韓国ドラマ 王は愛する あらすじ24話

王は愛する

今回の韓国ドラマはこちら!
王は愛する
さっそく24話をご覧ください
王は愛する あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ24話

忠烈王はかなり衰弱しきっており、リンが御医を呼ぼうとすると、彼は無比がいるから必要ないと断るが、彼女が側を離れた一瞬を狙い、ヨンベクの娘を助け、余のことも助けてくれとリンにささやく。

王から密命を授かったリンは、世子に知らせようとするが手だてがなく、ソン・インを利用しようと彼にある指示を出す。

ウン・ヨンベク殺しが再調査され、王妃殿のチョ尚宮が捕らえられる。

王妃は世子に会いにいこうとするが、東宮殿は縄で閉じられ身分の上下に関係なく、命令に背くものはその場で打ち殺せと世子が命じていた。

婚礼の日を気遣ったサンは、何度も世子の手を振りほどいたが、彼の寝台で深く眠っているサンは無抵抗、世子が手を握っても安心しきった表情で眠っていた。

初夜でありながら世子に無視されたダンは、惨めに世子妃宮で彼を待ち、女官たちに笑われる。

彼女に心寄せるチングァンは、ダンの話し相手になり、触れることのできぬ世子妃を気遣う。

東宮殿に入れないリンは、イ・スンヒュ先生を訪ね、世子に会う方法を尋ねようとするが、すでに王妃の手が回り、彼は人質となっていた。

イ・スンヒュは、王妃がウン・ヨンベクを殺したと疑っていたが、香を焚くのを手伝ったという女官が現われ、ヨンベク殺しがあの無比だと判明する。

イ・スンヒュは、忠義に厚いワン・リンを最初から信じるべきだったと王妃に助言し、彼女は、友であるなら世子を助けるべきではないかとリンに迫るが、「もう世子の友ではありません」とリンは協力を拒み、押し入ってきた赤蛇がイ・スンヒュを捕らえる。

「あの方に会わねばならぬのですが、他に方法がありません。」

連れていかれるイ・スンヒュの脇を支えたリンは、密かに会話を交わし、教えを請う。

王の命令で都堂が招集され、主管はワン・リンに任される。

王が与えた課題は、ウン・ヨンベクの死の真相を明らかにすることと、代理統治をしている世子に対し評価を下すことだった。

次の世子だと約束されていたワン・ジョンは、私でなくなぜリンなのだとソン・インに食ってかかるが、世子を追い詰めることができるのはワン・リンだけ。

ソン・インは世子を葬ったのち、リンを抹殺すれば、ジョンに世子の座が回ってくると約束する。

都堂の上座には世子が座り、王の代理としてリンが実権を握る。

スポンサーリンク

ヨンベクが亡くなった部屋に入った御医は、部屋に焚かれていた香がウン氏の病状に悪影響を与えたと証言し、彼がいたのは王妃殿だと聞くと、臣下たちが当然のようにざわつく。

矢文を受け取った両将軍は、ウン家、ワン家から見つかった兵糧は偽物だったと報告したが、世子にとりあってもらえなかったと証言する。

リンは、ウン氏は殺害され、ワン家、ウン家に濡れ衣を着せられた可能性があると王妃の召喚を望み、世子は抵抗できなくなる。

王が休む寝台の横でソン・インは無比を抱き、決定的瞬間を王妃に見られる。

王は声を掛けても目覚めず、王妃は、部屋にあった香炉を破壊する。

王妃はソン・インら下劣な輩を捕らえようとするが、王妃の護衛にソン・インの手下が刃を向け、王の御前で刀を抜いた者を始末するだけだとソン・インは口実をつくる。

騒ぎに目覚めた王を無比があやすと、王妃は近づけなくなり、フラタイは王妃を守ろうとしソン・インに斬られる。

茫然自失となった王妃をソン・インは宮殿に送り届けるが、愛しいシャクヤクの花を握った王妃はこの世を去る。

王妃を都堂に呼んでくださいと言ってリンが出ていった後、王妃様の逝去が報告される。

リンの呼び出しに応じ、彼との待ち合わせ場所に急いでいたサンは、王妃逝去の報を聞き、世子の元に駆けつける。

スポンサーリンク

王は愛する あらすじの続き 一覧

「王は愛する」前後のお話はこちらから

←23話     25話→

「王は愛する」各話の一覧はこちらから

【「王は愛する」の魅力全開!】王は愛するのあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「王は愛する」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

王は愛する 特設サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ