韓国ドラマ リメンバー あらすじ3話

韓国ドラマ リメンバー あらすじ3話

リメンバー 記憶の彼方へ

今回の韓国ドラマはこちら!
リメンバー
さっそく3話をご覧ください
リメンバー あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ リメンバー 記憶の彼方へ あらすじ3話

父の初裁判を終えて、肩を落としながら帰路に就くジヌ。
同じバスに乗り合わせたイナは、「まだ始まったばかり。最後まで諦めないで。」と語り掛け、頬を伝う涙をぬぐうよう、そっとハンカチを差し出す。

”真実は事実に打ち勝つ”
まだ真実はわからないけど、ジェヒョクが罪を犯してないと信じているイナ。

一方、ジョンア父が裁判中に暴れだした事で、ジェヒョクの裁判は延期に。
その報道をテレビで見ていたギュマンは、部下の運転でどこかへ向かう。

工事中のビルに到着したギュマンは、「ニュースになってる死んだ女、あの日のパーティーにいたよな?まさかお前が犯人じゃないよな?」と友達に問い詰められる。

二人が深刻そうな表情で話をしているところに、後を追ってきたドンホが乱入。
名刺を見せたドンホは、ジュイル(やくざの親分)の担当弁護士であることを告げる。

パーティーをしている際に、違法な薬をやっていたと予想したドンホ。
証拠があるふりをしてギュマンを揺さぶり、わざと彼を怒らせる。

まんまとドンホの罠にかかったギュマンは、「お前みたいな人間、死んでも誰も気づかねーんだよ!」と激怒し、ビルの高層から突き落とそうとする。

「おーい!しっかりとれてるかー!?」
ドンホが隣のビルに向かって手を振ると、その先には子分たちがカメラ片手にスタンバイ。
暴行の様子を撮影されたギュマンは、ジュイルの件は示談で終わらせる事を約束する。

今日はドンホ父の命日で、ジヌ母と兄の命日でもある。
花を手向けにやってきたドンホと顔を合わせたジヌは、「父の弁護をしてほしい」とお願いする。
悪人から大金をむさぼり弁護することが日常のドンホは、「金がないならダメだ。縁がなかったと思って諦めな」と断る。

「ちょっと待ってくれ!!」
ドンホが運転する車の前に、両手を広げて飛び出してきたジヌ。
無実の父を助け出したいジヌは、何度断られても食い下がり弁護をお願いする。

そのジヌの姿が、昔の自分と重なって見えたドンホ。
一瞬気を許したかのように見えたが、結局「弁護はしない」と断って車を発進させる。

補足。
何故ドンホがジュイルの事をアニキと呼ぶのかというと、父が亡くなった時がきっかけのようです。
死んだというのに誰も葬式にやってこず、唯一やってきたのがジュイルだった。

たくさんの子分を連れて、ドンホ父の葬式にやってきたジュイル。
「俺のようにならないためにも、大学に行って勉強しろ。そして、父さんを送ってやれ。」と、おもむろに封筒を差し出した。
その時ドンホは、薄情な世の中の人々に対する苛立ちを感じ、”ヤクザの方が義理堅くてよほどいい”と感じたようだ。
(この時から、ドンホはジュイルに恩を感じていたわけですね。)

帰宅したジヌは、自宅の前に集まっていたご近所さんたちから、様々な罵声を浴びせられ、突き飛ばされる。
ジヌの事が気になって様子を見に来たイナは、「やめなさい!これは集団暴行よ!」とご近所さんたちを追い払う。
(刑法第何条・・・とか言われて、ご近所さんたちビビッて帰っていった。)

無実の父を人殺し呼ばわりされ、一日中ひどく罵声を浴びせられ続けたジヌ。
悔しさ、悲しさ、苛立ち、彼の気持ちはどう表せばいいのか・・・。
心配するイナの手をふりほどき、自宅に入ったジヌの頬には涙がつたっていた。

翌朝。
本日もほっとけない精神を発揮し、ジヌの様子を見に来たイナ。
ピザを玄関先において帰ろうとしたところ、自宅から出てきたジヌと遭遇。

気になって後をつけると、違法賭博場にたどり着く。

スポンサーリンク

ドンホに弁護をお願いするには大金が必要だ。
そう考えたジヌは、すべて記憶することができるその能力を駆使し、違法賭博場で大金をせしめていた。

しかし、元締めが簡単に帰してくれるはずもなく、「おいお前、ちょっとこっちこい!」とジヌは絶体絶命のピンチ。
そこに、「ピザの配達でーす!!」と勇気を振り絞ってイナが突撃。
一瞬の隙をついて二人は逃げ出すが、屋上に追い込まれてしまう。

”何としてもこの金が必要なんだ・・・。”
ジヌの決意は固く、通りかかったトラックめがけてイナと共に飛び降りる。
(いくら土の上に着地したとしても、めちゃくちゃ痛いと思うが・・・。|д゚)チラッ笑)

一億ウォンという大金を目の前にしても、ジヌの頼みを断るドンホ。
十分な金額だっただけに、「アニキ、どうして断ったんですか?」と子分も不思議そうな顔をする。

延期になっていたジェヒョクの裁判が開かれ、弁護士は変わらず頼りない国選弁護士のソン・ジェイク。
相変わらずのしどろもどろで弁護どころではなく、絶望的な状況にジヌもうつむいてしまう。
(しどろもどろっぷりが、あまりにもやり過ぎで見てるこっちも笑ってしまうわ。笑)

ジヌがうつむき絶望していたところ、突然裁判所の扉が開く。
「来たぞ。待たせたな。」
ドンホが颯爽と登場し、ジヌの顔を見てうさんくさいスマイル。笑

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「リメンバー 記憶の彼方へ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←2話     4話→

リメンバー あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「リメンバー」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
リメンバー ~記憶の彼方へ~ 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ