韓国ドラマ 黄金の私の人生 あらすじ46話

黄金の私の人生

今回の韓国ドラマはこちら!
黄金の私の人生
さっそく46話をご覧ください
黄金の私の人生 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 黄金の私の人生 あらすじ46話

心停止を起こしたノ会長は手術を受けるが、意識は戻らず、家族の面会も拒否される。

ドギョン兄さんと別れたジアンを一人にさせたくないと心配したジスは、二人のデートを尾行していた。

メールを読んだおじい様が心筋梗塞で病院に運ばれたと聞き、ドギョンは蒼白になり、二人の異変に気付いたジスは、ヒョクとデートに来ていたと偶然を装い、二人の前に現われる。

ドギョンはジアンを二人に託すと、大丈夫だからと言って一人で車に乗り、病院に向かう。

ジスはジェソンお父様にどうしたらいいかと電話をかけるが、連絡がつかずメールを残しておく。

ミョンヒと結婚してからというもの両親の法事も許されなかったジェソンは、菩提寺のある山に登り、お参りに行っていた。

ノ会長と一緒に車に乗っていた愛人は、ドギョンのメールで会長が倒れたとジニに報告し、病院に駆けつけたドギョンは、ジニからも母からも責められる。

会長は手術が終わっても意識のない状態が続き、責任を感じたドギョンは、立ち上げた工場を投げ出しヘソンに戻る。

ノ会長が倒れたことは極秘にされ、ドギョンがヘソンアパレルに出社すると、社員たちの冷ややかな目が突き刺さり、まだ社長室に居座っていた叔父チョン・ミョンスは、ドギョンの心変わりに腹を立てる。

想像ガンと分かったソ・テスは、当てにしていた給付金がもらえず、ジアンの留学費用のために稼がなければと、親友ソクトゥが誘ってくれた事業に前向きになる。

スアが戻ってくるとミジョンは妊娠初期は味覚が変わるからと、いろんな種類の料理を作り、我が子のようにスアを労る。

パートを始めたミジョンも何かと忙しく、「掃除、洗濯はジテにやらせなさい」と、スアの体を気遣い、洗濯までは無理だとぼやく息子に、「お父さんは、4人の子どもを育てるのに協力的だった」とソ・テスを自慢する。

ノ会長が倒れた大変なときに、ヘソンの失踪していた長女が見つかったとの記事が流れ、ヘソンはなぜ、うれしいニュースを公表しないのかと、後継者問題に絡めた臆測記事が出る。

記事は限られた人間しかわかり得ない内容で、ソ氏の名前まで出ており、娘を育てていたソ氏は誘拐犯かとネットを賑わせる。

ネット上の単なる噂だったものが記事となり、ドギョンが情報源を探るが、なかなか分からない。

ベーカリーにも記者が押しかけるかもしれないとジスをシェアハウスに避難させ、経緯を知らなかったヒは、何が起きてるのかと不安がる。

ノ会長は記事を書いた会社に圧力をかけ、誤報だということで握り潰すが、25年前ヘソンの真相を書いた暴露記事が転載され、ノ・ミョンヒの浮気相手画家のJさんなど、乳母の肉声をもとに詳細な記事が追記される。

スポンサーリンク

記事を見たジスは、実母の浮気で自分は連れ去られたと知り、ショックを受ける。

収拾がつかなくなってくるとノ会長はソ・テスを拉致し、お前の家族を守ってやるから誘拐犯になれと信じられない提案をしてくる。

子どもたちの顔に泥を塗りたくないとソ・テスが断ると、ノ会長は、家族を路頭に迷わせると脅し、ウンソク入れ替え事件についても警察沙汰にしてやると脅迫する。

無理なUターンで事故に遭ったミョンヒは半月間意識不明となり、その彼女の車からウンソクを連れ去ったとなると、瀕死の女性を助けず子どもを誘拐した非情な犯人になってしまう。

子どもたちの人生を潰すと脅されたテスは、誘拐犯になることは承知するが、顔や名前は出したくないと拒み、ノ会長は激怒する。

携帯の電波が届かない山にいたチェ・ジェソンは、ソウルに戻り、事件を知る。

妻や、ドギョン、ジスまでも何度も電話を入れており、会長が倒れたと知ったジェソンは、病院に駆けつけるが、特別室の中では具合の悪いはずのノ会長が罵声を響かせ、娘を救ってくれたソ・テスに誘拐犯になれと強要していた。

ネットでは次々とヘソンに関する記事がアップされ、ついには、発見した娘が入れ替わっていたと、ジスやジアンのモザイク写真まで出回る。

スポンサーリンク

黄金の私の人生 あらすじの続き 一覧

「黄金の私の人生」前後のお話はこちらから

←45話     47話→

「黄金の私の人生」各話の一覧はこちらから

【「黄金の私の人生」の魅力全開!】黄金の私の人生のあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「黄金の私の人生」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

黄金の私の人生 公式サイト ポニーキャニオン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆