韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ47話

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ47話

鳴かない鳥

今回の韓国ドラマはこちら!
鳴かない鳥
さっそく47話をご覧ください
鳴かない鳥・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ47話

ニッパーの購入者がミジャだと突き止めたソンスは、ナムギュの指紋がついたもう一つのニッパーをミジャがどうやって事故現場に捨てたのか調査する。

守りの固いミジャよりも、頼りないスチャンのほうがボロを出しやすいと考えたハニは、嫌がる彼と強引に会う約束を取り付ける。

公判の途中に抜け出したミジャが金物店に行ったことを突き止めたソンスは、盗聴したミジャの話をナムギュに聞かせる。
ハギョンが持っていたブローチもナムギュが買った物と同じ物と分かり、全てはミジャの仕業だと確信するナムギュは、横領の証拠となったIDサインもミジャの弟スチャンなら偽造することができると話す。

当時総務課長であったスチャンなら横領の手助けをしたに違いないと疑うハニは彼を問い詰めるが、まさか自分の犯行だとは口が裂けてもいえないスチャンは、ハニの尋問に動揺しつつも苦しい言い訳を繰り返す。

じわじわと首を絞められるミジャは、ハニがスチャンに会ったと聞き、弟がボロを出していないかと心配する。
怖じ気づいたスチャンはいっそのこと横領したことを自首したいと言い出すが、家族から犯罪者が二人も出てしまえばユミの結婚など夢のまた夢。
頼りないスチャンにユミのために我慢しなさいと言い聞かせるミジャ。

何もかもうまくいかないテヒョンは酒に逃げ、人に頼ってばかりいないで自分で彼の心をつかみなさいと葉っぱをかけられたユミは、テヒョンを追いかけ彼が酔いつぶれていたバーに向かう。

泥酔したテヒョンはハニの声が聞きたくて電話をかけるが、未練を断ち切りたいハニは彼の電話を無視する。
自分からハニを捨てておきながら未練たらしく電話をかけてくるテヒョンを、黙って見過ごせないソンス。
ハニの心をまどわすテヒョンと直接対決しようと考えたソンスはハニを連れテヒョンが飲んでいるバーへ向かう。
お酒の力を借りなければ言いたいことも言えないテヒョンにソンスはキレ、騎士きどりのソンスを見て、早くも男ができたのかとハニを責めるテヒョン。

彼を迎えにきたユミは、「まるでチンピラね」とソンスを軽蔑しテヒョンを助けだす。

泥酔したテヒョンをホテルの部屋につれてきたユミは、「彼が私を必要としているの」と母に外泊の報告を入れる。

ソンスは取り乱したことをハニに謝るが「普段はあんな人じゃないのに」とテヒョンをかばうハニ。
彼女への思いを抑えきれないソンスは、ジムに行き自分の体を痛めつける。
苦しそうな息子を見て、控訴審が大変なのかと心配するパク議員。
息子が女性の事で苦しんでいると感づく父は、もっと冷静にならなければえん罪を作ることになってしまうと感情的な息子を諭す。

スポンサーリンク

翌朝、裸で目覚めたテヒョンは下着姿のユミから「嬉しかった」と甘えられ、自分の行動を疑う。
絶好のチャンスを逃さないミジャは、ハギョンを連れユミたちが泊まっている部屋におしかける。

娘を傷物にされたミジャは、縁談を強行し、式の日取りを決めようとする。
手ぶらで縁談を進めるわけにいかないハギョンは、ブローチの件を内緒にする代わりに社長就任計画の会話録音を引き渡してほしいと条件づける。

国会議員パク・トジュンを利用して控訴を取り下げさせようと考えたミジャは、回りくどくチョ・ダリョンに頼み、パク夫人に接触する。
偶然にもパク夫人がパーキングエリアで助けてくれた人物と分かり、彼女と親しくなるミジャ。
ナムギュの控訴を知らなかったダリョンは、ミジャの狙いを知り、自分にまで害が及ぶのではと焦る。

ミジャから海外へ隠れているよう言われたダリョンは、スチャンにも警告し、彼を逃がそうとするが、荷物を取りに戻ったスチャンは姉とスティーブが争う会話を聞いてしまい、スヨンが死んだのは姉の指示だったと知る。

無実のナムギュを死刑になどできないスチャンは、自首すると言いだし、真実を明かそうとハニに会いにいく。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「鳴かない鳥」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←46話     48話→

鳴かない鳥 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ