韓国ドラマ 王は愛する あらすじ25話

王は愛する

今回の韓国ドラマはこちら!
王は愛する
さっそく25話をご覧ください
王は愛する あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ25話

王の下で護衛していた者は皆殺しにされ、フラタイも王妃の護衛も王の寝所で殺された。

そこには無比が一緒におり、王妃殿に帰ってきた王妃が無比のことを口にしていたと影の護衛は報告する。

宮殿では王が王妃を殺したと噂され、ソン・インは世子の力をもぎ取るために、彼の遺言をワン・リンに授けようとし、リンの行方が分からないと聞くと、リンでもジョンでもどちらでもいいから連れてこいと王を仮死状態にさせる。

王は目覚めさせてはならぬとソン・インに命じられた無比は王に毒を盛ろうとするが、リンに見つかり、寝所から逃げようとする。

廊下で無比をしとめた世子は、ここまで王妃を死に急がせる必要はあったのかと無比を責め、世子の弱みにつけ込んだ彼女は、わざわざこんな所まで出向いてくるから死に急ぐことになったんだと王妃を侮辱する。

刀を抜き、怒りをこらえていた世子は、一振りで無比を殺し、母を死に追いやった父の元へ向かう。

壊れた世子を誰も止めることができず、彼を追ってきたサンが必死でしがみつくが、世子はサンを振り払い、姿の見えない父王を捜し回る。

意識のない王を助けだしたリンは、イ・スンヒュ先生のもとへ連れていき、寝所で焚かれていた香を調べてもらう。

ケシの毒素に犯された王を助けられるのは御医だけ。

イ・スンヒュは、自らのルートで御医を呼び寄せる。

王を連れて逃げたのはワン・リン。

しかも昼の刻に、王の命だということで王印まで持ち出していた。

世子は、世子妃宮に兵を送り、ワン・ダンはスパイの恐れがあると監視させる。

謀反をもくろむソン・インのアジトにやってきたリンは、兄ジョンを羽交い締めにし、謀反を疑われては困ると、臣下を解散させる。

世子を廃位させる策をもっているのかと、ソン・インから方法を聞き出したリンは、彼が王印まで手中に収め、忠烈王でさえ手が出せぬ状態だと知る。

「母上のせいで私は孤独な人生を歩んできた。願いを聞き入れてくれないのなら宮殿から出ていけばいい。」

世子が母と交わしたケンカが最後の言葉となり、彼は自分を責める。

以前王妃から、高麗の太子に恋した話を聞いていたサンは、王様からシャクヤクを贈られた、あの美しい思い出を胸に王妃様はこの世を去られたと話し、世子にも美しい思い出だけを抱いてはどうかと、落ちていた花びらを拾い集める。

世子のために戦ってきた王妃を彼は嫌い、あまり母のもとには寄りつかなかった。

「王とその取り巻きが母上を死に追いやった。」

世子は、リンへの想いを断ち切らなければ、やつの身が危なくなると脅し、サンをそばに置く。

忠烈王が毒されていた香は、幻覚、幻聴を来たし、体内に毒がたまると臓器が冒され死に至るという恐ろしいものだった。

御医は毒の正体には気付いたが、解毒剤については、毒を盛った者が常備しているはずだと教える。

王の居場所はソン・インにも分からなかった、赤蛇を信じきっているピヨンは、なんでもぺらぺらとしゃべり、御医に診てもらうほどの高貴な人が屋敷にいるようだと教える。

スポンサーリンク

王妃殿の倉に捕われていた内官チェ・セヨンは、ヨンベクから取り上げた薬だとは知らずに無比から預かり、ウン・サンの目に付くように置いたと証言する。

敵はソン・バンヨン、ソン・イン、ユン将軍等々。

すべては高麗人の王を立てるための企み。

内官は、国を生かすための指示に従っただけだと無実を訴える。

ソン・インがアジトにしていた屋敷はもぬけのからとなり、離れには見るに堪えない状態の江陽君が発見される。

ソン・インが住居としていた妓楼の隠し部屋からは大量の銀塊が発見される。

妓楼はリンとの思い出がある懐かしい場所。

サンは、彼に助けてもらった部屋を捜していると、中に隠れていたリンが彼女を引き寄せ、無比の死体を調べてほしいと頼む。

世子に敵対する者たちと行動を共にしているリン。

サンは、世子なら話せば分かってくれるはずだと頼むが、リンは「違うものを望んでいる」と彼女の言葉を遮り、世子に会わずに姿を消す。

リンが逃げたことに気付いた世子は、彼を追いかけるが、リンは何も話さず行ってしまう。

スポンサーリンク

王は愛する あらすじの続き 一覧

「王は愛する」前後のお話はこちらから

←24話     26話→

「王は愛する」各話の一覧はこちらから

【「王は愛する」の魅力全開!】王は愛するのあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「王は愛する」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

王は愛する 特設サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ