韓国ドラマ リメンバー あらすじ25話

韓国ドラマ リメンバー あらすじ25話

リメンバー 記憶の彼方へ

今回の韓国ドラマはこちら!
リメンバー
さっそく25話をご覧ください
リメンバー あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ リメンバー 記憶の彼方へ あらすじ25話

ナム会長が送った黒づくめの男に刺され、昏睡状態が続いているジュイル。
意識の戻らない彼に、「アニキ・・・すまない・・・。」と話しかけるドンホは、引き返すことができないところまで来てしまったと感じていた。

ドンホが不在の間に忍び込んだ犯人(ジュイルを刺した男)は、事務所内に凶器を置いてその場を去る。

翌日。
タイミングよく表れたぺ刑事はドンホに手錠をかけ、仕込んでおいた凶器を部下に探させる。
「凶器が出てきても、知らないふりをするつもりか?」
ハメられたと確信しながら、連行されるしかないドンホ・・・。
ジヌはドンホが連行される瞬間に立ち会い驚く。

「アニキはやってない。アニキの無罪を証明できるのはお前しかいないんだ。」
ジヌの元にやってきたサンホは、ドンホの弁護を担当してほしいと頭を下げる。

「立場をわかって言ってるのか?」
アニキを助けてほしいと頼むサンホに、ヨン・ボミ事務長、ジェイクたちは厳しい言葉を浴びせる。

「お前たちがどうなろうが、俺には関係ない。」
サンホを追い返したジヌだったが、何度も頼みに来られ正直悩んでいた。

あの時ドンホが裏切らなければ、父は助かったはず。
いわば憎い存在なわけですが、どうも見捨てることができずにいた。
それは、今のドンホの状況が当時の父と重なったから。
(無罪なのに、濡れ衣を着せられ処分される。)

ドンホはやっていないとわかっているからこそ、彼を見捨てることに躊躇するジヌ。
「あなたが正しい選択をすることを祈ってるわ。」
イナにさりげなく促されたジヌは、ドンホの面会にやってきて、「お前のためじゃない。ナム家の闇を暴き、罪を償わせるためだ。」と前置きし、弁護することを決める。

兄が殺人を犯したことに気づいたヨギョンは、資料を持ち帰り父に見せる。
「覚せい剤は見過ごせても、殺人は見過ごせない。」

どんな罪を犯そうが自分こそが正義のナム会長は、「兄を助けるどころか裁こうとするなんて何事だ!」とヨギョンに手をあげ平手打ち。
「この家から出ていけ!」と罵声を浴びせる。
(ヨギョンがどう動くのか見ものですね(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪)

ギュマンの強姦致死傷罪について提出された動画を確認した判事は、「動画を判決に反映しようと思う」と経過をチェ検事とムソクに報告する。
このままいけばギュマンは有罪判決を受ける。
ギュマンは同じ手口で何度も女性に暴行しており、ハヨン以外の被害者を探すイナたち。
(他にも被害を受けた女性が出てきて証言してくれれば、ギュマンを追い込む材料の一つになる。)

ハヨンの証言を覆させたいギュマン側。
帰宅しようとしたハヨンは、自宅前で張り込んでいる男たちに気づき、イナに助けを求める。

「しばらくの間、私の家で暮らしてください。」
ハヨンに身の危険が迫っていることを感じたイナは、両親にお願いして自宅に彼女をかくまう。

スポンサーリンク

ハヨンともう一人の被害者女性のミニ。
彼女が働く花屋にやってきたギュマンは、証言させないよう金を渡して脅迫する。

ギュマンが帰ったころに入れ違いで店にやってきたイナたちは、怯えるミニに話しかけ、名刺を渡す。
「何も話すことはありません!」
ギュマンの恐怖に怯えるミニは、「帰ってください」とイナたちを追い返す。

ドンホの弁護をするため、資料を集めるジヌは、ぺ刑事の元に聞き込みにやってくる。
しかし、ぺ刑事はナム会長の犬であり、ねつ造した話しかしてくれない・・・。
(ジヌは気づいていて、わざと彼の元を訪れたのか?ドンホの弁護は俺がするってのを間接的に伝えるため|д゚)チラッ?)

ジョンア殺害の凶器をソッキュに渡したスボム。
「あの証拠品は、必要な人に渡す。」
ソッキュから送られてきたメールを見ていたスボムは、ギュマンにのぞき込まれてしまった・・・。
(けど、バレてない(;^ω^)?)

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「リメンバー 記憶の彼方へ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←24話     26話→

リメンバー あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「リメンバー」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
リメンバー ~記憶の彼方へ~ 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ