韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ71話

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ71話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく71話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ71話

被害届けを出す事をチャンミが決意し、犯人が証拠隠滅する前に早く警察に届けたいと焦るテジャをジュニョクは、SL本社の危機管理にも関係するため会社の承認が必要だとまったをかける。

チャンミのせいでファン家が恥をかくことなど断じて許せないホン女史は、「チャンミを諦めなければ私が死んでやる。」と怒り、テジャを悩ませる。

チャンミから動画事件の話を聞いた会長は、真面目に一生懸命頑張っている彼女に次々を振りかかってくる問題を気の毒に思い、ホン女史がチャンミの事件を受け止められるはずがなく正直に事情を話すという彼女を心配する。

動画事件を知らせようと大急ぎで帰ってきたホン女史は、チャンミが会長を丸め込むために先手を打ったと誤解する。

ミンチョルが犯人だと思っているチャンスは彼を脅しに行き、やっとチャンスへの恐怖心が薄らいでいたミンチョルは、またしても彼に怯えることに。

動画流出の噂はSL社内でもちきりとなり、ジュニョクが手を尽くそうがもうどうにもならない状態に。
重役は会社の名誉を守る事が最優先だと主張し、テジャの婚約者とはいえ一店舗社員のために会社の評判を落とせないと警察への捜査依頼を思いとどまるよう訴える。

チャンミが気の毒でたまらない会長だが、社員や役員たちの心配も無視するわけにいかず・・・。

ミンジュ家族を疑うテジャは、彼女の家に行き、警察に捜査依頼する前に、今からでも自首するようにと説得する。
テジャに犯行がバレれば彼を取り戻す事など到底できないミンジュは、ミンチョルに罪を被せ言い逃れようとする。
子供たちが連行される姿など見たくないガンヒは、テジャの脅しは本気だと心配し今のうちに白状しなさい、とミンジュたちを怒る。

警察への捜査依頼はあまりにもリスクが大きく、株価暴落を危惧する会長は、チャンミの事件を不問に付したいと決心する。
祖父の冷酷さを思い出したテジャは、こんな会社の本部長など辞めてやると怒り、会長の意見に同意するジュニョクにも失望する。

SL本社として警察に捜査依頼しないと聞いたミンジュは、天が自分に味方したと思い込み、ホン女史の気持ちがゆらいだ今がチャンスだと希望を見つける。

会社の掲示板にまでチャンミの動画が出回ったと知ったミンチョルは、自分が犯人でなくても盗撮した責任を感じチャンミに謝罪する。
ミンチョルのせいで、恥辱を受けたチャンミは彼を許そうとせず、二人が、またこそこそと会っているところを尾行していたユリは、ミンチョルたちの関係がまだ続いていると誤解する。

スポンサーリンク

落ち込んでいる奥さんを心配するカン先生のため、アラさんは「奥さんにプレゼントしたら喜ばれますよ。」とアロマ入り高級ハンドクリームを贈る。

アラさんに言われたとおり自分で買ったとハンドクリームをガンヒにプレゼントしたヨンホだが、結婚して一度も気の利いた物をもらったことのないガンヒは、夫に後ろめたい事があるから優しくされていると勘ぐってしまう。

ヨンジュのためにお粥を作ろうとしたチャンディだが、料理など、からっきしできない彼女は焦がしてしまい、見かねたチャンスが代って調理を。
かわいい息子が台所に立っているところを目撃したヨンジュは、年上のチャンディが息子を尻に敷いてると思い彼女にきつくあたる。

チャンミとの間に何も後ろめたさのないミンチョルは、ユリに尾行された事に腹を立て自分から謝ろうとせず、母に説得され渋々ユリのご機嫌取りを。
煮え切らない態度のミンチョルがチャンミに未練があると思い込んでいるユリは、完全に怒ってしまい今日で別れるから投資したお金を即刻返金するよう要求する。

会社へのリスクを考えるとチャンミの被害届を思いとどまらせようとするジュニョクであったが、「勇気を出して戦う。」と決意したチャンミを必死で守ろうとするテジャに心を動かされチャンミの力になる事を決める。

化粧品販売もしていないのに投資金全額返金など不可能なガンヒは、家族中の貯金を集め僅かでも支払ってユリに誠意を見せたいと考える。

SLが警察依頼を諦めたと安心していたカン家だったが、ミンチョルは性暴力犯罪の容疑者として警察から出頭を求められる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←70話     72話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ