韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ15話

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ15話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく15話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ15話

トイレで泣いて出てこないママを心配したハユンは、清潭洞に行けばママが病気になると考え、「ママが嫌なら大好きなおばあちゃんに会うのをやめるよ」と幼いながらも気を遣う。

パクおばさんと違い優しいソクジンなら直接話をすれば分かってもらえるかと思ったウニだが、ソクジンはおばさんのように冷たく、他人がハユンを育てるのは間違っているハユンに、俳優活動を続けさせる上でも保護者として相応しいのは実父の俺だとウニに怒る。

ハユンの次回作をゲットしたいナ監督は、同期のソクジンにウニを説得してほしいと頼むが、彼がなかなか仲を取り持ってくれないので、ソクジンの名前を使ってハユンにラジコンカーをプレゼントする。

保育院でママを待っていたハユンが高価なラジコンカーで遊んでいると、ウニは、ソクジンからプレゼントされた物だと思い、「こんな物受け取ったら駄目でしょう!」とゴミ箱に捨て、ママの剣幕にハユンはビックリする。

何も分からないハユンに当たってしまった、ウニは自己嫌悪に陥り、具合の悪いママを、まだ小さいハユンは病院につれていけないと悩む。

様子のおかしいウニを心配してやってきたゴヌは、「おじさんが来たからもう大丈夫だよ」とハユンを安心させる。

子どもの前では気丈に振る舞っていたウニも、ゴヌの顔を見ると抑えていた感情が爆発し、「これからどうしたらいいの」と大泣きするママを見て、ハユンも一緒になって泣く。

ゴヌから事情を聞いたミョンソンは、今までさんざんウニを利用してきたボゲに腹を立て、高級服やミルク、家財道具を持ってきたときに、どうして気付かなかったんだろうと悔しがる。

保育院につれていけば、仕事をしている間にボゲおばさんが連れ去ってしまうかもと恐れるウニだが、日常を変えてしまえばハユンのほうが混乱すると思い、取られれば取り返す、不安に怯えずボゲおばさんと正面から戦おうと決心する。

ウニと親しくしているゴヌとエレベーターで一緒になったソクジンは、彼ならもう本当のことを知っているだろうとハユンの好物を聞き出そうとするが、どこからどう見ても子どもに関心のなさそうなソクジンがハユンを引き取りたがっていると聞き、ゴヌは何か魂胆があるのではと疑う。

イ・ゴヌ監督の経歴を見ても、財閥見合い専門の知人に聞いても、ゴヌが金持ちだとう証拠がつかめないセラは、当てが外れたのかとがっかりする。

久しぶりのアパレルCMにジャギョンは乗り気で、ソジョンとの打ち合わせも意欲的に取り組む。

諦めの悪いグァンスがイ監督を尾行するというので、息子に任せればまとまる話も壊れてしまう。

ホン・セラは監督と親しくしていたソジョン本人に確認し、彼女とゴヌが兄妹であると知る。

スポンサーリンク

ウニの状況を法務部に確認したゴヌは、実父に経済力があれば育ての親よりも有利だと言われ、ボゲが故意に子どもを捨てたと主張してみても、それは臆測に過ぎないと専門家の立場から言われる。

赤ん坊が捨てられたことが原因で心臓の手術をしたと言うと、弁護士はやっと戦う材料があるかもしれないと逃げ道を見つけ、当時の証人や、証拠を集めるように指示する。

ボゲおばさんにひと言言わなければ気持ちが収まらないミョンソンが彼女の家に行くと、気の早いパク家ではハユンを迎える準備が着々と整っていた。

自分の孫だと分かっていながらウニに押しつけたボゲ。

ミョンソンがいくら怒鳴ろうがわめこうが尻尾を出すようなボゲではなく、帰宅してきたソクジンは、お前に指図される筋合いはないと言い返す。

ウニがいくらソクジンのことを好きでも黙っていられないわ、とぶち切れたミョンソンは、「父親なら我が子に気付くはずよ!」と怒鳴りつけ、ハユンが手術を受けたときも何もしなかったくせにと言われるとソクジンは返す言葉がなく、ウニの子どもよりミスクの子どもを可愛いがりなさいよと言われたミスクも、何も言えず黙ってしまう。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←14話     16話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 月桂樹洋服店の紳士たち

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ