韓国ドラマ・シンデレラの涙・あらすじ32話

シンデレラの涙

今回の韓国ドラマはこちら!
シンデレラの涙
さっそく32話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、シンデレラの涙・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・シンデレラの涙・あらすじ32話

チャヨンに突然キスするヒョヌンは、「また、たわごとを言ったら、こうして口を塞いでやる」 と、言い残し去っていく。

会社に失望したギヒョンは、退職届を提出。
転職先も決めずに退職願を出したギヒョンに「あなたはジェインを守る義務があるの。 賢明な判断をしなさい」 と、言い放ち、退職届を破り捨てるソンギョン。

「会社ではなく母に失望したのでは?」 と、問いかけるジェインに、「そうかもしれない」 と、ギヒョンは正直に言い返す。
困ったジェインはヘジョンに電話をかける。

チャヨンの元を訪れたヘジョンは、家に上がるなり発狂。
机の物をひっくり返し暴れまわる。

家政婦さんに「奥様が血相を変えて出かけたんだけど、心配だから様子を見に行ってほしい」 と、言われたギヒョンは、チャヨンの自宅に向かう。
チャヨンの事をバッグで叩きつける母を制止するギヒョンは、「母の代わりに僕が謝るよ」 と、チャヨンに謝罪。
キーキーわめき散らす母に呆れ、チャヨンの事を庇う彼は、「好きになったのも、付きまとっているのも僕の方なんだ」 と、母に言い返す。
薬を取り出し「これを飲めば私は死ぬ」 と、自殺をほのめかすヘジョンに追い詰められたチャヨンは、「私が身を引きます」 と、膝をつく。

帰宅しベッドで眠る母を見るギヒョンの目線は冷たい。

チャヨンに電話をかけるイ会長は、泣きながら話していることに気が付き、励ましてやろうと自分の家に招こうとする。
素直じゃない会長は、何かと理由をつけて、「トイレが詰まった、電球が切れた」 と、彼女を呼び出そうとする会長だったが、冗談に付き合っている気分ではないチャヨンは「チャ秘書に頼んでください」 と、告げ、電話を切ってしまう。

「社内掲示板に噂を流したのは君だろ?」
オ先輩が犯人だとわかったヒョヌンは、「君はクビだ。 たとえ誰かに指示されてやった事だとしても、許される事ではない」 と、冷たくあしらう。

「私はヒョヌンさんの事が好きなんです。 チャヨンに嫉妬していたんです」
愛の告白をするオ先輩だったが、「告白には最悪のタイミングだ」 と、ヒョヌンはばっさりと切り捨てる。

ジェインに助けを求めるオ先輩は、見捨てる態度を示したジェインに「婚約者にすべて話してやる。 私は失うものはないが、あなたはどうなのかしら」 と、脅す。
脅されたジェインは、仕方なく「何とか手を尽くすわ」 と、話し、その場をやり過ごす。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ウンジャがチャヨンを背負っている写真を見せつけ、「自分の娘に謝罪しなさい」 と、ソンギョンに迫るヨンエ。

新事実発覚!!
ヒョンテはヨンエの実の息子だった。
息子を養っていくことができなかったヨンエは、仕方なく養子に出した。
忘れて生きていこうとしたヨンエだったが忘れる事ができず、養子先だったチン社長を誘惑し、後妻に収まった。

育ての親を、実の母だと信じ生きていたヒョンテ。
15年の間ほったらかしにしていたヨンエは、罪悪感から、今更真実を告げれずにいた。
しかし、子供を捨てることはできず、せめてもの償いとして優しく接していたのだった。

「私は自分の子供を絶対に捨てたりしない」
ソンギョンの事を責めたて、娘に謝罪しろと迫るヨンエ。
拒絶するソンギョンを脅すヨンエは、「自分の事も含め、何もかも真実を告げて、ヒョンテと離婚させてやる」 と、脅す。

屈するわけにいかないソンギョンは、コーヒーカップを割り、コ室長の時の様に、自分自身を傷つける。
帰宅したヒョンテは、ヨンエが暴走したと勘違いし、急いでソンギョンを病院に連れて行く。

病気のせいだと勘違いされたヨンエは、真実を話すためヒョンテの運転する車を追いかける。
道路に飛び出したヨンエは、通りかかった車に轢かれてしまった。

事故現場に遭遇したヒョヌンは、「母さん、目を覚ましてくれ」 と、呼びかける。
意識が遠のいていくヨンエは「ヒョンテの事をよろしく頼む。 仲良くするのよ。」 と、言い残し、目を閉じる。
ヨンエは、ソンギョンに襲い掛かったと濡れ衣をきせられたままこの世を去ってしまった。

訃報を聞いたチャヨンは、ヨンエとお揃いで買った髪飾りを胸にあて、悲しみに暮れる。

ヒョンテは、ヨンエが作りかけていた編み物を抱きしめ、「今までの事は水に流し、これからと言う時だったのに。。 何故妻に辛くあたったのですか・・・」 と、疑ったまま、胸を痛める。

ヘジョンに呼び出されたチャヨン。
ギヒョンが結婚する事を聞かされ、ソウルから出て行ってほしいとお願いされる。
何も言わずに帰宅しようとしたチャヨンだったが、わざわざ引き留められ、ギヒョンとジェインのために作った部屋を自慢され、落ち込みながら帰宅する。

「会長が風邪気味なんだが、病院に行きたがらなくて気がかりなんだ」
チャ秘書に呼び出されたギヒョンは、会長の自宅に向かう。
部屋に入ると煙が充満しており、幼いあの日の火事を思い出したギヒョン。

チャヨン! 俺がいま助けてやる! 待ってろチャヨン!
無我夢中でジャケットを振り回すギヒョンは、過去を思い出したショックで、そのまま意識を失い、床に倒れ込む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「シンデレラの涙」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←31話     33話→

シンデレラの涙 あらすじ 詳しいネタバレ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ