韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ29話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく29話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ29話

夫にまだ見つかっていないと思っていたヘジュは、会議を駄目にしたことを黙っていてほしいとユン・ソルに土下座し、「どうして私がそんなことをしなければならないのよ」とユン・ソルに拒絶される。

廊下の端にムヨルの姿を見つけたソルは、ヘジュを空き室に連れ込み、扉を閉めて彼女を守る。

ヘジュに疑われて気分を悪くしていたソルだが、他人の家庭を壊すことは望まない。

ユン・ソルに仮ができたヘジュは、今後このようなことは一切しないと約束し、ヨリだと疑うことをやめる。

チンピラから事実を聞いたムヨルは、ヘジュなんかのことはもうどうでもよく、「俺の前でウソをつくな」とユン・ソルにアレルギーのことを追求するが、彼女はヨリだと認めず、生き別れた双子がいると説明し、あくまでも自分はユン・ソルだと言い張る。

ヘジュに騙されていたと知ったムヨルだが、彼女には何も明かさず、ウィドグループを自分のものにすることで仕返ししようとする。

ク・ドチは、ユン・ソルを助けたまま現場に戻らなかったため、その日の撮影は続行できず、多大な赤字が出る。

ク・ドチ本人に当たるわけにもいかず、監督はマネージャーのチャングを怒鳴りつけていた。

「文句なら俺に言ってくれ!」と怒ったドチは、監督に謝罪を要求し、人前で恥をかかされた監督は、これだから財閥2世はイヤなんだと、遊び半分で仕事しているドチを降板させる。

ある事ない事、事件は瞬時にSNSにアップされ、ウィドグループ御曹司ク・ドチは、無責任な男だとネットで騒がれる。

兄に呼びつけられたドチは、ウィド本社でユン・ソルを見かけ、彼女が一緒ならなんとかなると、エレベーターに乗り込む。

わずかな時間でも、彼にとっては死ぬほど長く感じられ、脂汗をかいて必死で耐えている彼を見て、ソルは手を握り勇気を与える。

無責任なク・ドチの行動は、俳優業を辞めるためのきっかけづくりかとささやかれ、この機会にウィドグループ経営参加するのではと社内も騒々しくなる。

弟が本当に経営に乗り出されたら大変なことになると焦ったク会長は、問題の責任を取って海外で自粛していろとドチに怒る。

ソ・マルリョンからお金の代わりにウィドグループの持ち株が欲しいと言われ、冗談だと分かっても、あまりいい気がしないホン・ジウォン。

「ユン・ソルの狙いは、これだったのよ」と夫に報告するが、会長は「あの土地が手に入るなら、お前の株ぐらいあげればいい」と単純に考える。

ユン・ソルへの疑いが晴れたヘジュも、「彼女は復讐しにきたんじゃない」とホテルで助けられたことを母に話し、私の株を分けてあげるから、リゾート事業を成功させてムヨルさんに継がせてほしいとク・ドチのことをけん制する。

人助けでドタキャンになってしまったことを発表すれば、ドチへの誤解は解けるのだが、そうなるとユン・ソルのアレルギーがバレてしまう。

スポンサーリンク

彼は、ソルを守るために誤解を受けたまま海外へ行こうと決心する。

ユン・ソルの両親について調べていた秘書から書類を預かったムヨルは、ジウォンに渡す前に中身を確認し、ソ・マルリョンが前科者 2010年 清州女性刑務所で服役していたと知る。

2010年といえばソン・ヨリが服役していたころを同じ時期。

二人の接点を見つけたムヨルは、ユン・ソルがヨリに間違いないと確信し、自殺を装った脱走犯を見つけたと、警察に通報する。

ソルに何も言わず旅立とう考えたドチは、彼女のマンションに行き、会えないソルに気持ちを込めて立ち去ろうとする。

オリバー・チャンから事情を聞いたユン・ソルは、自分を犠牲にしてまで守ってくれる彼を止めようとドチに電話をするが、かからない。

空港へ駆けつけようとすると、マンションの前にドチが立っていた。

立ち去ろうとする彼を呼び止めたソルは、「一緒にそばにいてほしい、行かないで」と彼への気持ちに正直になる。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←28話     30話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー