韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ97話

大切に育てた娘ハナ

今回の韓国ドラマはこちら!
大切に育てた娘ハナ
さっそく97話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それでは、大切に育てた娘ハナ・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ97話

何の関係もない二人がなぜ一緒にいるのか?
ラヒは「GC産業開発の代表ドゥシクに仕事の話で会っていた。」と、言うが。
ハナは二人が会っている事で、
「関係のない彼になぜ狙われたのか、謎が解けそうだ。」と告げ、
日食の日にラヒが何をしたのか、彼との関係は何か、
必ず明らかにすると彼女を追い込む。

ユンチャンとハナは、主犯はドゥシクと確信するが、
今彼を捕まえればソルを取り逃がしてしまう。
このままではソルの思う壺、もう一度あの事故について整理する事にする。
ハナが生きている事を皆に知られた今、ユンチャンはハナに護衛をつける。

ドゥシクは、事件の日、ハナに顔を見られているのに、
彼女が今だに警察に通報しない狙いを探ろうとする。
そしてハナをチャン会長に会わせないようチョンランたちに念を押す。

ラヒは、ますます追い詰められていく。

ユンチャンはウン室長と共に、ラヒとドゥシクの関係を探る。

ヒョソンは、知り合いからファンソの発酵場が売りに出され、
買ったと自慢する人までいる事を聞きハナに電話する。

その頃、発酵場を売り飛ばしたラゴンはハナにバレはしないかと焦っていた。

ハナは毎日カメに話しかける。
ファンソは1年間社長不在で追加生産ができず発酵場を臨時閉鎖、
その間に6割もの発酵場が売りに出されていた。
犯人はラゴンである事は明らか。
それに彼はSSから独立した今もソルに会っているというのだ。

ハナの問題提起に頭を悩ますソル議員。
彼は党が自分を必要とする為に、自分の政治活動を支援する有権者を集結させるよう、
ドヒョンに指示する。
そして反対する理事は、全て排除するようドヒョンに先導させる。

【スポンサードリンク】

ドウンはラゴンがSSに来る事をハナに知らせる。

家業への愛着が全くないラゴンは、ホテル経営の計画書を持参。
ドヒョンがハナではなくソル議員側についたと聞き喜ぶ。。
ドヒョンはソル議員の許可がおりれば、自分が後ろ楯になってやるとラゴンに約束する。

ご機嫌で廊下を歩いていたラゴンは、突然現れたハナにホテル計画書を奪われてしまう。

ハナはドヒョンに会いに行きホテルの件を確認する。
彼はSSが動いている以上、何をしても無駄だと答え、
ハナは彼が本当に信念を捨て、父親のように冷酷な企業家になった事を思い知らされる。

落ち込んだハナはカメの側で考える。
少しでもドヒョンに期待を持っていた自分が情けない。
二人の関係は本当に終わった。
ハナは初恋が終わった事を受け入れる途中だとユンチャンに語る。

冷徹と言われても、ドヒョンがハナにできる事は、彼女を自分から離す事。
彼はハナが自分の信念に従って進んでくれる事を祈る。

二人の思いでのネックレスを箱に納め、ハナは初恋に終わりを告げる。

ハナはラゴンがファンソを売り飛ばす事を、
なぜおじいさまが黙って見ているのか不振に思う。

「もしかして、おじいさまは何も知らないのかも・・・。」
ハナはおじいさまの事を調べる。

病院でのおじいさまは、ますます病状が悪化する。

ヒョソンはチャン家に行って、おじいさまが入院中である事をお手伝いから聞き出す。
そこへチョンランがガンチョルと腕を組んで帰ってきた。

ヒョソンは、おじいさまが面会謝絶なのに、
度々病室が変わる事に何か裏があるとハナに話す。
そしてチョンランが腕を組んでいた男の名前が『コ・ガンチョル!』
彼がラヒの父親である事を思い出した。
ハナはパク・ドゥシクの写真を見せ、彼とコ・ガンチョルが同一人物である事、
GC産業開発代表の彼がラヒの父親である事を母に確認する。
ラヒが父親にハナの始末を頼んだ。
ハナを憎むソル、ラヒ、ガンチョル。
1年前のあの時、目的を同じくするこの3人が狩猟場に集結していた。

「これで謎は解けた!」

ハナは、ソル議員の議員事務所開所式に花束を持ち、祝いに現れる。
そして議員の祝いに駆けつけた議員資格検証委員会の委員長であるチョン議員に挨拶し、
「ソル議員の事で直接話したい事がある。」ときりだす。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「大切に育てた娘ハナ」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←96話     98話→

韓国ドラマ・大切に育てた娘ハナ・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ