韓国ドラマ 優しい魔女 あらすじ13話+14話+15話 感想とネタバレ

韓国ドラマ「優しい魔女」

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!

今回は優しい魔女のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 13話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 14話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 15話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク

の四本立てであります(=゚ω゚)ノ

それではさっそく13話のあらすじからお楽しみください!

優しい魔女 あらすじ13話

出国禁止命令が下る前に国外逃亡するようにと婿のチェ・ガンミンは会長にパスポートを渡したが、すべての黒幕はチェ・ガンミン。
会長の国外脱出を検事にリークし、逮捕状を急がせる。

東海航空緊急事態に代表取締役が不在ということで、ガンミンは臨時取締役会を開き、オ・テリを社長、自分が副社長に就任する。
東海航空幹部陣は一掃され、テリが目を掛けているウジン以外は、すべて彼女の思い通りに動くコマばかり。

社会的に批判されているオ・テリに味方する理事ってバカじゃないか?
会長が亡くなったわけでもないのに、復帰したらどうすんの?

スポンサーリンク

ソンヒは、再検査の日を延期しようと病院に行ってみると、そこには、もう一人のチャ・ドヒがいた。
受付の女性はIDカードを持ってきたイェビンが本人だと思い、検査結果を話したが、そこにチャ・ドヒ本人が来たものだからウソだとばれる。
チェ・ガンミンの力を得たイェビンは、ドヒの脅しなど怖くなく、認知症を暴露するためにやったことだと言って開き直る。

IDカードには顔写真も載っているのに、マスクをかけたイェビンを確認もせず信じるなんてあり得な~い。

設立そのものが危ぶまれていたワンエアの全面支持をオ・テリが約束し、すべての情報は彼女と共有することとなる。
ウジンは、これでワンエア設立の希望が持てると喜ぶが、オ・テリがワンエアつぶしにかかっていると知ったソンヒは、彼に言っても信じてもらえないと思い、倫理委員長のチェ・ガンミンに助けを求める。

オ・テリやイェビンがドヒをいじめてくるのは嫉妬。
かわいいチョロンに教えられたソンヒは、マヌケなお人よしではなく、クールで情け容赦ないチャ・ドヒとして二人に対抗する。

騙されるよりも騙す人間になれってこと?
(´・_・`)うーーーん

朝食の席では先に来ていたイェビンがちゃっかりウジンの隣に座っていたが、「彼の隣は私の席よ。どきなさい!」と言ってもイェビンは引き下がらず、気を利かせたウジンのほうがドヒの隣に移る。
共同生活で幼稚なことをしないでと文句を言われると、共同生活だからこそ関係性をはっきりしたいと、チャ・ドヒはウジンと恋人関係にあると公表、ウジンのお母さんは感激する。

外出の多いドヒとはまだ顔を合わせていなかったチョンジ母娘は、なんでも言うことを聞きますと平身低頭お願いし、ドヒの機嫌を取ってシェアハウスに居座る。

息子の浮気でソンヒに迷惑をかけておきながら、もっと怖いドヒの住居に同居する気になるか?

世紀的美女のチャ・ドヒに同じ顔のお姉さんがいるというので、テヤンとしては、どれほどの美人なのかと好奇心が抑えられない。
ドヒのお母さんが働いているというサウナに行ってみると、ドヒとまったく同じ顔の地味な感じの女性がゆで卵を頭で割り、お母さんと話をしていた。

オ会長は、ガンミンの勧めには従わず国内に潜伏していた。
父を追い出し、逮捕状が出た状態で、海外に足止めしようともくろんでいたオ・テリは、計画が狂ってしまうと逆上し、バッグでガンミンを殴り、彼の頬から一筋の血が流れる。

切れ味の悪い金具で切ると、あとあとしみるよ。
って、そういう問題じゃないか。笑

ワンエア事業計画として、機内販売お弁当を原価2千ウォン以下で作れるというチャ・ドヒ。
魚の買い付けから、さばくことまで一人でやってのけ、1メートルもあるヒラメを手際よく切っているドヒにウジンは唖然。
チャ・ドヒの意外な一面にウジンの心はときめく。

チョンデのせいでレストランはクビになり、オーナーにあることないこと噂を流された愛人2号ミンジは、恥をかかされたと逆上し、縁を切ったチョンデにカード使用の返金を求めてくる。

ワンエアを諦めると表明した娘の記事を読み、オ会長は、非通知で電話をかけてくる。
お父さんの体を心配したふりをして居場所を突き止めたテリは、検察を連れて父を捉えようとするが、隠れ家で釣りをしていたのは父ではなく見知らぬ男性だった。

13話の感想

会長のほうが上手ね。
娘夫婦の企みを知ってるのかな。

優しい魔女 あらすじ14話

新鮮な魚介類を提供し、格安航空に見合った格安お弁当の提供は、堅実な事情計画だと評価され、ワンエアの事業許可が再審査されることになる。

レストランに就職してまもなくクビを切られたのでチョンデにはおカネがまったくなく、妻の事業資金を盗み、ミンジの返済に充てる。
そこへ、関係を整理したはずのスヒョンから電話が入り、夫が亡くなり、どうしていいか分からないと泣きつかれると、チョンデはいてもたってもいられなくなり、スヒョンの元へ駆けつける。

情に厚いのはソンヒもチョンデも一緒か。
学生時代から付き合っているソンヒの夫が亡くなり財産を受け継いだなら、もうそちらでよろしくやってちょうだい。

スポンサーリンク

妻の事業資金にまで手を付けるような男。
おカネを返してもらった愛人2号ミンジは、奥さんも被害者だとソンヒを気の毒がり、チョンデがスヒョンと一緒にいるとソンヒに電話をかけてる。

ミンジに教えてもらった場所に行くと、喪主となったスヒョンと一緒に家族のようにチョンデが斎場を切り盛りしていた。
財産目当ての結婚で実家に見放され、婚家でも彼女のことを歓迎してくれず、亡くなった男性の妹たちがスヒョンをとっちめにやってきた。
チョンデは、浮気じゃない、友達として見過ごせないだけだと言い張るが、いじめられるスヒョンをほってはおけず、ソンヒを置いて彼女を助けにいく。

お葬式なら仕方がない気もするけど、それなら奥さんにちゃんと説明してから行けばいいのに。

ワンエアの事業計画がとおり、久しぶりに家族のもとへ帰れたソンヒは、最悪な1日となり、またシェアハウスに引き返す。
彼女に話があったオ・テヤンは駅のトイレでドヒを見失い、数時間も彼女を待っていた。
いったいどこにいるのかと携帯にかけてみると、コインロッカーから荷物を出しているドヒのお姉さんが目に入り、彼女はテヤンの電話に応え、バレエ鑑賞中だから邪魔しないでとドヒのふりをする。

どこをどう歩いたのか、気付くとシェアハウスにたどり着いたソンヒ。
枯れるほど泣いても涙は止まらず、ドヒの帰りが遅いと家の前で待っていたウジンは、泣いてるドヒにびっくりする。
埃が目に入っただけだと言うドヒは、体を震わせ、涙が止まらず、「私は、弱い人間ではありません」と強がるドヒをウジンは抱きしめ、「大丈夫だ。俺が守るから」と包み込む。

彼女の後からついてきたオ・テヤンは、自分が好きになった人がチャ・ソンヒと知り、抱き合う二人を呆然と見つめる。

ウジンの手から取り返す余裕もないか。
こういう小さなことの積み重ねがソンヒの気持ちを変えていくかもしれないよ~。

パパを心配しているチョロンのためにも、今回のことも許そうとしたソンヒ。
しかし、葬儀が終わったら帰ってきてほしいとチョンデに電話をかけてみるが、彼の電話に出たのは愛人スヒョンだった。

事業許可の再審査のために、ウジンは、大胆な事業計画書を作る。
航空法の免許基準に合わせるため、路線の増線。
独立運動家の子孫が多く住んでいるウラジオストクとの航路を開くため、ロシア連邦航空と連携し新規航路を開拓する。
他社が撤退した不人気路線であっても、会長の志を継ぎたいというソン・ウジンの言葉に娘のオ・テリは苦々しい態度を取る。

オ・テリは、自分の力でワンエアを成功させたいと言ってたが、この事業を成功させたいのか、つぶしたいのか分からない。

チョロンを東海航空の見学に招待したソンヒは、詰め所にあったゴミを捨てにいったところオ・テリ一行の声がして出られなくなりゴミの山に隠れる。
チョロンを連れてきたソンヒのお母さんは娘と連絡がつかず、ソンヒは忙しいのだろうと帰ろうとするとソン・ウジン機長に声をかけられ、シェアハウスで会ったことを思い出す。

ドヒの親せきかと思った女性が彼女の母親だったので、ウジンは交際していることを告げ、ドヒの姪っ子だというチョロンを社内見学につれていく。

14話の感想

チョロンとウジンが仲良しになったとしても、親子になるのは難しい気がする。

優しい魔女 あらすじ15話

客室乗務員の授業はチョンジに代弁を頼み、自由な身となったオ・テヤンは、チャ・ドヒに化けているソンヒを尾行し、とうとうもう一人のソンヒの居場所を見つける。
脳血管センターに入院していたのはチャ・ソンヒと書かれた女性、彼女がチャン・ドヒなのか。

具合の悪い会長が安山(アンサン)病院に行ったことが分かり、テリは褒賞金をかけ父を捜させる。

いつ死ぬか分からないような宿泊客に困った女将がコンチーム長に電話をかけてきた。
コンチーム長にとって会長は、父親を助けてくれた恩人。
オ・テリの側近として彼女に仕えていたが、会長の願いを聞き入れ、テリには会長を逃してしまったとウソをつきウジンの所へ連れていく。

会長、汚い。
野宿していたわけじゃないのに、どうしてお風呂に入ってないの?

スポンサーリンク

ソンヒの姑オクチョンは、ドヒを脅迫しておカネを巻き上げるために、ウジンの母親にソンヒの父親が起こした殺人未遂容疑の記事を見せる。

体はおとなでも考え方は至ってピュアなウジンのお母さんは、友達のムンスクを心配し、漢方薬を差し入れる。
記事を見せられたムンスクは、事実ではないと否定し、これがオクチョンの仕業だと聞くと、彼女は敵のような人間、学生時代にコンジュ(ウジンのお母さん)の彼氏を取った、あの憎い女ピョン・オクチョンだと教える。

オ会長を自分の部屋にかくまったウジンは、ドヒにだけは会長のことを知らせ、病院につれていけない事情があると、会長の容体を見てもらう。

なぜ?
客室乗務員は看護師免許まであるのかいな。

会長は慢性虫垂炎の疑いがあり、ソンヒは脈を測り、腹部を触り患部を突き止めると、温湿布と冷湿布、氷、ガーゼ、薬煎じ器 おろし金 ひえた梨 大根 しょうが 漢方薬材店で苦参を買ってくるようにとウジンに命じる。

全部覚えられたかな?笑

ソンヒは、ツボを押し気の流れを良くすると、ウジンが用意した材料で薬を煎じ会長に飲ませる。
痛みは嘘のよう消え会長はまたチャ・ドヒに助けられたと感動。
チャ・ドヒの高い医術力にウジンはびっくりするが、彼女の場合、大げさな姑や夫を養ってきた生活力、テレビの健康番組で仕入れた情報だった。

それで盲腸を治せるの?

シェアハウスでは人の出入りも多く会長を隠しきれないのでドヒに頼み、彼女の実家でかくまってもらうこととなるが、会長を連れ出すときにイェビンに見られてしまい証拠写真を撮られる。

玉の輿にのろうとしているドヒを脅し、おカネを騙しとろうとしていたオクチョン。
シェアハウスの監視カメラ画像をチェックしていたオ・テヤンは、脅迫犯の正体をつかみ、チャ・ドヒに教えてくれる。

ピョン・オクチョンが、あのブスで意地悪なオクチョンだと判明すると、ウジンのお母さんコンジュは、オクチョンと同じように脅迫文を送り、彼女を怖がらせる。

すぐにたたき出さないのは、何か考えがあるのかな。

スヒョンの夫の葬儀を済ませたチョンデは、家には誰もいないからと彼女を自宅に誘い、夫婦の部屋で夕食を食べていた。
チョロンを連れて帰ってきたソンヒは、女ものの靴に気付きチョロンをお友達の家に行かせると、夫の不倫現場に踏み込む。

マヌケなソンヒなら、どんなことも許してくれる。
チョンデは、ただの友達だから家に上げたと言い訳し、遺産を得たスヒョンは葬儀が終わり、心変わりしたとチョンデ奪還をほのめかす。

マヌケな人間は利用されるだけ。
向かい風を避けていては飛行機は高く飛べないとチョロンに教えてもらったソンヒは、チョンデが愛人の下着を取りにいっている間にチャ・ドヒに変身し、別人となって二人をこらしめる。

15話の感想

どうしてわざわざ夫婦の家に愛人を連れてくるの?
仲良くやりたかったら愛人の家に行けばいいじゃない。
ここまで妻をばかにするなんて、復縁はあり得ない。
ソンヒ、絶対に許しちゃ駄目よ。

優しい魔女 あらすじの続き 一覧

「優しい魔女」前後のお話はこちらから

←10~12話     16~18話→

「優しい魔女」各話の一覧はこちらから

【『優しい魔女』各話のあらすじ】感想やネタバレなど徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「優しい魔女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

優しい魔女 KNTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ