韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ35話

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ35話

あなただけが私の愛

今回の韓国ドラマはこちら!
あなただけが私の愛
さっそく35話をご覧ください
あなただけが私の愛 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ あなただけが私の愛 あらすじ35話

別れの理由を問い詰められたドウォンは、生活が苦しく恋愛なんかしてる場合じゃないんだと訴え一方的に別れを告げる。
つい数日まであれほど心の通じた彼女がまるで人が変わったようになり、これは彼女の意思であるはずがないと疑うジゴン。
何を言ってもドウォンは聞き入れてくれず彼の元を去っていく。

ジゴンとの別れをイ社長に報告したドウォンは、レストランを守るという約束は必ず守ってほしいとお願いする。

父がドウォンに何かしたに違いないと思ったジゴンは、両親を責め、死んでもドウォンとは別れないと宣言する。

真っ赤な目をして帰ってきたドウォンを心配したナムスン。
ジゴンの両親のことを思えば二人が別れるしかないと考えるドックもどうすればいいのかと悩み、あんないじめを受ければ別れるのは当然だとヨンギは怒る。
イ社長からドウォンが別れたとの報告を受けたヘリは、これで邪魔者はいなくなったと喜び、タウンマートに復帰する。

翌朝ドウォンがどんな顔をして下りてくるのかとひやひやものの家族は、いつもと変わらず元気なドウォンを見て、かえって痛々しく感じる。

なよなよしたジゴンがあまり好きではなかったウリは、ドウォンが失恋したと聞き、喜び、金持ちの家に嫁ぐことに反対だったマルスは「墓穴をほらなくてよかったよ」と慰めにもならない言葉をかけみんなをしらけさせる。

別れを切り出したドウォンは昨夜は泣きはらしていたと聞くと、理由が分からないジゴンは苦しみ、「あんなに幸せそうだったのにどうして振られたんですか」とマネージャーはジゴンを責める。
彼を忘れようと仕事に没頭するドウォンは、誰の目から見ても空元気で、立ち止まると涙があふれ出る。
フランチャイズの件は流れ、ヘリもタウンマートに戻ってくる。

ヘリは進行中のプロジェクトを理由にタウンマートに復職し、社長のためだと恩着せがましくジゴンに報告する。
父が何かしたはずだと疑うジゴンは、ヘリから何か聞き出そうとするが、張本人である彼女が口を割るわけがなく、ドウォンとは絶対に別れないという彼にヘリは口先だけの応援を贈る。

理由も分からず彼女を手放せないジゴンは、ドウォンに会いにいき話がしたいと訴える。

片手しか使えないのにそれでも日課のくず集めをやめようとしないオ社長。
ドウォンのためにどうしてやるのが一番かと悩むドックに「一生苦しむより、今だけ苦しむほうがいい」とマルスは本音を漏らす。

水をかけられ塩を浴びせられても懲りずにやってきたチョ室長は、マルスから法外な額をふっかけられ呆れるが、先々タウンマートが手に入るブナムはそれでも諦めずオ社長と話をつけてくるよう室長に命じる。

スポンサーリンク

純粋な親切心を不倫関係だと噂されたジュランは腹の虫が治まらず、スヨンに会って直接話をつけようとする。
このままでは修羅場は必死、なんとか二人をなだめようと思ったジエは、ヘソンを呼び出し「ヘリなんかもともと兄さんの相手じゃなかったのよ」とケンカを売る。

ヘソンを呼びだした本題はモデル依頼だったので、ジエはむしゃくしゃして結局チョPDに推薦されたモデルを使うことに決め、「チョPD」とくりゃヘソンの嫉妬心も加熱し、モデルなら俺がやってやると自ら立候補する。

スヨンが継母であることを黙っていたのにナムスンと不倫関係だと言われたジュランは、スヨンに食ってかかり、単細胞ジュランをバカにするスヨンは、娘の好きな男性の母親を私が侮辱するはずがないですよと言い訳する。

ナムスンの放送を見たスヨンから父親捜しに協力すると言われたジュランは、意外と優しい人なんだとコロッと騙され、スヨンへの誤解を解く。

彼への思いを必死で断ち切ろうとするドウォンの携帯にジゴンからの着信がなると、彼女はそのまま電話を切ってしまい、ドックが娘の代わりにジゴンに会いにいく。

ジゴンがいくら優しくいい青年であっても、両親との板挟みになって苦しむ娘を見ていられないドックは、最初っから無理な話だったんだとジゴンに諦めてくれるよう頼む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「あなただけが私の愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←34話     36話→

あなただけが私の愛 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「あなただけが私の愛」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
あなただけが私の愛 DVD BOX オフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • お願いママ

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ