わうのだ。」
と、挑発する。

芸術的センスを取り戻そうと受験生のようにパズルを塗りつぶすドウンは、
家に帰っても兄夫婦のケンカで落ち着ける所はなく、
ジョンスンからの誘いに応じ、チャン家に遊びに行く。
チョンランたちは、ラゴンを売り込もうと、
「息子は貧しい人を見るだけで涙し、名家の育ちだから目上の人を敬い、
心根が優しく怒った事がない、そもそも怒ると言う感情を持っていない。」と言ったその時、
『クソッタレ、殺してやる! チャン・ハナめ、覚えてろ』と、帰るなりカバンを投げつけ
大騒ぎのラゴン。

スポンサーリンク

ラヒはハナを呼び出し、
「男のふりして待令熟手になった詐欺師が、今度は女になって姉の夫を誘惑している」
と、世間にバラすと脅す。
しかしハナは「血縁関係のない人間は姉ではない。」とラヒの弱点をつき、
自分にした事と同じ仕打ちをしてやると言い返す。
そして姉弟そろって欲しいものを手に入れる為にいったいどんな汚い手を使ったのか、
「不当に得たのなら返しなさい。」と、ラゴンはファンソ醤油を手放し、
ラヒには不当な結婚を白紙に戻せと迫る。

チャン会長の記者会見はやっと効果を示し、
公正取引委員会と金融監督院が、SSがファンソ買収した件について調査に乗り出した。

ジンモクはこの事態を何としても乗り越えると、
ドヒョンを呼び出し1年前の資料を用意させる。

命がけで会社のイメージを守ろうとするソル会長は、
強硬手段に出るだろう。そこでJHの応戦策は・・・。

SSは最終決済を先延ばしにし、JHの商品も保留にすると、ウン室長が慌ててやって来た。
が、ユンチャンらは、「商品の発売は今朝始まり、商品はすでに消費者の手元に届いた。」
と、余裕の笑みを浮かべる。
”決済が中断した際、系列会社に暫定的な決済権を認める”という文言を、
契約書に組み入れておいたのだ。
あとは消費者の反応を待つばかり、さすがのハナも緊張気味。

ハミョンはハナの発売された醤油を持って帰り、
母は商品名が「ファンソ醤油」である事に驚く。
社名を失っても、ファンソが商品名で残り、ハミョンも大感動。

醤油は発売1週間で大ヒット、他社を引き離してダントツ1位の売上。

「ファンソの起死回生」と新聞の見出しは踊り、
ハナに出し抜かれ、ソルの怒りは爆発する。

チャン会長は、ファンソ歴代の中でも一番の売れ行きである
新発売された醤油の味をみたいと、作業場に足を運ぶ。
その醤油の味を見て、カメに入れて売るというアイデアにも感心した会長は、
「製作者は誰か。」と尋ね、従業員は
「醤油を造るJH食品の代表、ウンソン待令熟手が造りました」と、誇らしげに答える。

ハナはドヒョンに会い、
「一時は発売阻止されようとした醤油が1週間で完売、
この成果はSSも喜ぶべき事です。」と報告。

そしてこの快挙にハナへの取材要請がくる。
あのチャン会長でさえSSから守れなかったファンソ醤油を、
追い出された待令熟手ハナが守った。
世間は破門された家を救おうとする姿に感動する。

ヒョソンは又ハナの顔が表に出れば、後で酷い仕打ちをされるのではと心配し止めるが、
ハナは1年前の出来事を完全に払拭したいからと正面突破。取材を受ける。

ハナはカツラを外し、本来の姿のまま短い髪にクールな衣装を来て取材に挑んだ。

これまでの境遇を語り、女であっても自分にできる事、醤油造りに再挑戦。
性別に対する偏見を乗り越え、頑張っていくと固く誓う。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←59話     61話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ