韓国ドラマ・シンデレラの涙・あらすじ25話

シンデレラの涙

今回の韓国ドラマはこちら!
シンデレラの涙
さっそく25話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、シンデレラの涙・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・シンデレラの涙・あらすじ25話

ヨンエの施設をこっそり尋ねるソンギョンは、枕を赤子と勘違いし子守を続けるヨンエの姿を見て驚く。
ソンギョンに気が付いたヨンエは正気に戻り、ここから出してくれと暴れ出すも、職員に拘束され身動きがとれない。

帰り道、車を運転するソンギョンは、「必ずあなたにも天罰が下る。」 と、ヨンエの言い放った一言が頭から離れず、精神的に追いやられた彼女はドヨプに助けを求める。

夜遅くに泣きながら電話をかけてきたソンギョンに驚くドヨプは、「どこに行くの?」 と、問いかける妻を無視し、ソンギョンの元に駆けつける。

「きっと私には天罰が下るわ・・・」 自分で自分のやっていることに怖くなってきたソンギョンは精神的に崩れ始めるが、心配して声をかけるドヨプには、「大丈夫よ。 気にしないで。」 と、強がる。
ソンギョンの手を握り「俺がついてる。 例えソンギョンさんが地獄に落ちたとしても、地獄までついていくし見捨てない。」 と、アピールするドヨプは、強引に彼女を抱きしめる。

婚約式の予約をしたホテルで、ジョンスの母と遭遇したヘジョン。
「ここでジョンスが働いているんです。 一目会ってやってください。」 と、声をかけられる。

ギヒョンの過去を暴かれそうで怖いヘジョンは動揺し、「婚約式は、ホテルではなく、自宅でやりましょう。」 と、急遽予定を変更。
自宅でやろうと言われたジェインは、何かあったのか戸惑うも、「私に任せておけばいいのよ!」 と、強引に押し切るヘジョンに負け、何も尋ねず従うことにする。

チャヨンが復職したことを喜ぶギヒョンだったが、ジェインは納得いかない。
昔、チャヨンが母の指輪を盗んだといまだに勘違いしているジェインは、「罪人は罪人らしく罰を受けろ」と、心の中で呟く。
濡れ衣をきせられただけのチャヨンは、「本当の罪人が罰を受けるべき。」 と、信念を曲げない。

チャヨンを養女にすると決意したイ会長は、「報告がある」 と、ドヨプ達を呼び出す。
ギヒョンもジェインを連れて待ち合わせに向かうが、途中でチャヨンの事を発見し車を止める。

「先に行ってて? 私はチャヨンの事を手伝ってから向かうわ。」 と、車を降りたジェインは、ヨンエ捜索のためにビラを配るチャヨンの元に近づく。
ヨンエを見つけようと必死にビラを配るチャヨンを罵り、ビラを取り上げ、地面に投げつけるジェイン。

先に向かったと見せかけて、車を停車しチャヨンの元に近づくギヒョンは、ビラを投げつけるジェインの行動に幻滅。
まさか見られているとは思ってもいなかったジェインは、「手伝おうとしたのに断られたから・・・」 と、苦し紛れの言い訳。
ジェインの代わりにチャヨンに頭を下げるギヒョンは、「すまなかった。」 と、謝罪する。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

養女をもらうと聞かされたドヨプとヘジョンは猛反対。
しかし、ギヒョンを養子にするとき許可など求めなかったドヨプ達に「お前らも独断で決めたではないか。 お前らには関係ない。」 と、反論するイ会長。

チャヨンを呼び出したイ会長は、「お前と家族になりたい。」 と、説得する。
 ”家族” と、言う言葉を久しいぶりに聞いたチャヨンは喜ぶも、イ会長に迷惑はかけたくないと養女の話を断る。

会社の前でマンギ代理を待つギヒョンは、男同士仲良く市場の調査に向かう。
体調不良で仕事を休んだジェインを心配するギヒョン。
嘘をついて休んだジェインは、婚約式に備えて美容室を訪れていた。

会社のデスクに指輪を仕込んだジェインは、「今日つかうものなの。 悪いけど届けてくれる?」 と、チャヨンに当てつけの様に連絡。

ヘジョンは婚約式の準備万端で、ジェインとソンギョン、ギヒョンの到着を待つ。
一足先に到着したジェインとソンギョンは、予想以上に豪華に準備された婚約式に驚く。

施設から電話がかかってきて、ドヨプの部屋で一人ソワソワするソンギョン。
「ヨンエが自傷行為に走りました。」 と、聞かされたソンギョンはパニックを起こす。
異変に気づいたドヨプが部屋に入り、泣き崩れる彼女を抱きしめる。
居間にジェインとヘジョンがいるにもかからわず、こっそりと部屋でキスしてしまう二人。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「シンデレラの涙」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←24話     26話→

シンデレラの涙 あらすじ 詳しいネタバレ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー