韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ23話

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ23話

鳴かない鳥

今回の韓国ドラマはこちら!
鳴かない鳥
さっそく23話をご覧ください
鳴かない鳥・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・鳴かない鳥・あらすじ23話

子供を奪われたミジャは復習を決意し、待ち構えていたダリョンの部下にわざと捕まる。

すっかりスヨンと打ち解けたミンギは、一人のほうが気が楽だからとミンジを連れてハニ家族の所へいくよう父に気を遣う。

ミジャを追い払いミンジを我が子のように可愛がろうとしても、幼いミンジは「ママに会いたい」と寂しさを訴え、スヨンは自分がミジャを始末しておきながら「ミンジがママに会いたがっていますよ~」と彼女を抱きしめ、ナムギュに優しい女をアピール。
愛しい我が子を可愛がってくれるスヨンに、愛情がつのるナムギュ。

マスカラくるりん、ばっちりメイクで眠るパク夫人は、昼間会ったミジャの事が気になり、悪夢にうなされる。

美しさでも頭脳でもミジャに引け目を感じているダリョンは、なりふり構わず跪き、彼女の犬になるというミジャに気をよくし、ナムギュ、スヨン、そしてミン・ハギョン、この3人の保険契約を取ってくるよう命じる。

帰らぬ母を心配するミンギ。勝ち誇ったスヨンはミンギのために食事を運び、彼が開けた扉にトレーがぶつかり食器が割れる。
音を聞いてかけつけたナムギュはミンギが反抗したと思い息子をしかりつけ、スヨンは私がミンギに話をするからと彼のあとを追いかける。

ずる賢いスヨンは、今すぐミンギの母親になろうとしているのではないと彼を安心させ、「私たちが気まずいとお父さんを困らせてしまうのよ」とミンギを言いくるめる。

妻の恐ろしさを知らないナムギュは、スヨンが純粋で優しい女性だと思い込み、彼女を抱きしめる。

子供たちを取り戻すためにはなんでもできるミジャは、まずナムギュに会い保険契約を勝ち取ろうとする。
ナムギュを訪ね会社にやってきたミジャは、子供たちのことを考えるとナムギュ夫婦が育てるのが一番いいと自分は身を引き、月に1度だけは子供たちに会わせてほしいと頼む。
保険の話など一切しないミジャは、話が終わるとそのまま帰ってしまい、契約書の入った封筒をわざと置いていく。

せっかくのお見合い日に、ボンスクはお腹を壊してしまい、相手と連絡が取れないからとハニに助けを求める。

病院から戻ってくるまでの時間稼ぎを頼まれたハニは、見合い相手がソンスと知り、彼女がいながら二股掛けるのかと難癖をつける。
下着売り場にいた女性が彼の妹とわかり、ほっとするハニ。
しかし、そこへボンスクが現れるは、呼んでもいないテヒョンが来るわでソンスとゆっくり話す間もなく、彼を気に入ったボンスクからは、「本当に私がものにしてもいいのね」と念を押される。

ダリョンよりも数倍も頭の回るミジャは、大事な書類を忘れてきたとナムギュに電話し、書類をユミの職場であるミン・ハギョン・フォーレに持ってきてほしいと頼む。

店の前でハギョンを待っていたミジャは、めかし込んででかける彼女に、「最近は裕福な中年女性を狙った詐欺事件が多いみたいですよ」とハギョンにケンカを売る。
「万一の備えが大切ですよ」とさりげなく保険契約書の入った封筒渡すミジャ。
当然、怒ったハギョンは封筒を突き返し、落ちた契約書をミジャは拾い集め惨めな現場を夫に見せつける。
必死で生きようとしているミジャがハギョンに、すがりつく姿を見て、ナムギュの気持ちは揺れる。

最近ハギョンが熱をあげている投資家は、ミジャがフィリピンで騙されたあのスティーブだった。
彼はジェームスと名を変えミジャを騙したときと同じ手を使いハギョンから大金をせしめようとする。
話のうまいジェームスから「済州島は僕のものになる」と大きな計画を語られたハギョンは、すっかり彼のペースにはまり財布の紐を緩める。

スポンサーリンク

ハギョンから無事契約を取り付けたミジャは、今度は本命、スヨンに狙いをつけ隣の家のチャイムを鳴らす。

フィリピンに追いやったはずのミジャが元気な顔を見せ、驚くスヨン。ミンジを隠そうとするスヨンだったが、ママの声を聞きつけたミンジは一目散に飛んでくる。
事情を知らないハニ祖母はミジャを歓迎し、「子供のために働かないといけないんです」という彼女の言葉に、母の手前契約を断れないスヨン。

隔離病院にミジャを送っておきながら、スヨンは「旅行はいかがでしたか」としらじらしく尋ね、余裕のミジャは「今後の戦略をたてていました」と応戦する。

話の途中にスヨンに電話が入り彼女が”レストラン・ルッソ ”で7時の約束をしていると、それを利用するミジャは、ナムギュに6時半に”レストラン・ルッソ”に来てほしいと約束する。

過去の過ちを悔い改め自分の力で生きていこうとするミジャに、少しでも力になりたいナムギュは、サイン済みの保険契約書を渡す。
「できることはなんでもする」と援助を口にするナムギュだったが、ミジャは断り、自分の力で頑張っていきたいと意気込みを見せる。

ソン会長との約束でレストランにやってきたスヨンは、夜景の見える窓際でワインを傾ける夫たちを見て、彼から何も聞かされていないスヨンは、落ち着かない。
ワインを飲んだミジャは立ちくらみがし、ナムギュの腕の中に倒れ込む。
まともに歩けないミジャを車まで運ぼうとするナムギュ。
嫉妬に狂うスヨンは夫に電話をかけ、「あなた、今、どこにいるの」と尋ねると、ナムギュは一人で車の中にいると嘘をつく。

タクシーに乗せたミジャがシートに横になってしまうと、放っておけないナムギュは自分も一緒にタクシーに乗り込む。

二人を見逃せないスヨンは、「いますぐ二人で戻ってきなさい」と夫に電話をかけ、ミジャは自分のせいで誤解させてしまったとナムギュを気遣う。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「鳴かない鳥」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     24話→

鳴かない鳥 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ