韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ17話

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ17話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく17話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ17話

ハユンだけを溺愛する母に不満が爆発したミスクは「母さんにひと泡吹かせてやりたい」とやけ酒を飲み、パートナーのワンソンに愚痴る。

家は裕福になってもお母さんの関心はいつも優秀なお兄ちゃんばかり。

ミスクが何か話そうとしてもシャッターを下ろすように母は拒絶し、寂しさに耐えかねた彼女は高校3年生のときに家出する。

母に冷たくされると、あの頃のことが昨日のように思い出されるミスクは、酔った勢いで母の悪事を記者にリークしようとするが、「ハユンを傷つけてもいいのか」とワンソンは怒り、暴走しているミスクを止める。

最近元気がないソクジンが、まだジャギョンに未練を持っているのかと心配した同期は「あの時に子どもでも作っていればよかったのに」と、できちゃった婚で幸せになっている友達を引き合いに出し、今さらジャギョンを追いかけてもマザコンのソクジンが母親に反抗できるわけがないと説教する。

ワンソンに止められても「悪女の母親から天使は産まれないのよ」と開き直ったミスクは、友達のイム記者を呼び、お酒を飲む。

ミスクから話を聞き出したイム記者は、ウニに会うため彼女の勤め先である弁当屋にやってくるが、ウニに取材拒否されると「ハユン君の実のお母さんかどうかだけでも教えてください」とぶしつけな質問を投げかける。

このままではハユンを奪われてしまうと恐れたウニは、最低限の荷物をかばんに詰め、ハユンを連れて高速バスに乗る。

イ・ソジョンと、もっと親しくなりたいセラは、娘のジムをソジョンと同じクラブに変え、美容皮膚科やエステの場所まで調べ上げる。

行く先々で偶然なんて無理だとジャギョンは面倒がるが、口ではそう言ってもイ・ゴヌ監督に少しは興味のある彼女は、ソジョンの隣のレーンに行き、彼女に話しかける。

元気のないウニを励ますために、仮装をして驚かせようとしたミョンソンだが、家に帰ってみると二人ともまだ帰っておらず、電話をかけてもつながらない。

ハユンの部屋は、泥棒でも入ったのかタンスは開けっぱなし物は散らばり、自分の部屋に入り現金封筒を確かめたミョンソンは、分かりやすい場所に置いていたお金でさえなくなっていないので、首をかしげる。

冷静に見てみるとウニたちの服だけがなくなっており、彼女がどこへ行ったのかゴヌに電話をかけてみる。

ウニが姿を消したと聞き、ゴヌは仕事を放りだして彼女の家に行くが、手がかりは何もなく「誘拐犯にさせてなるもんですか」とミョンソンからパク・ボゲの脅迫話を聞く。

スポンサーリンク

ソクジンから仕事に戻れと電話が来ると、ゴヌは会議に集まっていたみんなの前でソクジンを殴り、公私混同する彼をソクジンは非常階段に連れ出す。

行き当たりばったりで、なるべく遠くに逃げたウニは、ハユンが気に入ったかわいいペンションに泊まり、親子水入らずの幸せな時間を過ごす。

毎日帰りの遅いママを待っていたハユンは、ずっとママと一緒にいられると言って喜び、息子が不安な思いをしているのではと心配だったウニは、ホッと胸をなで下ろす。

ハユンを連れてウニがいなくなると、ソクジンはウニのことだから様子を見ようと考えるが、かっとなったら歯止めがきかないボゲは警察に通報すると騒ぎ、記者に話したミスクが焦って止める。

タイミング悪くイム記者から電話がかかってくると、自分でもどこまで話したか覚えていないミスクは「名誉毀損で訴えられるかもしれない」とイム記者を止めようとするが、母に電話を聞かれてしまい、記者に話したことがバレる。

家族の不幸を願うミスクをボゲは、敵だとののしり、女手一つでユリを育てているミスクは、どうしてハユンばかり可愛がるのよと逆ギレする。

おばあちゃんたちの話を聞いていたユリは、ハユンが家族になるんだと、うすうす察知し、ハユンのママが可愛そうと、小声でつぶやく。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←16話     18話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 月桂樹洋服店の紳士たち

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ