復讐の女神 - あらすじネタバレ7話+8話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. 復讐の女神 >

復讐の女神 - あらすじネタバレ7話+8話と感想レビュー

韓国ドラマ 復讐の女神 あらすじ7話+8話 感想とネタバレ

た坊助
訪問ありがとうございます、た坊助です!
今回は復讐の女神のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 7話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 8話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
たぼ美
ここからは、たぼ美がレビューしていきます! それではさっそく7話のあらすじからお楽しみください!

復讐の女神 あらすじ7話

パク女史が亡くなる。

第二の殺人が行われると分かっていながらミス・マは止めることができなかった。

遺体を発見したのは通いの家政婦チュ・ボクスン。

遺体のそばに除草剤が落ちており、“ウジュンは不倫相手の子“という脅迫状を目にしたチョ所長は自殺だろうと判断する。

ベッドの下から”本当にごめんなさい“とパク女史の書いた紙が出てくると、自殺はあり得ないと否定していた夫は気を失いそうになる。

たぼ美
重病説はどうなったんだろう。

脅迫状は配達されたものではなく直接置かれたものだった。

先日ミス・マの話を一緒に聞いていたホン先生は、パク女史が殺されたのだろうかと怖がる。

ウジュンの家庭教師ヨム・ウネは、パク女史の葬儀でかいがいしく働くと、妻の座を狙った朝鮮族の彼女がパク女史を殺したのだと噂され脅迫状も届く。

“私たちの弁護士先生を奪った人殺しの朝鮮族”

たぼ美
朝鮮族って何?と思ったら、中国に国籍を持つ朝鮮民族みたいですね。 北朝鮮の方かと思った。

ミス・マに参考人招致がかかり、ウンジは「こんなもの応じる必要はない」と心配するが、パク女史の殺害は家族に犯人がいるかもしれないとミス・マは考えており、このままではウジュンを殺人犯の元に置いておくことになると、ミス・マは苦手なパトカーに乗り込む。

ミス・マは、脱走犯事件の管轄である西部署に連れていかれ、彼女が飲んだ紙コップをハン刑事が入手する。

たぼ美
この人は、誤認逮捕してしまったかもしれないと考えているから、ミス・マの味方になってくれるのかもしれないけど、今彼女の素性がバレてしまえば、とにかく刑務所に連れ戻されてしまう。

指名手配ポスタートップに載っているミス・マがやってくると、刑事は、ここまで似ている人間がいるものかと彼女の指紋を採取したがり、参考人では指紋採取ができないとなると、先日のホ・ジュヨン事件を利用し不法侵入罪で彼女を被疑者にする。

刑事が被疑者宣言したその時、殺人事件が起こったと西部署は大騒ぎとなり、ミス・マの容疑はうやむやになる。

たぼ美
めちゃくちゃな警察だわ、刑事の思い一つで好き勝手に容疑者をつくりあげている。

雑木林で遺体となって見付かったのは、パク女史のところのチュ・ボクスン。

彼女はコ・マルグの名刺を握りしめて死んでおり、警察はコ・マルグの家を家宅捜索しようとするが、ボスが就寝中ということでマルグが断る。

事情をよく知る西部署のパク刑事は、寝室で寝ているボスを確認すると、彼に気を遣い、足音をたてずに静かに調べさせる。

キッチンの棚の奥から血のついた包丁が発見され、証拠が出てきたのに、マルグが待ってくれというとパク刑事は断れず、おとなしく家の前で用事が済むのを待つ。

たぼ美
ボスは、寝たきりと見せかけて、実は自由に動けるとか。

寝室で寝ていたのは、義侠派の伝説のボス。

マルグが濡れ衣を着せられると、必ず犯人に報復せねばならぬと怒りを露わにする。

ミス・マの脅迫状には、分厚い色の付いた紙が使用されており、それが絵本の一部だと気付いた彼女は、この本の借主を調べてほしいとウンジに頼む。

たぼ美
たった24文字しかないハングル文字で脅迫文作るのに、どうしてわざわざこんなすぐに分かる絵本を使用したんだろう。

この1カ月間に、絵本を借りた人物は、亡くなったパク女史、首つりのホ・ジュヨン、濡れ衣を着せられたコ・マルグ・・・。

ウンジのところにも“お前は売春婦だ”という脅迫状が届いており、彼女も使用された書籍を突き止めていた。

ミス・マの脅迫状に使用された本と、ウンジの脅迫状に使用された本、2冊の書籍の借りた人物が犯人の可能性が高い。

結果はコ・マルグとパク女史ということになり、マルグを信じているミス・マは、パク女史の夫チェ弁護士の犯行だと推理する。

たぼ美
コ・マルグが無実だという証拠はありましたっけ。

殺された家政婦のボクスンは、チェ弁護士に好意を持っており、美しい家庭教師ヨム・ウネを目の敵にしていた。

ヨム・ウネがチェ弁護士をものにしようとパク奥さまを殺したと考えた彼女は、ヨム・ウネに脅迫状を送ったが、ウネから脅迫状を見せられたチェ弁護士が、妻の死は殺人だと気付かれてると知り家政婦のボクスンを殺した。

7話の感想

たぼ美
だから、家の中に若い女性を入れちゃ駄目なのよ。 奥さんがいるのに、家政婦と家庭教師が夫を取り合っていたってことでしょう、ああ。

復讐の女神 あらすじ8話

パク女史の遺書が自筆だと鑑定したのは夫のチェ弁護士。

ミス・マはコ・マルグの無実を訴えペ巡査に推理を聞かせるが、名誉ある現職の弁護士と町のゴロツキでは勝負がついたようなものだと、まったく取り合ってもらえなかった。

たぼ美
証拠がないと・・・。

ウジュンは鳩の子供がスズメだと信じていたが、そのことで友達にからかわれる。

ちょうど子供たちが言い争っているところを見かけたミス・マは、友達と仲良くしなきゃ駄目よとウジュンに声を掛け、元気のない彼にのり巻きを届けてあげる。

「ウジュンは寝ています」と最初家庭教師に断られたが、寝ているはずのウジュンが玄関に出てきたので、家にあげてもらいのり巻きを食べさせてあげる。

机の上には中国留学のパンフレットが置いてあり、つらいことを忘れるためには自然の成り行きだと思ったが、家庭教師は留学のことを聞かれると慌ててパンフレットを隠し明らかに動揺していた。

「中国に行ったら、お友達と仲良くしなきゃ駄目よ」と言うと、ウジュンは怒って箸を置き自分の部屋に入ってしまう。

たぼ美
ケンカの時もそうだったけど、ミス・マってあまり子どもの気持ちを分かってない?

ミス・マが帰ると彼女を追い掛けてきたウジュンは突然抱きつき「僕はパパの子じゃないからママは自殺したの?」と友達に言われたことをミス・マに確かめる。

大人たちが面白おかしく言いふらした噂が子どもの耳に入り傷つけてしまった。

人間ってなんて醜悪な生き物なのかとミス・マは憤り、ぼろぼろと泣きながら帰ってきた。

彼女を心配したウンジは、「このまま放っておくつもりなの?」とチェ弁護士が出国してしまう前に罠を仕掛けたらどうかと提案する。

たぼ美
そんな時間あるのかな? チェ弁護士が犯人なら、とにかくすぐにでも出国するんじゃない?

“あなたが3人を殺したのは分かってる、カネを出せ“

二人はチェに脅迫状を送り、ミス・マが彼の動向を探る。

そして呼び出した待ち合わせ場所には、ウンジと、そして彼女とデートできると思ってやってきたペ巡査が待ち構える。

たぼ美
なんて言って誘ったの、今夜時間ある? みたいな感じかな。

約束の12時を回ってもチェ弁護士は在宅し動きはなかった。

「そっちの様子はどう?」と電話をかけてきたウンジが何者かに殴られ、どういうわけか、犯人をチョ所長が捕まえてくれた。

黒づくめの服に黒いキャップ帽を被った人物は家庭教師のヨム・ウネだった。

警察はホ・ジュヨン、パク女史、チュ・ボクスン殺しは、すべてヨム・ウネの仕業だったと発表し、チェ弁護士を巡って争っていたボクスンから脅迫を受けていたヨム・ウネが彼女を殺したと説明する。

ヨム・ウネのスニーカーからチュ・ボクスンの血液反応が出ており、自供は時間の問題だと自信を見せる。

たぼ美
ミス・マの事件となんとなく似ているような気がする。 ということは、無実かな。

ペ巡査は念のためチェ弁護士を調べたが、ホ・ジュヨンや妻が亡くなったとき彼は仕事をしていたという証言があり、ボクスンが亡くなった時も、車の運転をしていたという供述が取れていた。

今回、ウンジを守るはずだったペ巡査は、偶然にもトイレに行っており、匿名の通報を受けたチョ所長が、ヨム・ウネを逮捕した。

たぼ美
怪しい人ばっかり。 ペ巡査、12時の待ち合わせと分かっていながら、どうしてそのタイミングでトイレ?

お父さんに慰めてもらい元気の出たウジュンが、手作りののり巻きを持ってミス・マのところにやってきた。

「買った物よりは美味しいと思うよ」とウジュンは、ミス・マが料理できないことを見抜いており、かなり上手に作ったのり巻きを渡し、「ヨム先生と3人で今日中国に行くんだよ」と教えてくれる。

たぼ美
ウジュンは、先生が逮捕されたことを知らないの?

被疑者として留置されているヨム・ウネが、どうして釈放されるのか。

チェ弁護士は、無実だから大丈夫だと自信を持っており、ミス・マに大きな謎が残る。

チュ・ボクスンが殺された時、ヨム・ウネはコ・マルグの家に本を借りにいっており、お互いの供述で二人の容疑は晴れ釈放される。

たぼ美
共犯だってこともあるのに、凶器が見付かっていながら釈放?

釈放されたヨム・ウネはその足でタクシーを止め、急いで仁川港に向かう。

すべてチェ弁護士の思い通りに進んでしまった。

ミス・マはチェ弁護士とヨム・ウネが共犯だと考え、ボクスンを殺している時刻にヨム・ウネにボクスンの血がついたタオルをコ・マルグの家に持っていったとにらむ。

マルグが本を探している間に、ヨム・ウネはキッチンから適当な包丁を取り、それにタオルを巻き付けて隠したというのだ。

たぼ美
警察は、ボクスンの傷口と凶器となった包丁の形をちゃんと照合したのかな、なんだかどれもお粗末な話。

今回の件で一番腹を立てていたのは、まんまと利用されたコ・マルグ。

犯人をみすみす逃すのかとミス・マのところに乗り込み、「仁川港に行きましょう」と、彼女を連れていく。

この時、ようやく真相にたどり着いたミス・マは、チェ弁護士とは別行動しているはずのヨム・ウネをウンジに保護させ、ウジュンと一緒にいるチェ弁護士を見つける。

ウジュンに飲み物を買ってきてほしいと言って彼を遠ざけると、すべてを見透かされたチェ弁護士は、ミス・マの携帯を取り上げ電源をオフにする。

証拠となるものがなくなると彼は腹を割って話し始め、朝鮮族のヨム・ウネを妻になどする気はないと口走る。

チェ弁護士にスマホを取られると想定していたミス・マは、もう一つのスマホでテレビ通話をしており、チェ弁護士の話を聞いたヨム・ウネが悲鳴をあげる。

共犯である彼女に証言されてしまえば全部おじゃん。

チェ弁護士はウジュンを人質にとり、「どうせこいつは俺の子じゃないんだ」と息子を傷つける。

その時、後ろからコ・マルグが襲いかかり、チェ弁護士を仕留める。

8話の感想

たぼ美
ウジュンの父親が違うということは、パク女史が本当に浮気していたのかな。 ヨム・ウネと再婚する気がなかったのに、なぜわざわざ奥さんを殺す必要があったんだろうか。

復讐の女神 あらすじの続き 一覧

「復讐の女神」前後のお話はこちらから

←5~6話     9~10話→

「復讐の女神」各話の一覧はこちらから

『復讐の女神』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「復讐の女神」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

復讐の女神 amazon



-復讐の女神
-, , , , , ,

© 2021 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5