韓国ドラマ・シンデレラの涙・あらすじ31話

シンデレラの涙

今回の韓国ドラマはこちら!
シンデレラの涙
さっそく31話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、シンデレラの涙・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・シンデレラの涙・あらすじ31話

お前の事を愛していると思ったが勘違いだった。
本当に愛している人に巡り合えた、と、チャヨンの事を紹介するギヒョン。
と、チャヨンにすべてを奪われる悪夢にうなされるジェイン。
うなされる娘を心配するソンギョンは、ジェインのためにチャヨンを追い詰めなければと焦る。

オルゴール片手にチャヨンの元を訪れたギヒョン。
「どうしてこれがジェインの家に?」
問いかける彼に真実を告げず、ジェインの事を庇うチャヨンは「貸していたのを忘れていました。」 と、嘘をつく。

「もしや僕はチャ・ソンタンなのか?」 と、訪ねるギヒョンだったが、ジェインの言葉を思い出すチャヨンは、記憶を思い出すことが彼のためになるのか躊躇し、話を濁す。

ギヒョンの正体がソンタンだとチャヨンにばれたと知るヘジョンは発狂。
薬を飲むも精神的に落ち着かない。

チャヨンの自宅を訪ね、「ジェインが苦しんでいる。 早く退社してほしい。 娘のためなら何でもする。」 と、実娘を前に平然と語るソンギョン。
いつもは追い出されてばかりのチャヨンだが、ここは自分の家。
「出て行ってください」 と、ソンギョンの事を追い返す。

死んだお祖母ちゃん(ウンジャ)に話しかけるチャヨンは、「私とあの人は、本当の家族なはずなのに、あの態度はなんなの。 実の娘は私なのに・・・」 と、語りかける。

帰宅したギヒョンは、両親の顔色を見て違和感を感じる。
「もしかして、僕は昔、チャ・ソンタンだったの?」
ギヒョンの問いかけに手が震え、我を忘れるヘジョン。
「記憶が完全に戻る前に、チャヨンの事を何とかせねば」 と、焦りが募り、手を震わせる。

翌朝。
オルゴールは借りたものだと言い訳するジェイン。
「返す手間が省けてよかったわ」 と、ギヒョンに感謝し、平然と嘘をつく。

出社したジェインは、自慢げに結婚式の招待状を配る。
日ごろ一緒に働くマンギ代理や、デヒョン課長も突然の結婚に驚く。

普通なら笑顔が出るはずのギヒョンだったが、浮かない表情。
「結婚するんだからもっと喜べ。 照れてるのか?」 と、何も知らないマンギ代理たちは、元気のないギヒョンの事を勘違いする。

建て前上、みんなの前では、「おめでとう」 と、祝いの言葉をかけるチャヨン。
ギヒョンに、本当はソンタンだという事を秘密にしてくれているチャヨンに感謝するジェインだったが、「私は私の思った通りに行動する。 打ち明けるも秘密にするのも私次第よ。」 と、クギを刺され怯える。

チャヨンを追いだすために作戦を企てるジェインは、オ先輩を呼び出した。
協力してほしいとお願いしたジェインだったが、断られそうになると、防犯カメラの映像(チャヨンに罪をなすりつけたブレスレット事件)を取り出し、「これをばらまかれたくなければ、おとなしく協力して」 と、脅す。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

風邪気味で早退したヒョンテ。
急に優しく接してくるヨンエに、戸惑いを隠せない。

後妻としてこの家にやってきて、ヒョンテの実の母を自殺に追い込んでしまったヨンエ。
ヒョンテにも冷たく接し、酷い事をしてきたと自分の人生を悔いるヨンエは、罪滅ぼしの意味を込めてヒョンテに対する接し方を改めた。
「ヒョヌンの事をどうか恨まないで。 あなたの事を兄さんと慕ったたった一人の弟よ。 そして、恨みなどは関係なしに、ソンギョンには気を付けて。」
涙を流しながら、ヨンエの言葉に耳を傾けるヒョンテ。

ソンギョンの子供を探偵に探させるヒョヌンだったが、まだチャヨンまではたどり着かない。

チャヨンの事を心配して電話をかけるイ会長。
「この、おせっかい以外は、至って平穏な一日です」
チャヨンに言われてしまった会長は、おとなしく電話を切る。

ジェインとギヒョンの結婚が済む前に手を打つべきだと焦るチャ秘書は、「何故、口出ししないんですか?」 と、会長に苦言を呈す。
ちなみに今日もチャ秘書は、花柄のエプロンで料理を作っています。笑
そして、個人的な意見ですが、チャ秘書が、テニスの松岡修造に見えてきた・・・笑

出社したチャヨンは、すれ違う人々みんなからの視線を感じる。
トイレで自分の噂話を聞いた彼女は、社内掲示板を確認。
 ”婚約者がいる男を誘惑し・・・” と、でかでかと掲示されていることに絶望する。
肩を落とすチャヨンを遠目で確認するジェインは満足した様子で、「効果はてきめんよ。 よくやったわ。」 と、オ先輩を褒める。

オフィスに到着したチャヨンは、すでに自分の荷物をまとめられ、席が無くなっている事に苛立つ。
上司であるマンギ代理や、デヒョン課長は、さらに上司であるソンギョン達の指示に逆らえず、「申し訳ない。」 と、チャヨンに頭を下げる。

「最近のお前は変な行動が多い」
噂を流したのはおまえだろと、ジェインの事を疑うギヒョン。

社長室に向かうチャヨンだったが、不在のため会うことができない。
直接自宅までやってきて抗議しようと、ソンギョンの帰りを待つ。

彼女の前に現れたギヒョンは、「もうこんな会社辞めろ」 と、珍しく声を荒げ、手を引き、車に乗せようとする。
二人を見ていたヒョヌンは激怒。
「お前はジェインの婿になるんだ。 チャヨンの不幸は、お前の行動にも原因があるんだ」
怒鳴りつけギヒョンに殴りかかるヒョヌンは、チャヨンの手を引き、その場を去る。

「私はギヒョンの事が好き。 できる事ならジェインのすべてを奪ってやりたい」
本音を漏らすチャヨンの口をふさぐように、突然キスするヒョヌン。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「シンデレラの涙」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←30話     32話→

シンデレラの涙 あらすじ 詳しいネタバレ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 今日、妻やめます